羽田空港で体をあたためよう♪

寒さが厳しい折、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
飛行機ファンのみなさんの中には、羽田空港をフライト時だけでなく、撮影やら散歩やらで向かう人も多いのではないでしょうか…。
と、いうわけで。本日は「冷えた体を空港であたためよう!」です。

まず最初はデッキで撮影される方に。
こないだまで京急線の駅の改札口(第1ターミナル側地下)のところに、「Soup Stock Tokyo」というスープ専門のお店がありましたが、昨年の後半に閉店になってしまいました…。
手長エビのビスクだとか、ポタージュ系だとか、そこらへんがスキだったので残念でした。
しかし、なんと。閉店してまもなく、意外な事実を知ったのです。
それは…。同じく第1ターミナルは1階にある、DEAN & DELUCA になぜかSoup Stock Tokyoのスープが3つほど売られているのです。
ちなみに。DEAN & DELUCAは、食のセレクトショップみたいなもの。もともとここに取り揃えられたスープがおいしくって、デッキに上がる前に立ち寄っていたんですね。それが今度は冬だというのに、DEAN & DELUCAからスープが消えた…、と思ってた矢先のことでした。

どうやら、両店のコラボレーションだそうで、12月からはじまったとのことです。
「オマール海老のビスク」「とうもろこしとさつま芋のスープ」「北海道産かぼちゃのスープ」の3種類が提供されています。オススメはカボチャのスープです。
お持ち帰りできますので、デッキでどーぞっ。

DEAN & DELUCA

第1旅客ターミナルB1F マーケットプレイス
7:00〜21:00
DEAN&DELUCAスープ

サクッと、パパッと、体を暖めるなら、このカレーだ。
っていうか…飛行機のって羽田に帰ってくるでしょ。んで、荷物とって出た瞬間から! と言っても過言じゃないほど、カレーの臭いがプンプンしてくるんだよ…。疲れた体にカレーの臭いかいだらさ、あ、食べてから買えろうかな、って思うよね…。
お店の触れ込みは「カレーとビールのうまい店」。食券制です。
店内にはデカデカと掲げられた看板には、「ビンのコカコーラあります」。
・・・・・。
しかし、そうだよね、確かにビンておいしいよねっ! 堂々と掲げられるまで、気づきませんでしたが。これは、ビールのおつきあい用のコーラという意味なのかな、それともうまさにこだわった結果、ビンのコカコーラになったということなのかな?
しかし…女の人はひとりで入りづらいかもしれないね、慣れないと。スタンドだしね。しかしなにより安いし! ポークカレー650円、ビーフカレー700円。
わたしはビーフカレーがいいと思います!

ライブカレー

第1旅客ターミナル1F ターミナルロビー(南)
9:00〜22:30
ライブカレー羽田空港
ライブカレー羽田空港食券購買機

さて、懐かしさでこころもホクホクしながら、体を暖めましょう。
ここのカレーはですね。旧羽田空港ターミナル「アビオン」で人気を集めたカレーを再現してるんですね! おそらく、旧羽田空港時代はもっと華やかだったのでしょう…。
こっくりまろやかなカレーをご堪能ください。
ところで。昔、よそで食べるカレーって「よそ行き」っぽくなかったですか? 年代のせいなのでしょうか? 気のせいなのでしょうか?
よく行ってたカレー屋さんは、フルコースでした。カレーも、ポークorビーフしかなくって、カレーだけで勝負していたお店でした。前菜(野菜とスパゲティサラダにフルーツがつく!)、コーンポタージュ、最後にデミタスコーヒーがつき、子供だからといってデミタスコーヒーをオレンジジュースになんか変えてくれるような、媚びはありませんでした。マスターは、オークラだかオータニだかのホテル出身で、すっごい背の高い白いハットをかぶってました。でもって、ワイシャツ。子供ながらに「このえらそーなおっちゃんはなんだい!」(騒ぐと睨まれる)と思ってたんです。
でも、おいしかったな。確かにホテルで食べるカレーの味なんだよね。
ちなみに、カーペット張りの雰囲気のいいレストランを思い描いた方は、間違いです。電車が通るとお店が揺れるくらいの、天井も低くって、くら〜い壁で、椅子もパイプ椅子、…みたいな、ラーメン屋でもおかしくないくらいの、いま思えばへんぴでちっちゃいお店です。「コロンボ」という店、もうないんだけど、そういう気位の高いお店もなくなちゃいましたね。
わたしは旧羽田空港の「アビオン」のカレーの味を知らないのですが、そんな頃のカレーを思い出しました。ちょっと似てるんですね。アルミのポットに入ったカレーで、一口ずつご飯に乗せていくところとか、具がゴツゴツしていない感じだとか。

ちなみに、ここのカレーもお持ち帰りできます。

アビオン

第1旅客ターミナルB1F マーケットプレイス
9:00〜21:00
羽田空港カレー屋AVION

それにしてもカレー屋さん。多いですよね、羽田空港は。カレー屋さんじゃなくっても、カレーをウリにしてるところが。
パパッと食べるメニューの王様なのかしらね、カレーって?
今度カレーだけでコンプリートしてみようかな? 1日じゃ終わらなそうだけど…。

さて。お次はシチュー系です。
ずっと昔、この「アカシア」の新宿にある本店には、何度か行ったことがありますが、15年ぶりにロールキャベツを食べてきました。いま食べて「すごいおいしい!」というわけではありません。でも懐かしさがこみ上げてきて、胸がいっぱいになりました。
「アカシア」を知ったのはクリスマスではなかったけれど、冬の生意気盛りな高校3年生の頃。年上の男性に連れて行ってもらったのです。当時からタモリが大好きだったわたしは「タモリ行きつけのお店」という言葉に誘われ、ご馳走され慣れていないなか、ご馳走になりました。

「タモリ行きつけ」というのは、嘘か本当かわかりませんがともかく「笑っていいとも!」を生放送している「スタジオ・アルタ」の裏にあります(あ、余談ですが「飛行機ダイスキ!」の「!」は「笑っていいとも!」の「!」のノリからきています)。JAZZ喫茶に洋食店、それから当時瀕死状態のJAZZライブハウスなどなど、「タモリ行きつけ」という噂の場所にはよく足を運んでいました。「あっそ、JAZZって高尚だったんだね」って思うまではJAZZばっかり聞いていましたし、あんなにタモリが嫌いだと言ってたゴルフをタモリが始めたと聞けば、身分にそぐわず母親のクラブを借りてスイングの練習すらする始末…。

タモリで出来上がったそんな青春時代に、「アカシア」でロールキャベツを食べたんです。
店内はアールデコだとかアールヌーヴォだとか、ヨーロピアンだとか、モダンだとか、ひとくちでは説明できない、昭和独特の名曲喫茶のような雰囲気の洋食店で、狭い席に詰め込まれ(おまけに当時のおばちゃんも愛想がなかった)、注文したロールキャベツは、うっすらととろみのある白いスープに、煮込まれたロールキャベツがコロンとふたつ。ライスがセットになって出てきた。
それがほんとうに、ほんとうにおいしくって、「笑っていいとも!」が終わって時間もたっぷりと経った夕方だったのに、「あー、タモリさんが来たらどうしよう!」って、入り口を気にしていました。
あと、「ロールキャベツだけでご飯食べれないなぁ…」となにげなくつぶやいたら、(勝手に)コロッケを注文してくれて、普段は50円くらいで買ってるようなコロッケだけども、そこでは凄く高くって、お小遣いを気にしながら食べたのをついでに思い出しちゃいました。男性がお金を払うという大人の習慣を初めて知ったのもこのアカシアでした。

そのアカシアが、気づいたときには羽田空港にありましたが、つい先日まで入ったことがなかった。まったく同じ味だったかはよくわかんない、というのが本音だけども、塩味が強めで少し透き通った白みのあるソースを見て、懐かしいなぁ〜と、心もほっこり、おいしくいただきました。

新宿アカシア

第2旅客ターミナル4F マーケットプレイス
10:00〜22:00
新宿アカシア羽田空港店

  1. おー!
    このカレー屋さんもアカシアも私の定番レストランです!
    夕方の便で羽田空港に到着し、「お腹がすいたなぁ」って時に、このカレーショップについつい入っちゃうんですよね。
    このカレー屋さん、大きな皿に薄ーく盛ったご飯とあったかいカレー、美味しいですよね。
    アカシアのロールキャベツは食べたことはありませんが、カレーライスは美味しいです!展望デッキで写真撮影をして凍えた体にここのカレー・・・たまりませんなぁ。

    • 竜子
    • 2010年 1月15日 5:04pm

    ■Airmanさん
    おー! 定番でしたか!
    アカシアのカレーって、激辛のやつですか?
    食べたことないです、わたし。でも正直カレーの方がおいしそう…。

  1. トラックバック 0