アナトリア半島(西南トルコ)周遊:カッパドキア

カッパドキアは本当に良かった…。
5月下旬という季節にとても恵まれました。ツアーのバスでトルコの半分を巡り、移動距離もそれ相当なのですが、窓からの眺めのおかげで苦になりませんでした。
トルコ・カッパドキア

子供の頃に読んだ物語のような風景。
トルコ・カッパドキア

どこもかしこものどかな景色。
トルコ・カッパドキア

上のお花畑は、芥子の花です。国で管理しながら栽培しているのだそう。もちろん、お持ち帰り禁止。ポピー。
トルコ・ケシの花

カッパドキア(奇岩地帯)は、これから保養の地として使いたいと思います。これは、ラクダ岩。
トルコ・カッパドキア

2人の現地のガイドさんも、そして私がトルコから帰国してすぐに旅立った母もここのトルコアイス(ドンドルマ)が一番美味しいと言っていました。ギョレメの谷にあります。ただ、トルコ名物で知られていますが本当は「東トルコの名物」なのだそうです。日本人にしてみればどっちも一緒じゃん! って思いますが、のびるのに固いアイス。美味しかったです。
トルコアイス

カッパドキアはハイキングにもうってつけ。私もハイキングに出掛けてきました。写真じゃ分かりませんが、石灰質の岩がジャリジャリに砕け、砂状になって足下に散らばっているから、岩を登るのが本当にたいへん! よく滑るので、軍手も必要です(私は用意しませんでした)。山の上の方に来ると、眺めがずいぶん変わって楽しい。次回はトレッキングシューズと杖と軍手を用意して、もう少し上級者向けのトレッキングに挑戦だな。空気も美味しくて凄く楽しかった!
トルコ・カッパドキア

これ、女の人がぼ〜っと佇んでいるように見えませんか? 図体の大きさといい、私にそっくり。頭がカチ割れていますけど。
トルコ・カッパドキア

ウチヒサールの要塞。石灰質の岩は加工が簡単らしく、古代の人は上に下に、住居を築きました。
トルコ・ウチヒサールの要塞

これは地下都市といわれる「カイマルク」。迫害されたキリスト教徒たちが隠れ住んでいました。この地下都市っぷりがとにかく凄い規模です。一人じゃ怖いくらい。地下5階だと6階だとかは当たり前。大きな通気口もちゃんと通っていますし、調理スペースもかなりの大きさ。不審者侵入に備えた落とし穴も多く、蟻の巣のごとし。想像を超える生活スペースです。
トルコ・カイマルク

軍人さんの格好した少年発見。
トルコ・カッパドキア

レバノンからツーリングに来たのだそう。気持ち良さそうですよね。カッパドキア周辺は観光客がたくさん。
トルコ・カッパドキア

この女の子の家に伺いました。後ろに立ち並ぶ洞窟を改造した家に住んでいます。
トルコ・カッパドキア

トルコの富士山といわれる「エルジェス山」(約3800m)。トルコにはまだまだ高い山があります。
トルコ・エルジェスさん

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0