羽田空港、第1ターミナル展望デッキが鉄柵からワイヤーに変更!

こんにちわ!
竜子です。

B747-400の退役、Airmanさんのところでその勇姿をご覧になられた方も多いと思いますが、先日、いよいよ羽田便の全てがなくなってしまいました。
残すところは、
2月28日:JL3095:成田→那覇(19:25発)
2月28日:JL76:成田→ハワイ(19:45発)
3月1日:JL3098:那覇→成田(13:15着)
3月1日:JL75:ハワイ→成田(13:25着)

となりました。
ホノルルの便の後継機材は230人前後の仕様の767となるそうです。
ジャンボの思い出といっても、これといった思い出がないほどごくごく当たり前に存在していた機材でした。もちろん、空港に佇む威風堂々とした姿は記憶に残っていますが、初めてのジャンボ、とか、そういう記憶がないところが残念なところです。現在残っているANAの-400Dも、いよいよかな、って思うと悲しいです!

このブログでもB747ジャンボを惜しむべく、航空ドキュメンタリー「B747コックピット ヨーロッパ飛行」を公開していますが、このジャケットで使わせていただいた写真は「ちょっと昔の飛行機写真館」のharuhikonさんから提供いただいたもので、このサイトでは2009年に退役したクラシックジャンボなど在りし日のジャンボの姿を見ることが出来ます。カラーリングを見るだけでも「なつかしい」だけではすまない、なんだか感傷的になっちゃう写真の数々です。

さて。久しぶりの「羽田空港情報」をお届けいたします。
昨年は新国際線ターミナルのオープンに先駆けて、第2ターミナルのリニューアル増床に沸いた第2ターミナルでしたね。これまでの白と青の寒色系でまとめられた第2ターミナルでしたが、リニューアルに伴い、木目調の風合いでシックな雰囲気の装いに変わり、より一層ANAのビジネスエリートモード全開?! になっていました。また、外の景色も取り入れて開放的になっていましたね。

それにひきかえ第1ターミナルといえば、華やかな新国際線ターミナル、この第2ターミナルに比べると、JALの破綻に伴うイメージがつきまとい、第2ターミナルから第1ターミナルを往来すると、客足すら少ないような…錆びれて寂れた、寂れて錆びれた雰囲気ムンムンのターミナルのようでもありました。
…いまだからいうけど(笑)。
ま、第2ターミナルの増床などの内装的なものは置いといても、飛行機ファンにとっては、展望デッキの徹柵がワイヤー仕立てになったのは、機能的にも嬉しいニュースでしたよね。

で、ですね!!
そんな取り残されちゃった感のある羽田空港第1ターミナルでしたが、いよいよリニューアル工事が着工しました!! 羽田空港が以前発表した3年計画のうちの、第2段階部分ですね!
もう、2月3日から始まっていますが、なんと最速の24時間工事で9月末日には工期終了とのこと。まぁ、予定ですのでリニューアルオープン日はまだ決定ではありません。

このリニューアルでは目立った増床はなさそうですが、出発ロビーやゲートラウンジ、コンコースなどの内装工事が行われる予定で、おそらくは第1ターミナルのシックな雰囲気を踏襲し、雰囲気の格差が縮まりそうな感じです。現時点で分かっていることは、同じような濃いめの茶色とベージュの配色になることと、トップライト部分を増設して採光やライティングも変わりそうな感じですね。

そして、我々にとっての目玉といえば、やはり展望デッキのリニューアルですね!!!
展望デッキは、見晴らしは第1、第2とも一長一短あったけれども、さすがに雰囲気ではもともと第1ターミナルの方が劣っていたように思います。階段がやたら多くてデートスポットだったら、第1ターミナルではなくって第2を選ぶよなぁ…とかいうレベルですが(^^;
で、この第1ターミナルの展望デッキ。リニューアルによって床と壁が見直されるのはもちろんのこと、フェンスが鉄柵からワイヤー仕立てになる予定です!!!(パチパチパチ〜〜!)

どの程度の改修・リニューアルかは予想は出来ませんが、予算規模では70億円相当のもの。ちなみに、第2ターミナルの予算規模では190億円でした。ただ、増床に伴う新築工事も含まれていますからね、第2の方は。

24時間工事。最速で9月! ターミナルを運用しながらの工事なので、いろいろと大変だとは思いますが、期待しています!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. とうとう残り4日となってしまいましたね。。。
    ブログの紹介、ありがとうございました。
    残りの4日間、今まで本当に憧れ、お世話になったJALの
    ジャンボの写真を出来る限り掲載していきたいと思います。
    3月1日ももちろん!?会社を休んで成田に出かけ、最後の雄姿を撮影したいと思います。

    ところで、最後のJALの国際線JL75は¥"3月1日¥"の13時25分着の予定だったような。。。
    国内線の最後のジャンボと国際線の最後のジャンボが10分間隔で最後の成田ランディングを見せてくれると思います。

  2. こんばんは。

    羽田の展望デッキ、T2-South といい新 T1 といいヒコーキ好きには嬉しい改修ですね。

    以前 チャーリィ古庄氏、ルーク・オザワ氏、伊藤久巳氏が中心となってスタートした「日本のデッキを変えるプロジェクト」(http://www.charlies.co.jp/project.html)に参加した甲斐があったなと嬉しく思っています。

    でも一方でちょっと悲しいことが…。
    羽田の T2-South ですがワイヤーになって充分撮りやすくなったにもかかわらず、そのワイヤーが上下に押し広げられている箇所がそこかしこに出来ています。おそらく大口径レンズを振るために一部の心ない航空機ファンが行った仕業だと思います。
    悪く言えば器物損壊罪、そうでなくても日本空港ビルデングさんが折角やってくれたご厚意に反するものだと感じます。

    セントレアや羽田だけでなく全国の空港で飛行機を見物しやすい展望デッキが広まるように、私たち航空機ファンもマナーを守って節度をもたないといけませんよね。

    P.S.ブログの紹介ありがとうございます。m(__)m

    • 竜子
    • 2011年 2月27日 1:22am

    ■Airmanさん
    こんにちは! 出かけていて返信が遅くなりすみませんっ!!
    3月1日なんですね! 確か、JALの方の案内にはなかったのですが、近ツリのチャーター便か何かでしょうかねっ。
    どうもありがとうございました。修正しておきますね。
    撮影、楽しんできてください〜!
    ■haruhikonさん
    こんにちは! 返信が遅くなりました!
    「日本のデッキを変えるプロジェクト」、どなたかの紹介ブログで知りましたが、私は参加するには至りませんでした…。
    ワイヤーの件ですが、私が見かけたのは親が子供をあそこに立たせて、子供がワイヤーを握りしめている姿でした。ワイヤーが壊れるのもそうですが、単純に危ない、ですよね。事故でもあったらデッキが封鎖されちゃいます。
    それから。撮影マナーが悪いというのもあるかと思いますが、一部の人たちによって、「日本のデッキを変えるプロジェクト」の意義自体が疑われる結果になってしまうのは悲しいこと。同好同士で気配りをしたいですね。

  1. トラックバック 0