翼をください

いまめちゃくちゃブルーで、どん底に落ちる系の「翼をください」が頭に流れている。ほんっと、今すぐ翼を生やして、悲しみのない自由な空へ飛んでいきたいよ。

実は…、今日、会社を出る間際にお手洗いに入ったのですが、お手洗いのお水が溢れてきました。どうにか自分じゃない、と思いたいのですが私が流したときに起こった惨事ですから私のせいとしかいいようがありません。とにかく流したらもうどうにも止まらない…。確かにティッシュペーパーは多く使う方です。けれど、こんなこと今までに起こったことがなかった。塞き止めるためにトイレットペーパーをちぎっては置く、を繰り返すも、間に合わず個室のドアからも流れ出てゆき、しまいにはそのトイレットペーパーまでも溶け出して、ゆらゆらとドアの外へ…もう溢れる水に呆然。個室の扉を開けると、さらに別の個室にまで流れ出ていってる。レバーをカチカチ押しながら、やっとの思いで止めたときには、手洗い場のあたりは泉と化していた…。「あ!! もしかすると、マルセル・デュシャンも同じ経験があるのかも?!」なんて妙に冷静にひらめいたりしながらも、それでも涙が溢れそうだった。

戸棚をあけると、ラッキーなことにお手拭きペーパーが見事なほど備えられていたので、それで拭いて約30分。その間、誰とも鉢合わせにならずに「片付いたっ!」と思って意気揚々とお手洗いのドアを開けると…なんと…目の前に広がるビチャビチャとした湿地帯。扉の向こうの廊下のカーペットが一面、水に浸食されていたのでした…。

これにはちょっとパニックで、本当に逃げ出したい気分だったけど、給湯室から持ち出せるだけの雑巾を持ち出して、懸命に拭くも濡れたシミが消えるわけじゃなし。ほとんどの人は退社していたので、明日総務課とお掃除の人に謝るしかないな…と思いながらいったんは会社を出た。けれど途中、いろいろと考え込んでしまって踵を返した。

竜子は定時には出社しておらず、〜11:00出社、部署によっては9:00、9:30、10:00とバラバラだけど半分以上の人はカッチリ出社している。人によってはなぜか5:00台って人もいるので、廊下のカーペットが濡れてたら、その数時間の間に大事になるんじゃないか? 清掃業者の人が見たら雨漏りと思うんじゃないか? そもそもあの廊下のしたは配線だった気も…、漏電は? それよりなにより、いないところで犯罪者扱いされるなんて絶対にイヤ! なんて考えるうちに、今日やるべきことはまだまだいっぱいある! と思って引き返して、キューブ状のカーペットをメリメリと引きはがし、非常階段にたくさん干して、配線の確認までは出来なかったけれど、溢れ出た個室に「使用禁止」の張り紙をして、そして…同じフロアの人宛のメーリングリストと総務課に連絡を入れてきた。

同フロア内一斉メールで正直にお詫びしたんだけれど、こんなに恥ずかしいことってない。大じゃないです、とか言いたいんだけれど、敢えていう方がウソっぽいし、なんか言い訳する方が疑われる。でもメールを読んだン十人かの人はどう思うだろう? 笑ってくれればまだいいが、いたたまれない眼差しを向けられたら…バイ菌扱いされたら!!!! いや、そんなわけないか。みんな大人だ。けれど…。だけれど!! 明日どんな顔して出社したら良いんだろう?

いますぐどっかに飛んでいきたい!!!!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

いま私の願いごとが
かなうならば翼がほしい
この背中に鳥のように
白い翼つけてください
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい

いま富とか名誉ならば
いらないけど翼がほしい
子どものとき夢みたこと
今も同じ夢に見ている
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ

この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい

翼をください(作詞:山上路夫/作曲:村井邦彦)

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0