編集後記:「雨中航路」再開です!

今朝の関東地方は、雪が降りました。
市川市では、ほんのうっすらですが雪が積もっていました。いちどクリーニングに出したものを、この時期に出すのはなんだか癪ですよね…。
じつは今日までは猛烈に忙しかったのですが、来週あたまからはちょぼちょぼと分散傾向に。一区切りつきそうです。

さて。先週まで「JAL応援フェア」として10日間、実質12日間をおつきあいいただきました。いらしてくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。
約2週お休みしていたコンテンツを、復帰させてまいりたいと思います。
まず、月曜日は「雨中航路」の第3回。
第1回、2回と音声の区切り部分に間違いがありましたので、修正いたしました。
お気づきの方は少ないと思いますが、実はこの「雨中航路」、これまで武田一男さんによる解説でしたが、今回は桃田素晶さんの解説によるものになっています。録音と監修はこれまで通り武田一男さんです。桃田素晶さんは「機長席」で補佐的な役割で音声を書き起こししてくださった方です。猛烈な武田一男さんのファンでもありまして、その熱意なしには、この書き起こし作業というのは、なかなか出来るものではありません。また、これまでのコックピット・ドキュメントのエッセンスを余すところなく引き継いでいると思います。

それで、私の方はこの調べものをしに時刻表をさらったりしているのですが、当時の時刻表って、何で調べると思いますか?? 当初は航空時刻表などは、航空博物館や資料館的なところで調べなくてはならないと思いきや…、なんと解決へ導いてくれたのはJTBの時刻表です!
何で裏付けを取るかというのは、それだけでちょっとした難問でした。もちろん航空用の時刻表というのもあるのですが、国際線のものだけだったり、その年次の蔵書が抜けていたり。また現物を確認しないことには、どれが使えるものかも分かりません。
ところがどっこい、灯台下暗し、というヤツですね…。私もビックリしましたが、司書の方も、驚いていました(笑)。JTBの時刻表って、鉄道のものだとばかり思っていたので。
そして、当時(1980年台初頭)の飛行機の時刻表を眺めるだけでも、これがまた、面白いのです。今のように定刻出発・到着が当然ではなかったと思いますが…。古いものなので、蔵書を揃えている図書館が少ないのが難点ですが、もし機会があれば、みなさんもいかがでしょうか?

水曜日は、頂いたみなさんのコメントもクローズさせてしまっている旨ご連絡させていただきましたが、ジェットストリームオーケストラの謎、興味深かったと思いませんか?

そして木曜日は羽田空港でオーケストラ、ということで、本日でしたが、私は所用が立て込み、行けませんでした…。

来週は、「雨中航路」に加え、「世界の空港」やブックレビューなどをお届けしたいと思います!

明日は暖かいそうです。
ご近所の空港に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0