世界の航空史サウンドエッセイ「わが心のキティホーク」第1回

[title_kittyhawk]

 YS-11の生みの親、木村秀政名誉教授が晩年、まるでご自分の人生を振り返るかのように綴られた珠玉のエッセイ「わが心のキティホーク」に感動し、その本をサウンド・エッセイにしたいと提案すると、快く引き受けて下さり、また、先生の著「世界の航空史案内」(平凡社カラー新書)を合わせて「音による世界航空史」にしてはどうか、とのご提案まで頂き、先生ご自身のナレーションに加え、先生の貴重な航空機のサウンドコレクションまで使わせて頂いて完成した作品です。エッセイ「わが心のキティホーク」のもつ詩情豊かな雰囲気をだすために音楽や効果音なども使い、かなり苦労して完成までに時間がかかリました。それだけに僕としては例えようのない愛着をもっている作品でもあります。過去、レコードで発売した際には航空各方面から身に余る賛辞を頂きました。今回はその作品を木村先生の想い出をこめてノーカットでこのブログで4回にわたってご紹介したいと思っています。ご試聴いただければ幸いです。

武田一男

木村秀政

★「わが心のキティホーク」挿入:10
※「▶」の再生ボタンをクリックするとサウンドが流れます。
木村秀政先生の解説をお楽しみください。

ライト兄弟 フライヤー1号機

★「わが心のキティホーク」挿入:11
※「▶」の再生ボタンをクリックするとサウンドが流れます。
木村秀政先生の解説をお楽しみください。

フライヤー1号機
 世界の航空界の常識では1903年12月17日にウイルバー・ライトとその弟、オーヴィル・ライトが飛行機による動力飛行の世界最初の成功者で、その飛行はノースカロライナ州キティ・ホークで行われました。その様子を木村先生は愛情をこめて語られています。過去、僕が木村先生におめにかかるたびに感じたことは、先生の飛行機に対する無心の愛情でした。その愛情がこの作品をとても暖かいものにしてくれました。

 それから、その12馬力エンジンを持つフライヤー1号機はワシントンのスミソニアン博物館に保存され、その完全なるレプリカがキティホークのライト兄弟記念博物館に飾られています。ご興味のあるかたはぜひ、お訪ね下さい。

ライト家の三男・ウィルバー・ライト
ウィルバー・ライト

ライト家の四男・オーヴィル・ライト
オーヴィル・ライト


フランスの翼 ヴォアザン・ファルマン機

★「わが心のキティホーク」挿入:12
※「▶」の再生ボタンをクリックするとサウンドが流れます。
木村秀政先生の解説をお楽しみください。

ヴォアザン・ファルマン機
 人が空を飛ぶ道具の開発は1783年に気球、1797年の空中からのパラシュート落下、そして1852年の飛行船初飛行などすべてフランスが世界最初ですが、そのフランスでライト兄弟と時を同じくして飛行機を開発していたのがヴォアザン兄弟です。ヴォアザン兄弟はライト兄弟より一年も早くグライダーを完成させていましたが、エンジンつきの飛行機は1907年11月5日にノルマンディ海岸で初飛行させています。そのヴォアザン機のパイロットであったアンリ・ファルマンが翼に補助翼をつけて飛行性能を安定させたのがファルマン機で、日本の徳川大尉が購入して代々木公園で日本最初の動力飛行を成功させたのもこの飛行機です。それが1910年12月19日で、この日を起点にして今年の日本の航空100年のキャンペーンが行われることになりました。


ブレリオ機 世界初の英仏海峡横断飛行

★「わが心のキティホーク」挿入:13
※「▶」の再生ボタンをクリックするとサウンドが流れます。
木村秀政先生の解説をお楽しみください。

ブレリオ機
 やはり、同じ時代、フランスにはルイ・ブレリオという飛行家がいました。彼はライト兄弟やヴォアザン兄弟、ファルマンなどの複葉機ではなく単翼機にこだわって試行錯誤し1909年に素晴らしい単翼のブレリオ11型機を完成させ、その飛行機で最初の英仏海峡横断飛行に成功し一躍空の英雄として賛美を受けました。この洋上飛行は所要時間が32分だったそうです。また、この飛行機でベルギー人、ジェオ・シャベーツが3000メートルの高度を飛行し、初めてのアルプス横断飛行をしたことも航空史の輝かしい歴史として残っています。

世界の航空史サウンドエッセイ「わが心のキティホーク」
著作・録音 武田一男 ©Director’s House
【著作について】「わが心のキティホーク」の文章、または付録の音源に収録している音楽、音声のすべては武田一男、及びディレクターズハウスが著作権を保有しています。商用、非商用に関わらず無断転載、複製の一切を禁止いたします。詳細については当ブログ管理人までお問い合わせください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • とし
    • 2010年 6月1日 11:51pm

    雨中航路はどうなったのでしょう?無料でしかもご好意で拝聴させてもらって言うのもなんですが、出来ない事は書かない方が良いと思います。

    • 竜子
    • 2010年 6月2日 12:55am

    ■としさん
    コメント、ありがとうございます。
    そして…申し訳ありません。
    いまちょうど作業をしているなかのコメント。あと30分ほどで公開できるかと思います。
    ここのところ、思うようにならずご迷惑をおかけしております。すみません。
    ご期待されているなか、申し訳ありませんでした。

    • とし
    • 2010年 6月2日 8:58pm

    竜子さん…昨日は申し訳ない!少し、酔っていましたm(–)m 言い過ぎました。ごめんなさい

    • 竜子
    • 2010年 6月3日 2:10am

    ■としさん
    すみませんでした。
    頑張りますのでこれからもよろしくお願いします^^

  1. トラックバック 0