航空ドキュメンタリー「最後の飛行」第12回 ハーレクイン8673便、東京レディオHF空域へ

[title_lastflight]

「260度から162ノット。凄い風が吹いていますね」
 三宅機長がINSのモニターを見ながら言った。
「(風速は)時速300キロメートルです」それから、丁度、コックピットに入室していたキャビンアテンダントに振り返って「ブラックね」とコーヒーのおかわりを頼む。
 今日は三宅機長のラストフライトを祝福するかのごとくホノルルまでのエンルート(航路上)にはさしたる天候の乱れも無く、天候に恵まれていた。
 副操縦士のダウニングがポジションレポートについて機長に報告した。
「ネクスト レポート イズ メイソン。ネクスト ポジション イズ マーレイ バット ソー ノウ リポート」
(次の位置報告はメイソンです。次のウエイポイントのマーレイ(MORAY、ウエイポイントNO11)の位置報告しなくていいようですから)
 三宅機長は頷いて窓の外に視線を移す。
 外は満天の星空である。三宅機長が星の想い出を語った。
「ホノルル線(日本エアシステムの定期便)を飛んでいるときに流星群に出会ったことがありますよ。飛んでいるあいだ中(星が)飛行機にぶっつかるのではないかと思いましたよ」
 そしてパイロットの醍醐味についても彼は語った。
   「何千、何万回と飛んでいても、そのひとつひとつのフライトが
    すべて違う。飛ぶごとに何かしら大自然の新しさに遭遇して感動する。
    例えば、空から見たオーロラとかね。それもパイロットという仕事の
    魅力のひとつかもしれませんね」
 キャビンでは食事や免税品の機内販売も一段落して、今夜一本目の機内映画が上映され始めた。
 今のように順調に飛行している場合、これから先は数時間後にホノルルへ下降を開始するまで操縦室では取り立ててする仕事は少ない。
 ウエイポイントを通過するときの位置報告、定期的な計器類のウォッチング、ときどき客室と連絡をとりあって機内の室温の調整などをするくらいだ。
 この時間クルーは交代に食事や飲物をとるなどリラックスした時間を過ごす。三宅機長も操縦をダウニングに任せて遅い夕食を済ませた。
 そのときひとりの少年が操縦室を見学に訪れた。
 その少年は夜間飛行時の照明を落としたコックピットの暗さにまず驚き、窓の外の星の輝きに目を奪われた。
「うわー。星がきれい!」鼻を窓ガラスにくっつけて無心に星を眺めている。
「北極星、わかるか。これが柄杓でしょう。あれが北極星…」
 将来はパイロットになりたいと目を輝かす少年に、三宅機長は星やコックピットの中の様子を、次世代に航空機を託すように熱心に説明していた。

 スピーカーからはHF交信が聞こえている。夜間飛行の照明を落とした薄暗い操縦室でHF交信を聴いていると、遠くから、とても遠くから電波に乗って飛んできた音の粒が、やっと飛行機に届いて、コックピットのスピーカーから、ポロポロとこぼれ落ちる感じがする。それはとても遠くで奏でる孤独な音楽を聴いているようだ。

—————–
★「最後の飛行」挿入22

※「▶」の再生ボタンをクリックすると航空サウンドが流れます

—————–

 管制官が航空機を呼び出すセルコールの音が響きカリカリという空電が混じる。飛行機がメイソンに近づいたのでこれから先は東京レディオの指定周波数がHFに変わるのだ。
ATCクリアランス。ダイナスティ018 メインティン マックポイント86 トウキョウ ゴーアヘッド
(中華航空18便へ。こちらは東京レディオです。管制承認をします。速度はマッハ0.86で飛行して下さい。どうぞ)
 東京レディオが台北発の東京羽田空港からホノルルへ向かう中華航空(コールサインはダイナスティ)18便への交信が傍受された。
メインティン マック…マックポイント86…ウィ アー…
(速度をマッハ…マッハ0.86…こちらは…)
 このダイナスティのB-747はハーレクイン8673のかなり先(東)を飛行しているので、遠い飛行機からの交信には空電が入ってよく聞き取れない。
 HF電波は電離層に跳ね返って遠距離まで届くが、磁気の状態が悪いと聞き取り憎くなる場合がある。三宅機長が「近い将来には衛星通信に変わるのでもっと聞きやすくなりますよ」と笑った。
トウキョウ ラジャ」(東京レディオ。了解しました)
 続いてダイナスティ18便のすぐあとをホノルルへ向かっているユナイテッド航空826便ジャンボが東京レディオを呼んだ。
トウキョウレディオ 。ユナイテッド826 オン 65…
(東京レディオへ。こちらはユナイテッド航空826便です。65(HF周波数6532Hzのこと)で交信しています)
ステーション コール イン トウキョウ セルコール サイン
(こちら東京レディオです。セルコールのサインを知らせて下さい)
ラジャ。ユナイテッド826」(はい。ユナイテッド航空826便)
ラジャ。スタンバイ セルコール チェック ユナイテッド826
(ユナイテッド航空826便へ。そのまま待機して下さい)
826 アー チャリー(C) パパ(P) デルタ(D) リマ(L) チャリー(C)… ナンバー197 ユニフォーム アルファ セルコール アルファ(A) シエラ(S) エコー(E) リマ(L)
(826便です。CPDLC…、197…UA。セルコールはASELです)
 ピー、ポーと音がしてセルコールチェックが終わった。
セルコールチェック オーケー サンキュウ
 セルコールとはHF周波数で管制が航空機を呼び出す信号でアルファベッドの4桁の記号がそれぞれ航空機独自に設定されている。
 電話番号の短縮登録のようなもので、管制がその航空機と交信したいときには無線送信機のアルファベットを送信すると航空機のコックピットの中の無線機が受信し、「チンチン」とまるで昔の路面電車のベルのような音を発してパイロットに管制が呼んでいることを伝える。
 このセルコールがない場合はパイロットは終始、無線を聞いていなければならず、その労力がセルコールによって省けるのだ。
 ユナイテッド航空のセルコールサインはアルファベットのA(アルファ)S(シェラ)E(エコー)L(リマ)である。

—————–
★「最後の飛行」挿入23

※「▶」の再生ボタンをクリックすると航空サウンドが流れます

—————–

 今度はハーレクイン8673が位置報告のために東京レディオを呼んだ。
トウキョウ ハーレクイン8673 イズ ポジション メイソン 1107 フライトレベル330 エスティメイテング アー 33ノース160イースト アット 1155 フォーロイング トゥ FIR 320/65ノース 165イースト テンパラチャー イズ マイナス41 ウィンド 260ダイゴナル170 セルコール イズ ジュリエット(J) パパ(P) デルタ(D) ケベック(Q) コーアヘッド
(東京レディオへ。こちらはハーレクイン8673便です。メイソンを通過しました。通過時刻は11時07分(標準時間)でこれから次の通過点、北緯33度、東経160へ向います。通過時間は11時55分の予定です。その次はFIR、北緯32度6、5分、東経165度に向います。現在の外気温はマイナス41度。風は260度方向から170ノット吹いています。セルコールはJPDQです。どうぞ)
 操縦室の無線機がチンチンと音を発して受信を知らせる。
 それを確認して三宅機長は飛行高度を37000フィートに上げる旨、管制にリクエストする指示をした。
OK。370」(OK。高度を37000フィートに)
 ダウニングはすぐ機長の要求を管制に伝える。
ハーレクイン8673 セルコール チェック イズ オーケー。リクエステング イズ フライトレベル 370
(ハーレクイン8673便です。セルコールチェックはOKです。高度37000フィートへ上昇したいのですが?)
ハーレクイン8673 スタンバイ」(ハーレクイン8673。待機願います)
 レーダーでコントロールをしていないこの洋上空域では、管制が航空路を調整する間、暫く待機させられる。
 再びセルコールが鳴って東京レディオがハーレクイン機を呼んでいることを知らせる。
ハーレクイン8673 アイ レシーブド セルコール
(こちらハーレクイン8673です。セルコール受信しました)
ATCクリアランス ハーレクイン8673 クライム メインテイン 370 リポート リーチイング オーバー
(ハーレクイン8673へ。管制は高度37000フィートへ上昇する承認をしました。37000フィートへ到達したら報告して下さい。以上)
ラジャ。ATCクリアランス ハーレクイン8673 クライム トゥ メインテイン フライトレベル 370 リポート リーチング」とダウニングが復誦して、
ウィ アー リービング フライトレベル 330 トゥ 370 ハーレクイン8673」(これから高度33000フィートを離脱し高度37000フィートへ上昇を開始します。ハーレクイン8673)とコールバックして交信を終えた。
 ハーレクイン8673便は洋上通過点、メイソンからOTR(Ocean Traffic Ruet)ルートのトラック12には入り一路、ホノルルヘ向かうのだ。

つづく

武田一男

航空ドキュメンタリー「最後の飛行」
解説 桃田素晶/録音 武田一男 ©Director’s House

【著作について】「最後の飛行」収録している音声、音源は武田一男、及びディレクターズハウスが著作権を保有しています。商用、非商用に関わらず無断転載、複製の一切を禁止いたします。詳細については当ブログ管理人までお問い合わせください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
[ad_lastflight]

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0