編集後記:マクドネルダグラス社製作のDC-3の映画を配信します!

こんにちわ、竜子です。
わたしの家は、羽田空港と成田空港の間らへんにあります。間といっても羽田のほうが近いので、自宅から見える飛行機は羽田からの発着機です。ほかに飛行機が見えるのは自衛隊機やときおりセスナなどの小型機をみます。自宅以外では、市川霊園というところにいくと、かなりの低空飛行の自衛隊機が見えるのですが、これはほんとうに大きくって…。プロペラが2つのツートンカラー。グウォン、グウォン、と…これはYS-11なのですが、もういっこ。
プロペラが4つついてて、グレーの飛行機! ブウォォォ〜ン、ブウォォォ〜ン、これ聞くと胸がざわめくというか、つい「うおぉぉぉー」と声が出ちゃうのです。なんの飛行機だろうかと、しばらく謎だったのです。ちょっと不気味なんですよ。色がグレーだし…、窓がないし! でもって、ずっと霊園上空を周回しているというのでしょうか…。けっこう小さな弧を描いては頭上を通り過ぎ、の繰り返し。
これ、どうもP-3C(Orion:オライオン)という、1962年に運用が開始されたロッキードの哨戒機らしいのです。市川霊園は市川の山の方、鎌ヶ谷市・松戸市・柏市との境界らへんにありますが、その先には下総航空基地という、海上自衛隊の航空基地があるそうです。
月命日近辺には祖母のお墓参りにいきますが、けっこう頻繁にこの珍しい飛行機を目にするのです。

さて。今週月曜日。羽田〜伊丹を近距離航空のYS-11が結んだ「雨中航路」が最終回を迎えました。
スタート時にもお伝えしましたが、この作品は武田一男さん監修のもと桃田素晶さんが解説を書き下ろしてくださいました。桃田さんは、元々は武田一男作品のファン。ここで話題になることこそありませんでしたが、「機長席」の音源書き起しを経て、今回「雨中航路」の解説をする運びとなりました。音を書き起す、ということだけでも、けっこうなご苦労があったと思いますが、その精神力と想像力の結集で「雨中航路」を完成させるというのはほんとうに凄いことだと思います。また、お仕事の忙しい中ブログのために時間を割いて頑張ってくださったことに心から感謝しています。

本作の最後に。終盤、伊丹空港のチャートをいくつか掲載していましたが、実は発表している当時の音源と、掲載しているチャートでは内容が異なるもの(たとえばスポットまでのルート)があります。本作は1985年当時の音源を使用していますが、資料については、その後集めたものなどが含まれるためです。しかし、音と文章でイマジネーションする本作では、チャートは参考程度であっても、おいておいた方が良いとの考えからそのまま掲載させていただきました。
▶「雨中航路」

次に。終わるものがあれば、始まるものがあるという1週間でしたが、航空100年キャンペーンとして「最後の飛行」がスタートいたしました。これは愛育社から刊行された「ラストフライト」の音源を元に、武田一男さんが再執筆しているものです。
この作品は、第1回掲載時に武田さんが「スタートするにあたって」で表明されたように、ライブ感覚でお届けしますので、もし感想やご意見などあったら、ぜひ聞かせてくださいね! よろしくお願いします!
▶「最後の飛行」第1回
▶「最後の飛行」第2回

航空100年キャンペーン、引き続きばく進してまいります。
月曜日は木村秀政先生のサウンドエッセイ「わが心のキティーホーク」第2回を!
そしていよいよDC-3特集を配信したいと思います! マクドネルダグラス社の製作した映画はいかに?!
来週も航空100年キャンペーン、お楽しみに!!!

今週もどうもありがとうございました!
では〜〜♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • Akio
    • 2010年 6月12日 5:40pm

    下総基地が近いんですね!
    P-3Cはよく、僕の中学のとこに来て
    いろいろな妨害をしてくれましたw
    あと、戦闘ヘリの集団が学校の周りをグルグルしたり
    C-1が轟音で上空を通過して行ったり・・・
    僕の学校は越谷で一番飛行機が通るのでは??
    今となっては懐かしいです。

  1. はじめまして。
    ブログの更新をいつも楽しみにしています。
    さて、自宅が上総基地へのアプローチの真下ので、P3Cや各種連絡機をしょっちゅう眺めることができます。P3Cは時々編隊飛行をしたりしています。
    ヒマな時は、エアバンドをよく聞いています。

    • 竜子
    • 2010年 6月12日 10:20pm

    ■Akioさん
    下総基地は、じつはそんなに近くないです^^;
    機体をグレーにするというのは、視認性を低める効果があるんですって。迷彩柄みたいなものかと思いますが、音が大きいだけに視認性を低めたところで(敵機に)気づかれないか、というと難しそうですね^^
    ■SportsKiteさん
    はじめまして!! コメントありがとうございます!
    お〜〜真下ですか! 実はこの下総基地というのは、子供の頃は全く気づきませんでした。ましてやP3Cというのは、5年ほど前まで本当に意識したことがなかったので、はじめて見たときは驚きでした。
    あれは、訓練をしているのですよね?? 

  2. こんばんは。
    20数年前にここに引っ越してきましたが、それまで上総基地がどこにあるかを知りませんでした。しょっちゅう自宅の上空を自衛隊機が飛ぶので、調べてみて納得した次第です。
    P3Cの飛行は哨戒活動か訓練かはわかりません。毎日ではありませんが、夕方近くになると飛来してきます。
    守谷VORも近いので、羽田を離陸した北行きの便が上がって行きますし、風向きによっては、ヨーロッパ便が西へ上がって行きます。午前10時から午後2時くらいがヨーロッパ便のピークです。
    羽田からと成田からの便は、高度差は3000ftくらいあると思いますが、交差することなく、微妙にタイミングずらして飛んで行きます。

    • 竜子
    • 2010年 6月15日 12:18pm

    ■SportsKiteさん
    成田の飛行機も見えるんですね! それは凄い。
    うちの上空も自衛隊機が頻繁に横切ってゆきます(とはいえ羽田離陸便のほうが遥かに多いですが…)。主にヘリです。
    こちらは上総基地ではなくって、習志野駐屯地(陸上自衛隊)の空挺団のようですね。時折、編隊を組んで見事ですよ^^

  1. トラックバック 0