羽田空港新国際線ターミナルのレポート(1)

羽田空港新国際線ターミナル

こんにちわ。竜子です。
少し遅くなってしまいましたが、羽田空港新国際線ターミナルのレポートを2〜3回に分けてお届けしようと思います。
途中、他の話題が入ると思いますが、おつき合いください。
まずは1回目の今日は概況から。

さて、今回の新国際線ターミナルの目玉は、なんといってもその抜群なアクセスにあるのではないでしょうか。
わりと近いと評判の高い香港国際空港で23分ですが、羽田空港は浜松町からのモノレールでそれを上回る17分。さらに品川からの京急で13分です。ただ、リムジンバスの場合は都内渋滞のために、時間によっては2時間なんてこともありますが?! しかし、この電車での早さは世界でもトップレベルですね。

モノレール、京急、いずれもターミナルに直接乗り入れています。
こっちが京急。
羽田空港新国際線ターミナル

モノレールはこんな距離で降りれちゃうわけでして…、ゆったら品川駅の山手線から東海道線へ乗り換える、みたいな感覚で同じ構内にあるような感じです(分かりにくい?!)。
羽田空港新国際線ターミナル

ここが噂の江戸を再現した街。4階にあります。
思いのほか小さいところでしたが、テーマを儲けるというのは面白いですね。
規模としてはセントレア空港のショッピングエリアほどで、やや密度を高くさせたほどでしょうか。お店がところ狭しと並んでいるあたりが、江戸情緒なのかもしれませんね(江戸の町並みを見たことはありませんが…)。
羽田空港新国際線ターミナル

ここは、歌舞伎なんかの演芸座を模した感じです。
羽田空港新国際線ターミナル

テレビでもよく見かけるかもしれません。この大鳥居はイベントスペースになっていて、これからどんなイベントが開催されるのかが楽しみですね。
羽田空港新国際線ターミナル

この鳥居の上には、ポップカルチャーのエリア、そして展望デッキへと繋がるホールになっています。
ここがその展望デッキに繋がるホール。
広々としていて開放的。私が気に入ったエリアです。
羽田空港新国際線ターミナル

このホールから、江戸町を眺めるとこんな感じです。置くにはカウンターが並ぶ出発ロビーです。
こうして見ると意外なことに、現代的な白鉄骨建築でも江戸の町並みがけっこう調和していますよね。
羽田空港新国際線ターミナル

そうそう。忘れちゃいけません。出発ロビーは、なぜか青白いのです。
ちなみに、出発ロビーのカウンターはA〜Jまで。
羽田空港新国際線ターミナル

さて、江戸の町並みもいいのですが、わたしが「面白いな」と思ったエリアは、むしろこっちの方です。プラネタリウムがあるのもこの5階フロアになります。こちらのテーマは「TOKYO POP TOWN」。外国の人に人気のアニメなどのキャラクターショップ屋さんなどが入っています。
ここにそびえるのは、なんとスワロフスキーで輝くガンダム!
これはサンプルですが、他にもこうしたアニメキャラのギラギラデコレーションシリーズが並び、面白いなぁ、と思った次第です。中国人の富豪が買うのかなぁ。それとも、パリス・ヒルトンみたいなセレブかな? ともかく値段は高かったです。写真はいちばん凝っているものでサンプル商品(非売品)です。
羽田空港新国際線ターミナル

他にも、おもちゃ屋さんの老舗、博品館が入っています。
ところで「博品館」といえば、銀座の最果て(というか、銀座のメインストリート・銀座中央通りの末端。ほぼ新橋)にあるおもちゃ屋さんとして有名。思いっきり「よそゆき着」で出かけた日曜日のお買い物では、行きたくてもなかなか行かせてもらえなかった、ある意味憧れの場所でもありました。高校生の頃には「たまごっち」を探しにいろんなお店を探し歩いたものですが、博品館もそのひとつ。
たとえば、ファイナルファンタジーみたいな人気ゲームソフトの発売だとか、そのたまごっちだとか、はたまたクリスマスプレゼントとか。何かにつけ博品館での行列がテレビではよく見かける映像だったのですが、いまは大手家電ショップなどにその映像が取って代わられ、いまいち「博品館は話題的に旬が去ってしまったのかなぁ」なんて思っていましたが、ここに健在の姿を見た気がしました。
前情報で知ってはいたのですが、こういうのを実際やるなんて! ワクワクさせてくれますねぇ。
こちらが、その博品館なのですが、スロットカーサーキットが設営されています。
1プレイ、200円です。自分の好きな車を選んで、でプレイしてみてください。くねくねしたコースは全長47メートルありますが、ものすごいスピード感です。もちろん、見物は無料。
羽田空港新国際線ターミナル
羽田空港新国際線ターミナル

このフロアにある展望デッキの眺めは最高のパノラマビューでした。正面には華やかな国内線ターミナルとタクシーウェイが。昼の晴れ間にはどんな景色が広がるのでしょうかね。条件が合えば、きっと富士山も見えることでしょう!
羽田空港新国際線ターミナル

しかし、第2ターミナルの増床部のデッキがワイヤーになったのに対し、こちらは金網です。
金網の「穴」も結構中途半端な場所にありました…。
なんか…、高さの違う2ヶ所の穴があるんですが、上の方の穴はどう考えても、土台を乗らないと届かないだろう! って場所なんですね。おそらく、2m以上の高さかと。これってのは、乗り出すのはマナー違反かとは思うのですが、それをしてもいいということなのでしょうかね。疑問が残ります。

オープンの日、到着したのは夜。小雨が降る中でしたがたくさんの人で賑わっていました。
この日は釜山、仁川、金浦、北京、上海、香港、そしてホノルル、と到着が17本、出発は18本。JALもANAも往復それぞれ5本ずつで初日を迎えました。
羽田空港新国際線ターミナル

もしかしたら…、まだ係員さんが不慣れなのかな? 出発検査場は、時間によってはこんな感じで混み合っています。
羽田空港新国際線ターミナル

子ども達があそんでいました。
リュックを背負って、どこへ行くのでしょう。ととえも楽しそうにはしゃいでました。
彼女たちにとっての海外への玄関は、この羽田空港になるのでしょうかね…。
羽田空港新国際線ターミナル

つづく

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • B777
    • 2010年 10月28日 1:23pm

    アシアナ航空が写っている写真を見てると 国際空港の雰囲気が 十分に醸し出されています。空港の夜景って旅情ムード タップリで くすぐられます。
    気になるのは スワロフスキーのガンダム。。。
    う〜ん…やっぱり ガンダムは カッコよくないと(+o+)・・・

    • 竜子
    • 2010年 10月29日 1:20am

    ■B777さん
    夜の空港はとてもきれいですよね。
    青、黄、赤、白と、いろんな色の光がたなびいて、星空のようでもあります。
    ガンダム…ダメでしたか^^;
    股関節までスワロフスキーがちりばめられて、起動に乏しいガンダムです(笑)

  1. トラックバック 0