羽田空港で記者会見! そのお値段はいかに!?

こんにちわ!
羽田空港情報、ちょっとご無沙汰してしまいましたが、今日は羽田空港でこんなこともできる! を。
実は、羽田空港には「夏プラン」というのがあって、羽田空港で宴会ができたんですね…。しかも、東京23区内であればエアポートリムジンバスの送迎までついて、6,500円の飲み放題プラン。乾杯はスパークリングワインで、瓶ビールやウイスキー、ワイン、日本酒、焼酎の他、ソフトドリンクで、飛行機の見えるギャラクシーホールで2時間盛り上がり放題っ!!
バスの送迎がいらなければ、5,500円と6,500円でお料理の内容が選べちゃいますっ!
でもって、浴衣コンパニオンもオプションでつけることもできますよ〜。こちらは、1人つけるごとに21,000円! 30人で宴会をすることを考えれば、少なくても5人くらいは欲しいところですが…だとすると、まぁ、だいたい1人1万円くらいでの予算の宴会って感じですかねっ。以前、都内のホテルで盛大に行われた某社の忘年会に呼ばれて行ったときには、身長170cm以上という規定がありそうな何十人ものモデル風の女性が、紅白の美しいロングドレスを着て給仕していましたが、やっぱり、プロのコンパニオンが入ると、かなりテンション上がりますよねっ。CAさんたちとまたちょっと違って、夜メイクの、紅の濃い口紅があでやかなのですが、決して下品ではなくってですね…、場がわっと華やいでいて、なかなか良かったです。
羽田空港の夏プランの場合は「浴衣コンパニオン」って響きがどうにもこうにもチープな響きなのですが、しっとり美女が、涼しげに給仕してくれることでしょう! …ってか、ギャラクシーホールがキャバクラ状態だったとしたら、ホントへこみますわ…^^;

もちろん都内の会社の暑気払いで使うってのも、ひとつですが、たとえば、どっかの企業の人たちが地方へ研修へいく際に、あるいは地方の支社から東京本社での研修期間終了! みたいなタイミングで、打ち上げパーティなんかを羽田空港でするなんてのはどうでしょうかねっ。ギャラクシーホールの使用時間は21:30まで。17:00に仕事を終えて、18:00スタートの宴会へみんなでGO! でもってそこで2時間、飲めや歌えやの宴会をした後は、最終便で各地方へ帰っていくという算段。20:00終了なので、場所が限られてしまいますが…間に合うかなっ?? ま、飛行機なので飲みすぎには注意が必要です。
でもすみません、これは夏のプランでのお話。まだまだ暑い日は続いていますが、もうじき夏は終わっちゃいますよね。

さて。
こんな夏プランが出来ちゃうギャラクシーホールは、第1ターミナルにある施設なんですが…、展望デッキによく行かれる方ならご存知かもしれませんね。ターミナルビルの6階にある施設。左右ふたてに分かれる展望デッキのちょうど中央部分にあります。
この6階なんですが、実はギャラクシーホールの他にも、会議室「オリオン」「シリウス」とあって、「オリオン」の方は、ちょっとゆったりスペースの応接セットなんかがあったり、「シリウス」の方は記者会見会場などで使用されることもしばしば。どちらも目的によって価格は異なりますが(宴会・会議・展示会・宴会付きの会議、など)明瞭価格で誰でも利用することができます。

たとえば羽田空港でオフ会をしたいなぁ、なんて時はシリウスやオリオンを使うのも面白いかもしれませんね。
応接空間の「オリオン」はやや高めですが、それでも部屋だけであれば、2時間で5,250円〜(宴会/Aスペース)で利用できます。10人参加でひとり500円程度ですね。ただし大掛かりに何かをやるとなると、マイクやプロジェクター、ピアノの利用料は別途必要です。
が、こちらもオプションになるけれどもコンパニオンや余興の手配ができるので、ギャラクシーホールはシティホテルと同様のサービスを受けられる場所として考えた方が早いかもしれませんね。なので冒頭の夏プランのような使い方をしたい、という場合も応相談になっていますよ。

ちなみに、金屏風の貸し出しは5,250円。芸能人の晴れ舞台だとか、スポーツ選手の壮行会などで金屏風をよく見かけますよね。ま、芸能人がハネムーン前に記者会見、となるとたいてい成田空港での会見になったりするので、ここはちょっとズルをして、エミレーツ航空で羽田〜関西空港〜ドバイへハネムーンへ行く神田ぴの(仮)夫妻の、記者会見と想定してみましょうかっ。
この場合のお値段を算出してみましたっ。

神田ぴの夫妻は、一応人気のある芸能人なので、キャパシティは350名収容できるギャラクシーホールの、A+B+Cホール。この室料が2時間で126,000円。一応「会議」名目で部屋代をつけてみましたが、もしかしたら芸能人の記者会見は、あるいみ「展示会」になるかもしれません。この場合はグッと上がって630,000円になります。ですが、まぁ、展示会は不特定多数の大人数の人が集まる場なのに対して、記者会見はプレス向けの限られた人のみが集まる、ということで「会議」を適用しました。
でもって、先ほどの金屏風が5,250円。そしてステージが必要ですね…。ステージは2,100円です。
さらに、マイクが必要ですね。これはもしかしたら各テレビ局が用意するものかもしれませんが、ハネムーンへ向かう2人の分の2本のマイクを設置、それから司会者のマイクを1本、そして質問者側にまわすマイクを2本の計5本。これで10,500円になります。

以上でだいたい、

会場:126,000円
金屏風:5,250円
ステージ:2,100円
マイク:10,500円(5本)
—————————————-
合計:143,750円

で、この他テーブルに飾るお花や、司会者のお値段などがかかってきますね。これを各10万円ずつで20万円プラスして、その額343,750円! ただ…、芸能人の記者会見が「展示会」になるとしたら、648,750円。同様にお花代や司会者のお値段を合わせて848,750円!!
ま、わたしたちがここでそんなことをするはずもないので、高いか安いかはどっちでもいいのですが(笑)

さて。次回はまた別の羽田空港の利用方法について紹介したいと思います。
では〜!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0