福岡空港をミニレポート

こんにちわ。

今週はゴールデンウィークならぬ、秋のシルバーウィーク。みなさんはどのようにお過ごしですか??
せっかくたくさんのクリックをいただいた中で恐縮ですが、わたしは九州旅行へ行ってまいりました。旅行といっても、親戚の結婚式をかねて。

しかしアレですね…。いざ搭乗者となると、時間が心配だったり「あれもこれも普段見てるし!」な〜んて思って、まわりを見渡しませんね…。復路も最終便だったので、羽田に到着した頃には、真っ暗! カレー屋さんしか空いていません。結局羽田空港ではなんの情報も仕入れてきませんでした。
けれど、やっぱりシルバーウィークとあって、行きも帰りもほぼ満席でした! いずれもJクラスシートはかなり早い段階で満席でしたし、福岡・大分の旅程だったので、いっそのこと北九州空港ルートも!? なんて思いましたが、結局は福岡空港に。
そうそう、旧レインボー・セブンにあたりました。レインボー・セブンといえば、「機長席」でもおなじみの、アノ機材です!! 実は今回、出発日の未明まで時間に追われていたものですから、なんの下調べもせず、記憶だけで「そうそう、777も乗るんだった」なんて思っていたので、中に入ってビックリでした。旧レインボー・セブンですが、エコノミーが2-5-2の配列、中のシートの布地が違います。

なんだかゴールデンだのシルバーだの、レインボーだのと、言葉だけはにぎやかですが、あまり羽田空港をレポートしてこなかったので、今日は福岡空港をチラッと紹介してみようと思います。

福岡空港は、1944年(昭和19年)の2月に席田(むろしだ)飛行場として建設がはじまりました。太平洋戦争の戦時下とあって、必要に迫られ急いで造ったことと思いますが、翌年の5月には滑走路が完成するものの、1945年の終戦を経て、10月に米軍に接収されました。それからは板付基地として米軍によって運用されることに。1951年(昭和26年)の10月、日本航空が東京〜大阪〜福岡を結ぶことで、日本の航空会社が戦後初めて航路をつくったのですが、これはちょうど、日本航空の歴史の起源でもありますよね。
わたしには「福岡空港」の名前のほうが親しみがありますが、なんと返還されたのは1972年(昭和47年)。「米軍板付基地」という名前の方にあかるい方も多いのかもしれませんね。
ちなみに福岡空港の年間発着回数は国内・国際線合わせて14万回。羽田空港で28万5千回、成田空港で19万回、福岡空港はこれに次ぐ日本第3位の発着回数を誇ります。

今回はちょっと離れたところからのタクシー移動だったのですが、市内の繁華街からも近いので2000円くらいで空港に着くのではないでしょうか? 以前訪れた時は、確か天神あたりから1500〜1700円くらいだったと思います(不確かです)。けれど、関東の初乗り料金に比べお安め、初乗りは500円とか530円くらい〜です。地下鉄でも数駅。

さてさて。
1階でチェックインを済ませたら、エアプレーンギャラリーなんかも要チェックです^^
福岡空港を結んでいる都市の、催事スペースにもなっていました。この日は韓国の展示がされていました。
福岡空港

たまさかですが、なんと空の日写真展が開催中でした。この空の日写真展は、
JAPC(JAPAN AIRnet PHOTO CLUB)と福岡空港ビルディング株式会社の主催による写真展で、2010年9月1日〜29日(水)まで開催されています。ご興味のあるかたは、門を叩いてみてはいかがでしょうか?
JAPC福岡空港写真展

出展作品がけっこう多いんですよ!! 写真展のポスターには趣味の写真とありましたが、これが本当に素晴らしい迫力。ルーク・オザワさんやチャーリィ・古庄さんの特別出展がありました。さらにはブログ村でおなじみのお名前も拝見し、感嘆のひとときを過ごしました。
JAPC福岡空港写真展

知らない子どもですが、見入ってました。飛行機好きになればいいなぁ〜。
JAPC福岡空港写真展

2階へ移動すると、ここにも会場が…。
JAPC福岡空港写真展

こちらは福岡空港長賞です。「また来るね」という題目で、この姉妹とおぼしきふたりの正面には笑顔で手を振る女性の姿が。どういうシチュエーションなんでしょうね。色々と想像が膨らみます。
福岡空港写真展

さて、2階は出発ロビーになるのですが、その前にお土産を調達しなくては。ショッピング・エリア「そらもーる」へどうぞ。
福岡空港そらもーる

ん〜。悩みます。明太子はネットで買えばいいしなぁ…。と、ぼぅ〜っとしながらこんなものを見つけました。白いたいやきならぬ、白いどら焼き。「白いたいやき」はちょとしたブームになりましたが、その二番煎じのわりにおいしかったので、これに決めました。
「白いたいやき」は、生地がタピオカ粉で出来ていて、暖かくても冷やしても、モッチモチの食感が好評でした。この「白いどら焼き」はそのまんまの食感です。けど、中に入っている餡が、けっこうおいしかったですよ。キャラメル味とチョコラキャラメル味の2種類を味見しましたが、お勧めは断然チョコキャラメル味です。
3つ入りで450円でしたが、たぶん、1個130円くらいかな…。すみません、記憶が曖昧です。
福岡空港の白いたいやき

福岡の「キャラメランジュ」というお店だそうです。キャラメル専門店のつくる、どら焼きの味をご賞味あれ〜。
お店のページ:キャラメル菓子屋 キャラメランジュ
福岡空港キャラメランジュ

お土産も買ったことだし…、と保安検査場へ向かうと、あったあった、スターバックス。キャラメランジュで、機内用のお菓子を買ったので、ラッテでのどを潤しながら、羽田空港へ向かうことにしましょう。いったん、保安検査場の出入り口はスルーしちゃいます。
福岡空港スターバックス

スタバを出たら保安検査場へ。2階のフロアは、そらもーる・保安検査場・スターバックス、という感じで並んでいます。
福岡空港

さて。
明日はいよいよ「最後の飛行」最終日となります。
ホノルルに到着する三宅機長に、お花よりも大きくて素敵なプレゼントが待ち構えています。
15回に渡る連載のエンディング。どんなラストになるのか、楽しみにしていてくださいね^^

それと、先週よりランキングクリックにご協力くださったみなさま。どうもありがとうございます。
明日の最終回、拍手に代えて、盛大なクリックをいただけると、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0