坂のある空港で

ルクラ空港(テンジン・ヒラリー空港)
エベレスト

ネパールの山奥にある小さい空港ながら、この空港の知名度は危険空港として世界に名をとどろかせるほど。
ヒマラヤ山脈の谷間にあるこの空港の滑走路の長さは460m。滑走路の末端の一方は行き止まり、もう一方は深さ600mの断崖絶壁。その上、この空港の標高は2,800mと高所にあるため、乱気流に巻き込まれやすく、また空気が薄いためエンジン出力が落ちるという。運行できる機材もヘリコプターやDHC-6、ドルニエ 228など、短距離離着陸機に限られています。
ルクラ空港は、2008年1月に「テジン・ヒラリー空港」と改名しました。その由来は下の寄稿をご覧頂くとして、この空港はエベレスト登頂の際のネパール側の登山口になっているので、人気も高くカトマンズ・トリプバン空港間は毎日運行しています。

下に取り上げる寄稿はフィリックスさんから頂いたもの。フィリックスさんが映像から起こした画像もご覧ください。

坂のある空港で

まったりさんご専門領域の話題をひとつ。

カトマンズからエベレストに入るにはルクラという村まで飛行機の便があります。徒歩で行くと4,5日かかるのですが飛行機だと40分ぐらいで着きます。標高2804メートルにあるルクラは眼下にスルキア渓谷が深く切れ落ち、頭上にはタムセルク(6608メートル)の山々が屏風のようにそびえ立つ山奥の村です。その山の傾斜と谷の境目にぶら下がるように砂利を敷いた滑走路があるのです。瓦葺きの屋根と思ってもらえれば分かりやすいのですが飛行機は谷側からアプローチして屋根のように傾斜のあるランウエイに着地すると一気に屋根を登るように坂を駆け上がりスピードを殺すのです。傾斜の上には猫の額ほどの平地の駐機場があってそこに登りついて機を停止させます(注:最近砂利ランウエイは舗装されたそうです)。

離陸するときは猫の額からフルパワーで飛び出すと坂道で加速し航空母艦のカタパルトから海へ飛び出すように谷に向かって離陸します。見ていると滑走路から砂煙が上がり、まるで飛行機が谷底に身を投げるようにさえ思えてくるのです。そして一端、視界から消えた機影が谷の気流を捕まえて渓谷に沿って上昇していくのが見えます。その姿にほっと胸をなで下ろすのです。

この常識外の空港開設はエベレスト登頂の歴史に無関係ではないそうです。国をあげてエベレストの登頂を目指した英国はカトマンズからエベレスト山麓までの長く険しい道の途中にどうしても空輸のために飛行機を着陸させる場所が欲しかったのでしょう。1934年にモーリス・ウイルソンという人が飛行機をエベレストの山腹に不時着させて登頂を狙ったが失敗。その20年後、エドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジンがエベレスト初登頂をした際に英国人パイロットがルグラの急斜面に単発機を降ろしたということです。それがきっかけでルクラの急斜面は、けもの道が人による踏み分け道に変わるように次第に滑走路になり、やがて登山客や観光客を乗せた双発機が離発着する空港へ変化していったのだといいます。

テンジン・ヒラリー空港
テンジン・ヒラリー空港
テンジン・ヒラリー空港

最初のひとりのパイロットの決死的な「仕事」が空港へ変化した例は他にもありますね。

まったりさんが好きな旧香港空港、カイタク空港もそうですよね。1925年九龍半島の絶壁のそばにあった簡単な埋め立て地の上に中国軍の飛行機が海から進入して着陸するようになって滑走路が出来たといいますが、たぶん、あんな絶壁の下を選んだのは飛行機の港を意識したからでしょうね。当時、英国航空やパンナムの飛行艇が海の上で離発着して埋め立て地の波止場で乗客を降ろしていたに違いありません。パンナムのM130チャイナクリッパーが白鳥が舞うがごとく優雅にビクトリア湾の美しい風景の中を滑降している様を想像するとまったりさんならずとも胸がわくわくしますね。

ところがある日、その空き地に陸側から絶壁の谷間を縫って着陸したパイロットがいるわけですよ。ホンコン・カーブの始まりですね。ヒマラヤのルクラの空港と同じで最初に着陸したパイロットはすごい度胸があったのでしょう。それが「ふみわけ道が人道になる」ように最後はジェット旅客機が着陸するようになった。まったりさん。人間の力って凄いと思いませんか。やる意志と少しの情熱を持ち続ければ大抵のことはやれるんですよ。必要なのはあきらめないしぶとい闘志のみ。そんなことを僕はルクラの空港で飛行機を見ながら感じていました。

フィリックス

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • 高木
    • 2008年 11月24日 3:11am

    内蔵感覚の重要性ーー
    「人間、やればできる」
    ボクもよく、なんて言葉で原稿をしめてました。
    が、ボクの場合、逃げでしかありません。
    内蔵感覚なんて言葉を引っ張り出して、テキトーに読者をケムに巻いているに過ぎません。
    でも実際、答えは精神論しかみつかりません。
    武田一男さま、CDありがとうございました。
    この場を借りてお礼申し上げます。
    あっ、えっと、竜子さん、ケーキ美味しくいただきました。

    • 高木
    • 2008年 11月24日 6:15am

    内蔵感覚の重要性ーー
    「人間、やればできる」
    ボクもよく、なんて言葉で原稿をしめてました。
    が、ボクの場合、逃げでしかありません。
    内蔵感覚なんて言葉を引っ張り出して、テキトーに読者をケムに巻いているに過ぎません。
    でも実際、答えは精神論しかみつかりません。
    あっ、えっと、竜子さん、ケーキ美味しくいただきました

    • まったり
    • 2008年 11月25日 2:37am

    お呼びですか?竜子さん・・。それと妹さんのご結婚
    おめでとうございます。私の妹も来年夏に挙式と決まりそうです。
    さて、そのネパールの空港は、妹の婚約者も行った事があるらしく
    砂利道を降りる過酷な空港だったと言ってました・・・。私からすれば
    何とも、砂利道の空港は飛行機へのダメージも凄そうなんて思いますが
    アラスカ航空所属の737には砂利道に近い滑走路でも着陸可能な
    着陸装置を付けた機体があるほどなので、写真のDHC-6ツインオッターと
    いう19人乗り程度の小型機には容易いことなのかも知れませんね。
    塗装からするとブッダエアって航空会社かな?
    その似たような空港が確か、オーストリアにもあってチロリアン航空の
    DHC-7というエンジンが4発もある小型機が急斜面に作られた滑走路を
    登るようにして着陸し、離陸は逆にブレーキをして最大限にプロペラを
    回し、その急斜面の短い滑走路を離陸していったなんて話も
    あったのを思い出します。

    • まったり
    • 2008年 11月25日 2:50am

    竜子さん
    そのルクラの空港が舗装された写真をネットで
    拾ってきましたので見てください。
    http://www.airliners.net/photo/Yeti-Airlines/De-Havilland-Canada/1421484/M/
    そしてフィリックスさん、貴重な写真と話を聞かせてくれて
    ありがとうございました。。

    • まったり
    • 2008年 11月25日 3:06am

    連続ですみませんが、こちらはそのヨーロッパの急勾配滑走路?の
    空港写真です。私の記憶違いで、オーストリアではなく
    フランスのCourhcevel-CVFという空港でした。ごめんなさい!
    http://www.airliners.net/photo/-/-/0328660/M/

    • 竜子
    • 2008年 11月27日 12:07am

    ■高木さん
    いろいろとすみません。
    「やればできる」ってのは本当は出来るんだろうけれど、そういうモチベーションになるなにかを気づけるかどうかなのかもしれないですね。
    ところで、内蔵感覚ってどういう意味で使うのですか? 初めて聞きました。
    ■まったりさん
    ありがとうございます。アラスカにはこんなブッシュランディングの滑走路が多いそうですね。737は小さいけれど、砂利道滑走路を思うと普通じゃ考えらんないくらい大きな機材ですよね!!
    airliners.netは、本当飽きないですよねぇぇぇ!! でもこの写真は初めて見た! まったりさんは、ほんと情報収集に余念がない。ありがとございました!

    • まったり
    • 2009年 1月27日 6:04pm

    忘れてた宿題をairliners.netで見つけたのでご覧ください。
    http://www.airliners.net/photo/Iran—Government/Boeing-737-286-Adv/1468434/M/
    写真はイラン政府専用機の737のノーズギアのアップなのですが
    この装置を装備していると砂利道みたいな不整地でも
    着陸できるようですね。アラスカ航空の737でも装備されている
    機体を見たことがありますよ。

  1. トラックバック 0