夏はうなぎで飛行機を!

こんにちわ。
雨が続き、蒸し暑い日が続いていますね。で、もうじき梅雨が明けるとカンカン照りの真夏がやってきます。
そんな日は…うなぎに限るとは思いませんか?? 今年の土用の丑の日は、7月26日。エレキレルの平賀源内さんがうなぎ屋さんのキャッチコピーとして、「土用の丑の日」を発案したといいますが、今日に至るまで引き継がれているのは、やっぱりうなぎにはパワーがあるのだと思います!

私もうなぎはほんっとに大好物でして、自分のベストが3つあります。

(1)「うな米」(四谷荒木町/車力通り)
  蒸しとあぶりが程よく、甘みのきいたタレの香ばしさが絶品!
(2)「つるや」(浅草雷門・仲店通り)
  とにかく子供の頃によく通った…想い出の味。想い出がおいしいというのかな。
(3)「染谷」(市川南行徳/今井橋近く)
  カジュアルもいいとこ、安くておいしい。

おすすめは「うな米」です!! が、ここは飛行機ブログ。(1)(2)は飛ばして、おそらくみなさん聞いたことがないであろう(3)「染谷」へまいりましょう。
まず「染谷」のある市川市は千葉県の端、東京都に面したところにあって、江戸川の流れに沿うように山側から東京湾まであるんですね。「染谷」はその市川市の最南端といいましょうか、「今井橋」という江戸川にかかる橋のたもとにあります。「南行徳」というのは、みなみぎょうとく、と読むのですが真隣にある浦安(ディズニーランドのあたり)と並んで、昔からアサリや海苔の漁業で栄えた街でした。昔といっても、ディズニーランドが建設中のわたしが子供の頃にもまだ、漁師さん達はたくさんいて、いまも漁師気質といいましょうか、「とうちゃん」と「かあちゃん」が闊歩する、ホッとする雰囲気があるのです。
この染谷もまた、その行徳ならではの大将が切り盛りしていて、海にやってきた気分にさせるのです。東京湾の河口付近とあって潮の匂いが情緒ある…、そしてその匂いにつられるように川の方へ向かうと、目の前には何隻かの船が並び、一気に空が広くなるのです。

この立地、土地勘のある方ならもうお分かりかもしれません。羽田空港を飛び立った飛行機が間近で見れる、うなぎ屋さんなのです。お安めです。ちなみに都内のよそのお店と比べると同じ料金でも1ランク分は安いと思います。
それからうな米では松竹梅のうち松からでないと肝吸いはつきません。うなぎといえば肝は欠かせないので、うな米ではぜひとも松をお勧めしたいのですが、この染谷の場合はどのうなぎを頼もうが、アサリ汁が出てくるんです。もう、これでもかってくらいアサリがザクザクはいったおみおつけなのですが、この「行徳は、なにがなんでもアサリだ!」といわんばかりの荒さがまたいいし、逆に、肝吸いを味わいたいときはいかない方がいいし。

ただ、海が近いといっても立地は住宅街。江戸川に出て空が開けたところで食べながら飛行機を見ることは出来ませんのであしからす。場所は、都営新宿線一之江駅と東京メトロ東西線南行徳駅の中間。もしかしたら江戸川区からアクセスしたほうが少し早いかな??

■染谷
千葉県市川市相之川1-26-1/047-357-2313(お昼のみの営業)

そして、もうひとつ忘れちゃいけないのが、成田山新勝寺。成田空港へ行くときのコースに、成田山を組み込んだら、ぜひうなぎを食べて帰りましょう。いえ、成田空港へ行かなくとも、さくらの山公園へ行ったならば、ぜひともうなぎは食べて帰ってください。
成田山界隈はうなぎのスポットでもあります。じつは千葉では成田や佐倉あたりでは、近くにある印旛沼や利根川でうなぎが穫れるため、成田山の参道がうなぎだらけになりました。
よく見ると、遊郭だったようなつくりのお店でもうなぎの暖簾を出していたりします。

おすすめは…、ベタですが「川豊」か「菊屋」ですね。川豊のうなぎはとてもおいしいと思う。店先で生きたうなぎをさばいていて、さも新鮮そうですし! それに香ばしさがたまらないですね…。
しか〜し、シーズンによってはめちゃくちゃ混んでるんですよ。参拝の吉日ともなれば、大行列。そんなら、2軒くらいとなりにある菊屋でいいじゃん、みたいな気分になります。菊屋もだいぶおいしいです。
わたしの好みは、蒸しが深くて柔らかいものよりも、そこそこの蒸しと強い香ばしさと身の脂加減なんですけれど、それでいて名古屋でもない、九州でもないぷっくらとした柔らかさのうなぎ。それだと、どっちかというと川豊に軍配かな、なんて思っています。でも、ゆっくり食べたい、という気分になって菊屋に行くこともしばしば。

川豊のホームページ
菊屋のホームページ

昨日、快気祝いに染谷へ行ったんですね。やっぱり、元気はうなぎから! 私も体調壊していましたが、父も入院後初の外食。この日のために食事を調整していました。車で行ったのですが、お店の前で母と叔父を降ろし、川のところに車を駐車して。父と一緒に車を降り…、わたしはそそくさとお店に入り、小上がりに。やがて、父がやってきました。
「たつこ…サンダルがないよう…」と、焦点が合ってるんだか合ってないんだか分かんないような目で、それも蚊の鳴くような声でいうんですね。近寄って足下見たら、片一方だけ裸足。「どこでなくしたの?」と聞いても本人分からずで、小上がりに上がるときに足下を見て気づいたみたい。私が不安になる前に、お店の人が「あらあら、足を拭かなきゃねぇ」と、幼い子供をあやすように言ってくれて、わたしはなんだかゲラゲラ笑うしかなくって、お店を出た。
そしたら100mほど先の、川沿いに停めた車の前にサンダルらしきものがひとつ転がっていた。どうしてこんなに長い距離、片足だけアスファルトを直に歩いているのに気づかないんだろうと考えたら、胸がつまってきた。
大きなサンダルを拾って、なんだか私の方がトボトボしちゃいながらお店に向かって歩いてたら、後ろからおおきな飛行機がやってきた。首を上に向けてちょっと勇ましくって、ブウォォン、ブウォォンと。いつも見上げる飛行機よりも大きくて、わたしの背中を撫でてくれた気がして少し元気が出た。
やっぱり、飛行機って凄いよなーー、と思う今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • Mattari
    • 2010年 7月16日 5:03am

    入道雲に飛行機雲が一筋流れる・・。
    仕事中にふと見上げた空にそんなシーンが展開されると
    ケロシンの匂いが恋しくなりますね。

    • 竜子
    • 2010年 7月16日 6:53am

    ■Mattariさん
    もうじき入道雲の季節ですね。
    空港へは行っていませんか??
    梅雨明けには例年以上の猛暑が続くそうです。
    お仕事頑張ってくださいね^^

    • SportsKite
    • 2010年 7月17日 4:50pm

    お父様思いのちょっとほろ苦いエピソードですね。
    僕の両親はとっくの昔に他界してしまったので、孝行したい時には、親はなしの状態です。
    精一杯の孝行をして差し上げてください。
    先週は僕の完全に体調を崩して、ダウンをしていました。自宅の上空を飛ぶ飛行機の音が、毎日やけに大きく聞こえました。

    • 竜子
    • 2010年 7月17日 11:01pm

    ■SportsKiteさん
    こんにちわ!
    温度差が激しいので、体調壊しやすいですよね…;;
    私は今日、おそらく相当古かったであろう生ドーナツというのを食べてしまい、朝から食あたりでたいへんでした(笑)。油断禁物です。
    Sportskiteさんも、早く本調子になったらいいですね! どうか、気をつけてくださいね。

  1. トラックバック 0