旅行には双眼鏡を携帯すべし!

女の日記ってのは買い物話や食の話が多いものだけども、やっぱり…イタリアへ来たら靴か鞄、ガラス製品に生地だよね(笑) またローマやフィレンツェの街を歩く女性自体が、広告塔そのもので「ああいうブーツ欲しいなぁ」だとかって思わせちゃうんだよ。というわけで、ブーツを色違いで購入しました。
またもやネットが使えないそうだ…。本当かなぁ。使えないようなホテルじゃないと思うんだけれども…。

でもって、フィレンツェに行ってきた。ここには友人が住んでいるけど、なぜかこういうときに限って日本に戻ってきてるんだなぁ〜。
イタリアという国は、よそのどの国よりも遺産に恵まれたラッキーな国だな。
そのスケールも大きすぎて、寺院なんかを巡るにはカメラよりも双眼鏡が大活躍だった! 旅行には双眼鏡をぜひ携帯すべし。

武田さんがモーレツにオススメしてくれたサンマルコ寺院のフレスコ画は本当に素晴らしかった。ビザンティン建築の代表格ともいわれていますが、下から眺めてもその優美で繊細な輝きに圧倒されるばかりだったけれど、双眼鏡で覗くとリアル万華鏡の世界! 万華鏡だよ!

よそで見たフレスコ画は壁と壁のつぎはぎ部分(…つぎはぎというのかな、壁と天井の境だったり四方の角だったり、そういうところね)が木造だったり、装飾を施した大理石だったりで、それはそれでもちろんきれいなのだけど、サンマルコ寺院のフレスコ画を見ちゃうと、それが手抜きに見えてしまうほどなんだ(もちろんこれは言い過ぎだけれども)。サンマルコ寺院の壁と壁の境界部分はそういう目隠し効果のある装飾は使わずに、角にあたるべきところまでモザイクで埋めたときた。よって角張った部分がなくて曲線状に、波が流れるようにモザイクが敷き詰められているもんだから双眼鏡で覗いたまま目線を移すと、モザイク画が目にへばりついたような錯覚になる。万華鏡が目にくっついちゃて離れない状態。また、この装飾も宇宙っぽいんだよね!
いやぁ、本当に万華鏡だよ、万華鏡。

外からの写真しかないけれども。
サンマルコ寺院

ベネチアも買い物が楽しかった…。ウィンドウショッピングだけでも過ごせそうだけど、あんまり自由時間つくってくれると買い物しちゃうよ。
うー、今日もネットが使えない。
それに…ダメだ、眠い。寝る。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0