JGC修行用航空券にいかが?

JGC? はて? それは何だろうと思いますが、今話題の日本航空が誇るマイレージ上級会員組織JALグローバルクラブのことです。毎年1〜12月の一年間で一定のマイル数やフライト数に達すると一年間JALのラウンジが使えたり、専用カウンターでのチェックインや優先搭乗、マイルが通常より多く加算されたりとメリットがあります。あとは明文化されていませんが、当日Yクラスからビジネスクラスなどへアップグレードされる美味しい話もよく耳にするほど。そんな美味しい話を聞いて人よりも得したい、ただ飛行機に乗るのが好きな航空ファンや旅行好きはいきおいJGC会員を目指すわけです。そのため月に何度もポイントを稼ぐため飛行機に乗りまくることを「修行」と呼ばれています。まあ今のJALの状況を考えるとJGCも消えちゃうんじゃないかと思うかも知れませんが、マイレージサービスは引き続き継続するようです。第11回目はそんなJGC修行用にも使えると思われるお得なビジネスクラス航空券を2種類ご紹介したいと思います。

ブリティッシュエアウェイズ東京〜ロンドン間ビジネスクラス・クラブワールドが諸税別往復22万円より! このショッキングな発表に気づいたのが先週水曜日の記事を発信したあとで発表が遅れてすみませんでした!というのも、この航空券の予約発券受付が2009年12月9日までなので、早めに予約発券を済ませる必要がある航空券だという事をご理解下さい。

一応ブリティッシュエアウェイズの日本サイトでも予約は受け付けているのですが、その往復で22万円になる金額の設定が少ないらしくなかなか安い金額のチケットでは出て来ません。そのため年末年始に関しては追加料金などが掛かる可能性も高いとはいえ、各旅行会社へお問い合わせするのが一番早いかも知れません。

主だった内容としては、有効期限は現地3泊以上最大6ヶ月fixopenと呼ばれる設定が多く、出発日は2010年3月31日まで設定可能。予約変更は現地で復路のみで5万円で日時変更可、ただし払い戻しは不可もしくは15万円のキャンセル料が必要という設定が多いです。予約クラスは各社予約コードを調べてみるとビジネスクラス用サブクラスのIクラスが使われているのがわかります。

このIクラスだとJALのマイレージで加算されるマイルは100%と通常のビジネスクラスよりも25%少ないですが、諸税等を含めても通常より半値以下の25万円代から、あのフルフラットシートを堪能出来ると考えれば無理ないです。さらにロンドンでのストップオーパー(途中降機)も可能で、パリやミラノ、フランクフルトなども同額ですからお得だと思います。

モデルメーカーはジェミニジェッツで1/400、ロールスロイスエンジン装備のボーイング747-400をモデル化。塗装はワールドイメージと称して尾翼に世界各国のアーティストの作品が塗装されていました。この台湾線就航用ブリティッシュアジアエアウェイズ仕様の尾翼にはチェルシーローズと呼ばれるアートが塗装されていました。シップナンバーはG-CIVB。現在の塗装モデルは持っていないのですが、現在の尾翼は英国国旗を模したユニオンジャックの塗装にすべて統一されています。最後にもう一度申しあげますが、この航空券は期間限定で12月9日までの予約発券完了が条件となっておりますのでよろしくお願い申し上げます。

キャセイパシフィックも負けていません!こちらはすべて日本発香港経由で2010年3月末までの設定でそれぞれ諸税別ですが、東南アジアビジネスクラス往復が何と11万円代から! とグッと安くなっています。他にヨーロッパ行きビジネスクラス往復22万円代から、北米行きビジネスクラス往復20万円代から、オセアニア行きビジネスクラス往復18万円代からといった赤札を超えた安さです!

この航空券はキャセイパシフィック航空の子会社キャセイホリデーさんが主に取り扱っています。行き先によって発券条件などの違いはあるとはいえ、成田、名古屋中部、関空、福岡、新千歳発の設定があるのが特徴です。

予約クラスも大半の目的地でIクラスとDクラスの料金が設定されており、予約状況に応じて行きはIクラスの料金、帰りはDクラスの料金で発券することも可能です。現地での予約変更・経路変更などは不可となっており、出発前の発券後の払い戻しはキャンセル料を差し引いた金額が返金されます。ただ出発後の払い戻しやキャンセルは不可となっているのでご注意下さい。アジア屈指の快適な広い香港のラウンジも使うことも可能で香港発の欧米路線などにおいては最新型のフルフラットシートを装備したジャンボ機や写真の777-300ER、A340が就航しています。JALのマイレージではIクラスDクラス共に125%の加算率になっております。仮に成田〜香港〜ニューヨークJFK間をCクラスで往復すると約24750マイルほどになるので、一度の旅行で韓国・中国・グアム、沖縄本島などへのYクラス往復航空券が手に入るのでお得だと思います。

モデルメーカーはPLモデルで1/400、ボーイング777-300ERをモデル化。シップナンバーはB-KPFでアジアワールドシティ特別塗装が施されています。以前はボーイング747-400にも同様の特別塗装が施されていたのですが、この機体と入れ替わるように通常塗装へ変わったのが残念ですね。

先日そのキャセイのビジネスクラスで旅行をして来た人からそのアメニティキットをお土産に貰いました。今はフランスの有名ブランド、アニエス・ベーが担当、化粧品類は他のメーカー品のようです。左が婦人用で右が紳士用です。婦人用は行きと帰りで色違いらしく赤と水色のポーチで、中のアイマスクの裏地も厚手のタオル地で、それぞれポーチの色に合わせてピンクと水色なのもお洒落!紳士用も黒いポーチでトカゲのイラストがセンス良くデザインされています。内容はほぼ同じですが、スキンケアなどの化粧品の内容と女性用のみに入ってる化粧用のコットンやくしの形が違いますね。このアメニティキットは主に欧米線やオセアニア線などの長距離路線のみに提供されているもので、日本線や東南アジア路線などでは配っていないようです。

JGCの修行に限らず、両社は結婚記念の旅行や新婚旅行などに最適な航空券だと思いませんか? 特にこれからのオーストラリアやニュージーランドは最高の季節となりますし、美術館巡りやクリスマス一色のヨーロッパの街も素敵ですね。オーロラ撮影の北欧へも別途航空券を追加すれば割と近いです。安い航空券ゆえ満席の日が多いとはいえ、次回は快適なブリティッシュエアウェイズやキャセイパシフィック航空のビジネスクラスを体験してみては如何でしょうか…。

では来週もお楽しみに…。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0