羽田空港にユナイテッドアロウズがオープン!

羽田空港ユナイテッドアロウズ

7月16日、第2ターミナルにユナイテッドアロウズがオープンすることになりました。
題して「THE AIRPORT STORE UNITED ARROWS LTD.」!
ユナイテッドアロウズ、といえば我らが団塊ジュニアが過ごした青春時代の花形。BEAMSと並んで大人気のショップでした。ユナイテッドアロウズは、服や雑貨、アクセサリーを扱うセレクトショップ。
今回の出店は、空港の特質を生かした品揃えになる模様。

「セレクトショップ」という、いろんなところからバイヤーが買い付けてきたものを販売する、という形態自体が団塊ジュニアの花形店舗であった中、BEAMSとユナイテッドアロウズやバーニーズニューヨークはすごい知名度でしたね。バーニーズは他のセレクトショップとは一線を画していたけれども、BEAMSやユナイテッドアロウズはそれに比べれば価格帯も低く、特に雑貨なんかは本当にピンキリのキリの方の価格のものも多かったので、プレゼントを選びにいったりしたものです。
セレクトショップといってもオリジナル商品も多く、この第2ターミナルでオープンするお店も、空港限定の企画商品を開発するのだとか。「Travel」「Business」「Daily」「Gift」のテーマで構成された店内をのぞいたら、旅の高揚感も相まって、出費しちゃうかもしれませんね! ちなみに店舗からは、滑走路や飛行機が見えるみたいですよ!!
あと…、実は14日(水)には成田空港第2ターミナルにも、同店舗がオープン予定です。

■THE AIRPORT STORE UNITED ARROWS LTD.
■第2旅客ターミナル・マーケットプレイス3F
■9:00〜19:30 (03)5708-7523
■2010年7月16日(金)オープン!

羽田空港ユナイテッドアロウズ

空港限定UAモンキー。服が飛行機の絵柄です。

青春時代といえば。いまも付き合いのある仲間たちで、一番古いのはわたしが浪人生時代に知り合った友人たちです。彼らとは15年以上の付き合いになるかな。男3人と私。今も全員独身。
私が大阪の大学に行き、ひとりは京都へ行き、ひとりは大阪に住み、ひとりは東京で。千葉・千葉・埼玉・埼玉、という出身で毎日のように新宿で顔を合わせ、お互いが違うグループを行き交いながらもなんだか最後に行き着いた、という4人のグループなんですね。
で、彼らのうち2人が凄くファッションに敏感で、川久保玲だとか山本耀司だとか、渡辺淳弥だとか…。「デザイナー」というのを意識しないで服を着ていた私にとって、2人の会話が最初は暗号のようでもあったのですが、女である私がなぜか彼らに影響を受けたんですね。そのあたりから服の好みが180度変わりました。

みんな自由度の高い学生なもんですから、青山の路面店なんかに行っては買いもしないのに服を見たり、というのが遊びのひとつで、というか引っ張られるように行ってたわたしは「あんな気取った店の服なんか絶対着ないぞ!」くらいに思っていましたが、付き合いも深くなり、大阪の大学に行くことになってしまった3月の末、入学式に着ていく服をその彼らに選んでもらうまでになっていました。

とはいえ、当時の私には目玉の飛び出るような金額で、入学式の支度用にもらったデパート商品券などを工面しながら、それでも涙がちょぎれるほどの経験をした初めての買い物でしたね。シンプルなサマーウールのロングドレス。ワンピースと言えど、見たこともないようなパターンっていうんですかね、型紙が凄いんです。言葉じゃ説明できないのですが、生地をたっぷり使っている上に、バイアス裁断っていうのかな? 斜めに裁断された1枚の布が胸や背中を覆って、足下まで。おデブな私ですが、心なしかスラッと見えてしまう魔法の服です。なんともいえないドレープがお気に入りで、入学式用のはずが、布が傷んで裂けてしまうまで着続けました。

ボロボロになるまでの間、同じワンピースを作ってもらおうと、仕立て屋さんに持っていきました。仕立てた方が安いので。仕立て屋さんも感心するほどのパターンなのですが、なにせ再現不可能なんですね。そもそも売っているような布地では、そのパターンに合わせた幅の布地が手に入らないとのこと。結局、バイアスの角度を調整したりして、いくつかの生地で「似たような」ワンピースを作ってもらいましたが、どんなに柔らかな生地も同じようなドレープや着心地がなく、さもまがい物なんですね。

私のほうはたった1枚のワンピースをそこまでして着ていましたが、彼らのファッションに対するアンテナといったらそれはそれは凄く、部屋の全てがワードローブなんじゃないかと思わせるほど、いっつもこぎれいにしてました。私は私で、あんまりファッションに対する執着に疎く(いまも)、彼らにもらった靴はかかとがなくなるどころか靴底の皮が見えるほど履きつぶしましたし、今も愛用しているものばかりです。そういう私に、「これ竜子に似合うと思うよ」って靴やアクセサリーや服やと、たまに買ってきてくれるんですね。わたしにとっては、この「似合うと思うよ」というひと言は、自分の知らない一面の発見なわけです。「え、こんなの似合うのかなぁ?」と最初は思うんですが、いつの間にかお気に入りになってしまう、の繰り返しというんですかね。

で、大阪で過ごしていたあるとき、クリスマスプレゼントでもらったのが、ユナイテッドアロウズの、オレンジ色の箱に入った、パールのピアスとブレスレットのセットでした。「おおぉぉぉ!」です。パールなんて似合わないと思っていますから、「わ、こんな女性っぽいのつけてもいいのか!?」と。
いちいち説明するのもナンですが、自分の彼でもなければ、恋愛感情なんてこれっぽっちもない間柄です。こういう変な仲、というのもあるんです。

そんな彼らとも、だいぶ会う機会が減ってきましたが、毎年恒例のクリスマスシーズンには必ずプレゼント交換をしているのです。女の子みたいで気持ち悪いと思われますよねっ(でも、この独特な仲が今も続く理由なんです)。いまは、みんなファッションに対するこだわりのトゲがなくなって、ブランドが先行して服を着ることがなくなったそうで、まあるくなりました。

日本は食にしてもサービスにしても、何にしても誇るものがたくさんありますが、ファッションにしても誇れるものだと思います。羽田空港の国際線ターミナルでは、日本発のものを取り扱うそうです。既に第1ターミナルではQ-POTという、お菓子をモチーフにしたアクセサリーで大人気のお店が入りましたが、国際線の本格運用に向け、ユナイテッドアロウズのようなセレクトショップはもちろん、日本人の服飾デザイナーの店舗などがあっても面白いですよねっ。

長くなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • Akio
    • 2010年 6月30日 9:16pm

    普通のモンキーとアフロモンキーが家にいるので
    モンキーが欲しい!

    • 竜子
    • 2010年 7月1日 2:00am

    ■Akioさん
    この猿、流行っているのですか??
    強いていうなら、黄色がいいかな…。
    羽田に行ってきたのですが、2タミのTokyo’s Tokyoの隣(元本屋)のところにありましたよ。

  1. トラックバック 0