国際線で活躍するJALの飛行機達

ようやく桜の時期になって来ましたね。
終業式や卒業式を終え、次のステージを楽しみに待つ人や、社会人のスタートに備えて準備をする人、皆様それぞれに一つの節目を向かえ、新たな気持ちでワクワクしながら新年度のスタートを待っていることでしょう。
無事に新たなステージに向けて離陸されることを願っています!

さて、先週の3連休ですが、連休最終日に成田空港近く(R/W34L・16Rの北エンド近く)にある”さくらの山公園”に出かけてまいりました。
3月22日の朝にとったTAFでは非常にワクワクさせる天気予報が報じられていました。

TAF RJAA 212038Z 2121/2224 30005KT 9999 FEW030 BECMG 2204/2206 18007KT BECMG 2212/2215 02006KT

午前中は北寄りの弱い風で、お昼過ぎには南よりの弱い風に変わる! 視程は10km以上で、雲は少ない。
まださくらの山からは見たことの無い、R/W16Rへのアプローチを見ることができるかもしれないとの期待を膨らませて成田空港へと向かいました。横浜の自宅からは第3京浜の都筑インターから高速に乗り90分の道のり。あまり乗り気ではないカミさんを横に乗っけてとにかく出発しました。

10時にさくらの山に到着しましたが、駐車場にはまだ空きスペースがあり、公園の人もまだまばらでした。いつもの指定席(ベンチ)に荷物を置いて、早速撮影を開始。10時頃はまだ出発ラッシュが続いていて、R/W34Lの手前には飛行機が列を成して離陸を待っていました。

Airmanの飛行機写真館ではそうして撮影した海外の航空会社の飛行機の写真をお届けしています。
(来週、再来週まで続きそうな量です。。。。)

さて、ここ「Airmanの飛行機写真館【番外編】」では、もうすぐJAL応援フェアも始まる?!ということで、今日はJALの国際線で活躍する飛行機達をお届けいたします。

まずはBoeing747-400(JA8919)「ジャンボ」 JALウェイズの飛行機で前部胴体には「Yokoso Japan」のロゴが描かれています。

Boeing747-400

お次は、Boeing777-200ER(JA704J)
近いところへ行くのか、はたまた、、、、比較的短い離陸滑走で離陸しました。

Boeing777-200ER
Boeing777-200ER

こちらはとってもスマートでカッコいいBoeing777-300ER(JA738J)
主翼端が「レイクド・ウィングチップ」という形状で、スピード感あふれるカッコいい翼です。

Boeing777-300ER

R/W34Lを離陸し、ギアを格納し終え、ギアのドアが閉まる直前のBoeing747-400(JA8074)

Boeing747-400

最初にBoeing747-400のこのウィングレットを見たときは惚れ惚れしましたね!
カッコいいです。

Boeing747-400

さて、予報どおり、お昼を少し廻ったころには風が南風に変わり、R/Wチェンジが行われました。
ワクワクしながらR/W16Rへの着陸機を待っていると、Boeing747-400が堂々とした様子でアプローチしてきました。
城南島でR/W22へのアプローチを見たときもその迫力に感動しましたが、ここ「さくらの山」でみるR/W16Rへのアプローチも城南島に劣らず、大迫力!!です。何より滑走路に近いし、アプローチラインに近い! これは癖になりそうです。望遠レンズ(70-300mm)を使っていたのですが、Boeing747クラスだと、目一杯焦点距離を短くしてもはみ出してしまいそうです。

Boeing747-400

離陸機は滑走路を目一杯長く使う為に、一番北寄りのタクシーウェイから滑走路に進入していきます。
この離陸滑走直前の滑走路に正対した飛行機の緊張感あふれる後姿も素敵ですね。
こちらはBoeing767-300ER(JA613J)です。

Boeing767-300ER

写真が多く、長い記事になってしまいスミマセンでした・・・。
多くの人々を楽しい旅行に連れて行ってくれているJALの飛行機達は、今日も世界の空を飛びまわっています。
「ガンバレー!」っと応援したくなりました。

では、また来週!

Airman

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0