イタリアから帰国!

あ…。いよいよ出発の日がやってきた。到着空港はローマ、出発空港はミラノです。夜の便なのでまだまだ時間がある。
ローマに到着して、ローマから帰国と思いきやミラノ発だった…。失敗。しかし気が緩んだせいか、色々と勘違いが多い旅行だったなぁ。
荷物が膨らむと、人の財布をいぶかるおばちゃんが登場するわけですねー。そういうおばちゃんは、「親の金で旅行なんかしちゃって」って思い込んでいる。だから同行の父、母、叔母にひとりずつ娘のくいっぷちを聴取するわけだけど…。誰がなんといっても自分の空想の赴くまま、というか自分の想像から外れた事実は受け入れないので、買い物まで親に買ってもらってると信じ込んじゃってる。おばちゃんよ! 本人に聞け! 明日をも見えない毎日の中でせっせと働き、チビリチビリ貯めたなけなしの貯金じゃ! うちはシャンプー1本でも母親と割り勘だ。ドアホ!

イタリアでは、蝶々夫人が大人気なんだと。

ひぃぃぃぃ〜〜〜〜〜(化けて出てやるぞぉ…みたいな)。
蝶々夫人

というわけで、帰ってきたのですが。
毎日ヘトヘトで、ベッドの中で寝たのは最終日前夜だけでした。またノートパソコンをそのままベッドに寝そべりながら使うものだから、日記を書きながら果ててしまうのですね。

それにしても…終わってますね、JALの機内食。あそこまで経費削減するならいっそのこと出さない、というのもアリだと思うし、有料化するのも選択肢のひとつだな。マシになるのならの話だけど。だって、国内線ならさ「空弁」とかいって、凄くおいしそうなのあるでしょ、成田でアレをやればいいじゃん。それでもスプーン、フォーク、ナイフがステンレスだったのは何の演出だ? 謎だよ。あれが給仕されるコックピットクルーも不幸だと思った。
帰りの便は、B747のしっぽ、3席のうち1席を潰した65K/Hと66K/H、の4席を確保。これで窓側に居ながらにしてお手洗いにも立てる。足下もちょっと広く感じるしね。おかげでたっぷり寝れてあっという間の12時間でした!

じゃぁね。
ロシア上空
成田到着

ってゆーか!
イタリアをかけ足でまわるなんて、超もったいないよぉ…(><
また来れることを願って、トレビの泉でジェラード食べながらコイン投げてきました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0