年末年始の公開作品発表と…。

こんにちわっ!

本格的な年の瀬、いかがお過ごしですか??
わたしはというと、この数日はほぼ毎晩旧知の仲の友人たちと、今年最後の「会い納め」をしました。
12月は交際費がバンバン飛びますね〜。おまけに「今年の自分のご褒美」と、都合のいい言い訳をしながら、ついついお財布のひもが緩んでしまいます。
六本木ヒルズにあるTSUTAYAは朝の4時まで営業しているのですが、ここにはスタバもあるし、なにせ本のセレクトがなかなかでして、あっという間に時間が経ってしまいます。いつもは人と飲み明かした後(…といっても私は一滴のアルコールすら受け付けない下戸なのですが)、ちょいと帰り道用のカフェラッテを買うついでに、このTSUTAYAで想定外の時間を過ごしてしまうのですが、羽田空港のブックスフジ以上の「お買い上げ〜♪」をしてしまいます。

毎年、どれくらいの本をここで買っているのかは定かではないのですが、手に取ってみて「あ、これは面白そうだな」と思わせる本というのは、わりと出版社が偏ってたりします。一般的に有名ではないはずの小規模な経営の出版社だったりするのですが(もちろん、そのスジの中では有名だったりするのでしょうが…)、手に取ると、「あ、ここだったのか」「また、ここか!」ということがしばしば。もちろん、人それぞれの趣向の問題なのですが、わたしは「こんな本よく作ったなぁ〜」(テーマがニッチで想定ターゲットが狭い=度胸あるな!)とか、「よくここまで作り込んだなぁ〜」とか、読者へのサービス精神に富んだ、マスに媚びない毅然とした本が好きです。

以前、ソフトバンクの孫正義さんが、ジャーナリストの田原総一朗さんとの対談で、「出版社は印刷業に徹してしまっている」と言っていました。最近ささやかれている電子書籍などの問題で、(既得権益にしがみつき)新しいことを受け入れない体質をなじった発言です。正直、孫さんって…やってることは凄いのだけれど、なんだか裸の王様(大将?!)のような気がして、わたしはあまり好きではないのですが、いち読者として「なるほど〜!」なんて思っちゃいました。

けれど、在庫リスクも高ければ、特殊なシステムの流通やら印刷コストやらで、事業としての利益率が他業種に比べて低いので、せめて刊行物1点ごとのリスクは減らしたい、という思惑もよく分かるのだけれど、タイトル負けした本やら、有名人を使った短絡的な本やら、コバンザメ商法的な本(2匹目のどじょうを狙う)で溢れかえった書店の書棚を見るにつけ、「本当に面白い本はどこにいっちゃってるのかなぁ?」と、探す意欲すら削がれてしまうのです。

そういう意味では、このブログは商用のものではないし、金銭的な利益を目的とするものではないし、いわゆる趣味の、なんのしがらみもない場所なので、垣根のない事も試せちゃうんですね〜〜。
それが、「機長席」をはじめとした一連の「コックピット・ドキュメンタリー」シリーズだったりするわけですが。

そだそだ。iPhoneアプリとして発売された「機長席」!
このアプリの製作について、私が関係しているように思われている方がいらしたようなのですが、これは著作者である武田一男さんと、エキサイト株式会社さんとのものです。つまり、ブログでの「機長席」と、iPhoneアプリでの「機長席」は別物、と考えていただきたいのです。

どういったらいいか、イマイチ説明が悪いかもですが、「機長席」という作品が、何の媒体で発表されるかの違いです。
「媒体」とは媒介させるもの=伝達手段です。例えば「広告」を掲載する際に、ひとつの商品の紹介を「テレビコマーシャル」として出すのか、「新聞広告」で出すのか、「雑誌広告」で出すのか、「Web」で出すのか。
「テレビコマーシャル」>「新聞広告」>「雑誌広告」>「Web」といったように、広告料金が違うのと同じようなものではないかと、私は考えています。

「機長席」という作品が、もしCD-ROM付の書籍として刊行されれば、おそらく2,400円〜3,000円くらいの商品になると思います。思います、っていうか、経験上、その範囲での価格になるはずです。
書籍に比べ、印刷コスト(原材料費)がないものの、流通コストと製作対価の結果、iPhoneアプリでは、1,200円です。

一方、このブログは竜子の趣味のようなものです。目くそ鼻くそみたいな記事の日が続いてますが、そんなブログでも「これ、本になるじゃん!」って記事を提供くださる方がいて、そういう方々のおかげで、今日もブログを続けていられるのです。お小遣いでブログとサーバを借りて、ときおりソフトを購入したりなんかして…。わたしは好きでやっているの、価値のない目くそ鼻くそ記事なんか書いちゃいますが、私以外の「本になりそうな」記事や、すでに商品として販売されている音源なんかも、竜子からギャラを支払ったことはありません。

わたしは美人でお色気ムンムンで誘惑して、協力してもらってます。

っていうのは、自分でついて悲しくなるほど、真っ赤なうそ!! で、(みなさんご想像の通り?!)お色気なんかへこたれるほど皆無で、自分でもげんなりするほど人徳もない、マナーもなってないのに、協力してもらっています。
たぶん、協力いただいている方々のこれは…。ひとえに、まだお会いしたことのない、このブログの読者のみなさんに向けた好意なのではないかと、察しています。「機長席」に限らず、当ブログでのそれぞれの作品の発表は、善意と好意のなにものでもありません。

だから、ブログで発表された「機長席」に満足されている方は、iPhoneアプリのほうを買う必要はありません。って、これ、私が言っちゃまずいか? けど、べつに買わなくって良いと思います。この場で楽しんでいただくのが、このブログで発表する目的ですので(でも、こういう力のある作品がいろんな媒体で紹介されること自体、全力で応援したいので、宣伝はします!)。けれど、このブログでの「機長席」とiPhoneアプリとしての「機長席」が、全く別のものだということは、このブログの読者の皆さんには知っていただきたいのです。
本来あるべき姿の「商品となった作品」が「好意の品」と比べられちゃうのが、私、心苦しいというか、武田さんやエキサイトさんに申し訳なく思うし、そのことでブログでの発表が本来の作品のあるべき姿を傷つけないようにしたいんです。

長くなりましたが、もうひとつだけ。以前、書籍で「機長席」というタイトルの本が刊行されましたが、このブログで発表した「機長席」は、この書籍の焼き直しではありません。ブログで掲載する前に、武田一男さんより「書籍未収録の音源があるので、それを発表するのはいかがですか?」と打診がありました。書籍のほうには、このブログで掲載した羽田〜新千歳間の音源はCD-ROMに収録されていないはずです。また、羽田〜新千歳間の文章解説も書籍にあることはありますが、書籍では触れられなかった、詳細にわたっての交信の内容が、ブログ用に新たに(大幅に)書き起こされています。

あーーーー。まずい! もう、朝だ!
長々と、ほんっとすみません。気づいたら文字だらけ!
最後に、年末年始の企画について、ちょっと発表させてください。
大型企画なんです(><

まず!
「B-747コックピット ヨーロッパ飛行」と題して、武田一男さん収録の音源を、桃田素晶さんの解説で連載を始めたいと思います! 桃田素晶さん。これまで武田一男さんと共著のかたちで、解説に参加くださっていましたが、今回は、桃田素晶さん単独での文章解説になります。
これは最初に、プロローグとして今晩、解禁いたします。
さらに大晦日となる明日。この「B-747コックピット ヨーロッパ飛行」の本編としまして第2回を公開。以降、月曜日を定期配信の日とさせていただきたいと思っております。

それから、年始!
元JAL客室乗務員である、風天マンさんの「ハチャメチャ乗務員の飛行日誌」を連載でお届けしたいと思います。
これまで、客室乗務員の方のコラムがなかったので、期待値も高いですね〜。初の試みとなるので、みなさんの感想・風天マンさんへメッセージなどを、ドシドシお寄せください!
日にちについては明確にいえませんが、すでに原稿が上がってきていますので、もろもろ私の準備が整い次第お届けしたいと思います!(急がなきゃ…!)

さらに!
映画「ノルウェーの森」の公開で村上春樹さんの原作も再ヒットとなっているところですが、JAL JET STREAM「ノルウェーの森」をお届けしたいと思います。
ここのところ、JAL JET STREAMの中で、最もダウンロードが多い作品ですが、今回ブログで公開させていただくことになりました。発表日はまたあらためてアナウンスいたします!

それから、それから!!! まだまだありますよー。
あれもいいたいっ! これもいいたいっ!
けれど、今日はもう長すぎだろ! ってなっちゃったので、また今度!
寝てないけれど、これからお墓参りに栃木へ行ってきます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • SportsKite
    • 2010年 12月30日 8:56am

    おはようございます。
    新しい企画が楽しみですねる
    以前出張で搭乗した成田ーヒースロー便のコクピットに招待をされたことがありました。
    シベリア上空での雄大なアムール川の眺めがわすれられません。
    運行体制がトリプルキャプテンという豪華版でしたが、PICが絶えず航路が正しいかどうか、計器の表示とは別にマニュアルで計算をして確かめていたのが印象的でした。シベリア上空は、航路が狭くて気を遣うとか。

    • 竜子
    • 2010年 12月31日 9:52am

    ■SportsKiteさん
    こんにちは。
    コックピットへの招待、素晴らしいですね!
    しかも、トリプルキャプテンとは…。
    アムール川。どんな姿なのでしょうね。
    わたしも見てみたいな。

  1. トラックバック 0