レトロフューチャーな音楽


TAKE OFF AND LANDING」砂原良徳,サミー・カーン,ブライアン・バートン・ルイス

世代的には砂原良徳というとピンと来ない人もいるかもしれませんが、電気グルーヴだったまりんさんの作品。
電気グルーヴって、わたしの高校時代のアイドル的存在だった。
この当時はレトロフューチャーなものが流行っていて、流行りというか、今もちゃんとあるので永遠のものなかもしれないけど、音楽も街もファッションも、昔の未来志向なもの…実際には見たことのないはずの昔の空港とかなのに、体感したかのような気分にさせてくれるものがたくさんあったように思う。
このまりんさんもそういったレトロフューチャーなものをいろいろ出していて、私は好きだった。

ちょっと話はそれるけど、わたしが凄く影響を受けたのはつくば万博での体験。それは高校生になっても、今でも同じようにフラッシュバックする。
バネで揺れる(つくば万博のマスコットキャラクターの)星をあたまにつけながら、ロボットもリニアモーターカーも、バスもすごくワクワクしたし、今じゃ当たり前だけどコードレスのリモコンや電話にびっくりしたし、2000年への自分にも手紙も書いた。
(ただし、この手紙にはたったふたこと、
「あけましておめでとうございます。かがくばんぱくより」
と汚い字の走り書きがあっただけだったけど…)

刺激のないこのアルバムのサウンドが、漠然と「未来って凄いんだなぁ」と思ていた子供の頃を、心地よく懐古されてくれて、お気に入りのアルバムだ。

大人になってもディズニーランドのスペースマウンテン付近に行くと、つくば万博を思い出すのだけど、なんだろ。アメリカって感じ? このアルバムってもろに、ディズニーランドの「トゥモローランド」なんだ。

それで、まったりさんがコメントで紹介していた「THE SOUND OF ’70s」というほうのアルバムは、パンナムへのオマージュ作品らしい。
どこがパンナムかっていうのは音楽ではよくわからないのだけど(笑)、とにかくジャケットがパンナムのジャンボ。それからサウンドがアメリカって感じなんだ。


THE SOUND OF´70s」砂原良徳,ブライアン・バートン・ルイス

「アメリカって感じ」を2度も使っちゃったけど、フランスでもイギリスでもなくアメリカ。おおざっぱとかスケールが大きいとかいう意味じゃないんだけど…(感覚が説明できる大人になりたい)。

ジャケ買い、するのもわかる。でもジャケットだけじゃなくて、その冊子もパンナムのポスターがたくさんちりばめられていて、これがまた視覚的にも嬉しい。

そう、この2つのアルバム、冊子がいいんだよね。それに買ったときにもらえるおまけがまたステキで、子供がおまけ狙いでお菓子を買うような、ある意味曲なんてどうでも良い、みたいなそんな気持ちでCDを買ってました。
たった10年ほど前のことなのに、CD1枚買うのにも今より楽しみがあったなぁ〜。

amazonでも評価は高いけど、私の世代は電気グルーヴ自体にカリスマ的な人気があったから、あまり参考にしないほうが良いと思う。

では。

↓クリックひとつで救える魂がある

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • まったり
    • 2008年 6月30日 10:47pm

    ご紹介ありがとうございます!竜子さまm(_~_)m
    今は亡きサベナベルギー航空の737-300〜500タイプが
    写っているジャケの奴は確か視聴をして買うのを辞めたのを
    覚えています。あまり音楽的に興味をひくモノが感じられ
    なかったからです。電気グルーブはたまに気に入った曲を
    シングルで買う程度だったんでね・・。
    でもこのパンナムのCDに付いてる冊子は今や貴重な資料と
    いえるレベルだと思えます。当時の機内の様子が分かるし
    変な宇宙船の画像も泣ける・・・。エアライングッズが
    市民権を得た感もありますから買いでしょうね。。
    つくば万博は私も行ったなぁ・・万博中央駅まで変な連接バスに
    乗っていったのを思い出すね。NECのパビリオンに入りたかったけど
    時間的に無理だったなぁ・・・

    • 竜子
    • 2008年 7月2日 2:01am

    ■まったりさん
    どもども!
    でもこのパンナムのCDに付いてる冊子は今や貴重な資料と
    いえるレベルだと思えます。当時の機内の様子が分かるし
    変な宇宙船の画像も泣ける・・・。
    いやぁ、ほんと。
    エアライングッズ関係の本もいっぱいあるのでね、今度はそっちを紹介します。
    まったりさんのコメントのおかげで、ネタにつきることが…。
    万博中央駅まで変な連接バスに乗っていったのを思い出すね。
    連結バス、アレかっこ良かったですよね! 連結部分がメタリックだったのと子供だったせいか、異様に大きかった気が。
    記憶って勝手に作り上げた妄想だったりするので、さだかではないのですが。
    うちに「Newton」の臨時創刊号で「EXPO’85」ってのがありますが、そこにほんのわずか、バスの後ろ姿が載ってるんですが、後ろ姿だけだと、普通なんですよね(笑)

  1. トラックバック 0