アナトリア半島(西南トルコ)周遊:クシャダス〜エフェソス

宿泊はクシャダスのエーゲ海沿いのホテル。エーゲ海っていっても日本海のような断崖絶壁だった。
トルコ・クシャダス

あ! 飛行機雲!!
クシャダスの飛行機雲

エーゲ海は夕日もひときわ美しく見える、ってことはないけどきれいな夕焼けでした。トルコはもちろん、ヨーロッパ中で名高いリゾート地。夜はみんなホテルの大型ディスコで、’80年代ソングで盛り上がっていた。もちろん入ってみましたよ、一人で。ナンパ目的じゃないよ(笑)。
トルコ・クシャダス

起きたら豪華客船が入港してた。そしてこんな砂浜のない海でも、泳いでる人がいるのが驚き!
クシャダスの海岸

ついに来た、エフェソス(エフェス)! ちなみに、世界遺産には指定されていませんが、ユネスコからの制限を受けずに研究をするためだそうです。ラッキー。紀元前11世紀の古代ギリシャ人都市。手前の茶色い管は配水管。水を操った古代人文明というのは本当に凄い! 今は相次ぐ地震と土砂崩れで港から遠ざかってしまったが、近くには地中海交易の盛んな港、それからアルテミス神殿があった。
トルコ・エフェソス

ニケ(ナイキ:Nike)像。これは「翼の女神」ですからね。バチバチ写真を撮りまくりました!! よく見ると、あらわになった片方のおっぱいをいろんな人が触りまくった痕跡が…。
トルコ・エフェソスのニケ像

この通りはメイン通り。このエフェソス周辺には25万人が住んでいたと見られています。
トルコ・エフェソス

大混雑…路地を抜けると何があるのでしょう?
トルコ・エフェソス

そこにあるのは…水洗式の公衆トイレです。やんちゃな女の子と男の子が撮って! とパチリ。
トルコ・エフェソス

トルコ・エフェソス

こんな風に、便座の下に水が流れているのです。
トルコ・エフェソス

これが見たかった…。「セルシウス(ケルスス)図書館」。こんな大昔に公共図書館を築くって凄いことだと思いませんか?! こんな風に残っているのも奇跡ですけど。12,000冊の蔵書があったとされるのですが、120年頃に12,000冊って、どういうこと?! ミラクル。
エフェソス・セルシウス図書館

知恵、運命、学問、美徳を表す4体の女神像がありますが、ここにあるのはレプリカで本物はドイツにあるそうです…。
エフェソス

2万4千人収容可能の円形劇場のステージの真ん中に立ってみる。
エフェソス・円形劇場

この先は港に通じる幹線通路。これだけの文明を築いたローマ人は、その発展ゆえ、むやみやたらな木の伐採をして土砂崩れを引き押したと地質学者が言っていた。水で栄え、水で滅ぶ、地中海交易の重要都市。
エフェソス

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0