ジェットストリームオーケストラって?

昨日はあんなに暖かかったのに、今日はさむいですね…。
今日も市川上空は、ごうごうと飛行機が通っていますが、真冬のように音が鳴り響いて、一瞬季節を見失ってしまいました。そこまで寒くはないのですけれどね…。
人の感覚というのは敏感なようで、けっこう大雑把ですね(笑)。
みなさん、体調には気をつけてくださいね。

それから、今年の桜はみましたか? 近所のサクラ薬局に咲いているサクラが、桜前線よりちょっと早めに咲く我が家の標本木でもあるのですが、それで一足お先に楽しんで、真っ盛りの頃は見ませんでした。妹があと数日で出産、というタイミングで帰ってきていますが、新しい命が生まれる頃というのは色々とありますね。そしてそういう頃に限ってサクラの季節だったりするので、サクラって想い出がいろいろ詰まっちゃって、いい時はいいですけれど、嫌な時もありますね。
昔嫌な状態でお花見をしたことがあって、サクラの季節になると、そのことを思い出します。だから、それ以降はいいときにしかお花見をしないことにしました。

さて、先日までJAL応援フェアにて、毎日の記事でブログが大賑わいでした。ご声援をくださったみなさま、お越し下さったみなさま、どうもありがとうございました。
昨日より「雨中航路」を公開させていただき、通常(?)コンテンツへと戻りましたが、JAL応援フェアのコンテンツを非公開するのにあたり、この期間に頂いたコメントも、クローズ状態となりました。
コメントくださったみなさま、すみません…。

それで、最終日に急遽公開することになった、JALジェットストリーム「トロピカル・ハワイ」で、武田一男さんより、エピソードを頂いておりましたが、こちらも消えてしまったので、こちらに転載し、紹介しておきます。

ちなみに、「トロピカル・ハワイ」に限らず、どの音楽もそうでしたが、「フレデリックダール・オーケストラ」とういうのと、「ジェットストリーム・オーケストラ」というのが出てきていましたが、これはいったい? と思っていた方はいらっしゃいますか?
その秘密が明らかに…?! なんて(笑)

このハワイアンの録音にはストリングスオーケストラやハワイアンスチールの影に、ハワイ独特のバンブー・オルガンを使っています。竹を大小に切って音程を 作り、それを石の上で叩いて音を出す珍しい打楽器です。とくに「ハワイアンウエディング・ソング」の冒頭のリズムなどで聴くことが出来ます。その外、ポリ ネシアン・ハープや竹を割って作ったポリネシアン独特の打楽器など、耳を澄ませばハワイの旅情を堪能出来ると思います。

レコーディングの余談をもうひとつ。フレデリックダール・オーケストラはNHK交響楽団のピックアップメンバーで、ジェットストリーム・オーケストラはミュンヘン交響楽団です。
それからブルーハワイの波の音は深夜、ワイキキで苦労して録音した音でハワイアンウエディングソングの波はカウアイ島ナパリコーストの音です。
以上、レコーディングの余談でした。(2010年4月12日の武田一男さんのコメントより)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0