はたらく飛行機その2

竜子さんの号外でも話題になっていましたが「沈まぬ太陽」の公開が数日前から始まりました。私は10年前にハードカバーの初版が出た時すべて購入して読んでしまい、映画だとどんな仕上がりとなるか楽しみです。どうせなら沈まぬ太陽で出てきた飛行機たちを並べることも手持ちのモデルで十分出来るんですが、それは別の機会に…。
早いところ好きな鶴丸機を並べて記事書きたいですけどね。

先週のはたらく飛行機その1から続き第6回目は、はたらく飛行機その2をお送りしたいと思います。今回登場の飛行機たちは、わりと日本の空港でも見かけるものなので少しは親しみも感じるのではないでしょうか。

今年中には初飛行して欲しいと、世界中の航空会社がデリバリー開始を首長くして待っているのが新世代の旅客機のひとつであるボーイング787です。本来なら去年の北京五輪に合わせて大量輸送へ対応できると思っていたけど、未だ滑走路上を走行するのみ…。そんな難産となりそうなボーイング787ですが、その翼や胴体一部のパーツは日本で作られています。もうここまで書いたら何が出てくるかバレバレですね。
これは既に中部国際空港名物となった感のある大型貨物機ボーイング747-400LCF(Large Cargo Freighter)です。

名前のとおり、ボーイング747-400LCFはボーイング787の翼や胴体部品を運ぶために中古のボーイング747-400を改造したものですが、4機の改造機の履歴を調べてみるとすべて同じエンジンを装備した中古機なのも面白いですね。airliners.netで検索してみると3機が稼動中で主にアメリカ・日本・イタリアで787の部品が製造されており、各国の空港でそのボーイング747-400LCFの写真が投稿されています。でも面白いものでイタリアから経由地であるスコットランドのグラスゴー・プレストウィック空港でも多数の写真が投稿されており、航空趣味発祥の国のひとつだけに、さすがだなと思ったものです。荷物の積み込口は後ろの太い胴体の始まりにドアの金具が付いており、開くように出来ております。詳しい内容はセントレアのサイトにありますのでスケジュールも一緒に確認してみて下さい。
なお予定ではこの記事が発表後、すぐ中部国際空港へやってくるようです。平日ですが見に行ける方は是非どうそ!このモデルメーカーはドラゴンモデルで縮尺は1/400。シップナンバーはN780BAで元台湾のチャイナエアライン744から改造されたものをモデル化しています。

もう既に秋の味覚を楽しまれた方は多いと思いますが、秋の終わり頃の風物詩と言えば、何と言ってもボジョレヌーボでしょうか。今年は11月19日が解禁日なんだそうですが、未だ私は美味い物に出会った事がなく、同じ金額ならシャンパンなどを買った方がいいのにと思っています。まあ他国よりも早く解禁されるだけに、既に国民的行事!? と化しており、そのワインたちを運んでくるジャンボ貨物機に混じってここ数年ヨーロッパからやってくるのが、このロシアが生んだ大型貨物機アントノフAN124-100です。

本来このAN124-100は一般貨物を運ぶために開発された飛行機ではありません。元々軍事的な戦略輸送機として、軍事物資や戦車などの車両を運ぶために開発されました。現在は一般的なジャンボ貨物機でも適わない最大150トンもの積載量を誇る性能は、少しでも輸送コストを削りたい荷主側にとって、このボジョレーワイン輸送にも威力を発揮するわけです。もう10年前にもなりますが、国内でも有名な路面電車が多く走る広島で、このAN124-100がドイツで作られたグリーンムーバーと呼ばれる新型路面電車を運んで来た時も、普段見ることが出来ない珍しい大型貨物機でやって来たので地元メディアで大々的に報道されたそうです。貨物室の扉は前後にあり操縦席の下からまるであくびでもしてるように、口みたいな貨物扉が開きノーズギアの高さも下げる事が出来るので荷物の上げ下ろしが楽なのだそうです。後ろも大型トレーラーがスッポリ入るのもこの写真でおわかり頂けると思います。今までに運ばれた荷物もヘリコプターや、水力発電用のタービン部品、某国の金塊! マイケルジャクソンのコンサート用の舞台装置や機材、パリダカールラリーの出場のラリーカーを2機で一気に対岸まで運んでしまった…、など驚くエピソードがたくさんあるそうです。

実際この飛行機は定期便ではなくチャーター便での運航がほとんどなので、なかなか見るのが難しいAN124-100ですが、ここ数年ボジョレーワインの輸送で日本へやって来ることも増えたので、今年も成田や関空などで見れるかもしれません。ただ解禁日ギリギリにワインたちが届くのでほとんど平日のフライトになると思います。興味のある方はどうぞ!
このモデルメーカーはジェミニジェッツで縮尺は1/400。シップナンバーはRA-82047。英国の大型貨物輸送で有名なヘビーリフト社とマーケティング協定を結んでいた頃のロシア・ボルガドニエプル航空のAN124-100をモデル化しています。

いやはや久々に箱の中をあけたモデルも多く、「あれ? こんなの買ったっけ?」なんてモノもありました。あらためて調べてみると意外とまだまだ自分も知らないことが多いなと思った次第です。
では次回もお楽しみに・・・。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • 007
    • 2009年 10月28日 8:48pm

    いつも楽しい読み物ですね。切り口が斬新なのが素晴らしい。ところでAN124-100ですがAN-75TAというアエロフロートの4発旅客機がありますが、あれとは尾翼が違いますね。種類や大きさは同じなのですか?

  1. 毎回、見たことが無い飛行機が登場し、とても楽しみにしています。
    今回も747-400LCFとAN124-100といううわさには聞いたことがあるけど、見たことが無い飛行機が登場!
    詳しい解説付きで、勉強になります。
    AN124-100の主輪、凄いですね。最大離陸重量って何tくらいなのでしょう。。。
    離着陸も難しそうですね。

    • 007
    • 2009年 10月28日 10:54pm

    まったりさん。僕が見たアエロフロートの4発旅客機はAN-76TAではなくてIL-76MFでした。訂正します。ごめんなさい。

    • えあぽ〜と
    • 2009年 10月28日 11:58pm

    いつも楽しませていただいています。
    「airliners.net」は英語なんですね。
    英語を話せない僕には無理です。
    B747-400LCFの1階部分に窓がありますが、誰か乗るのでしょうか?

    • Mattari
    • 2009年 10月30日 12:08am

    007さん
    いつもコメントありがとうございますIL-76は成田で
    一時期定期便で乗り入れてたのをよく撮っていました。
    IL-76MFは見たことないですね。
    Airmanさん
    勉強になるなんて恐れ入ります。最大離陸重量は400トン
    程度と744とほぼ同じですね。あのムカデのような5軸の
    ボギーは南極大陸着陸にも耐えたほどなので納得ですね。
    えあぽ〜とさん
    いつもありがとうございます。airliners.netは確かに
    英語のみとはいえ、私も資料用にいつも活用出来るので
    便利ですよ。LCFの1階部分は詳しく知らないですが
    恐らく空洞で二回に登る梯子があるだけだと思います。
    アッパーデッキに乗務員のベッドとトイレがあるだけだと
    思います。

  1. トラックバック 0