第21回 パイロットの間で噂になったT機長のケース

[title_futenman]

入社5年目にスチュワードから昇格試験に合格し、アシスタント・パーサーになり、5種類の機材にも慣熟し、国際線の主要路線も乗務して仕事にも慣れてきました。そうなると、それまでは自分の乗務の仕事だけに集中していたのが、周囲の仲間の言動にも注意がいくようになりました。
特に、日頃から偉そうな態度で我々乗務員に接している機長の数名にはカチンと頭に来ることもありました。

その最初が、DC-10機材の悪名高いT機長でした。

クアラルンプールの1泊便の帰りに、初めて私はその機長と一緒になったのです。
宿泊先のホテルから専用のクルーバスに全員が乗り込んで、副操縦士と航空機関士は機長を玄関先で待っていました。所定の出発時刻を5分過ぎた頃、その機長が現れました。そして、なにやら副操縦士に言っているのを私は車内から眺めていたのです。直ぐに副操縦士がバスに乗り込んできて「全員降りてくれ」と言ったのです。我々は何事だろうかと思いつつ、一旦バスから降りたのでした。そして、全員でT機長に挨拶をしたのですが、彼は不機嫌な顔で無言でバスに乗り込んだのでした。
私は副操縦士に、「どうしたのですか?」と尋ねると、彼はT機長が最初に乗るようになってるからと答えたのです。
どういう意味かわからなかったので、再度それを聞いたところ、T機長の場合の慣例だと答えたのでした。納得がいかなかったのですが、時間は過ぎているので、そのままバスに乗り込み、パーサーに「どういうことですか?」と問いかけたのです。彼は小さな声で「君は知らなかったのか? 今日のT機長は最初にバスに乗って最初にバスから降りないと気がすまないので、有名だ。飛行機に乗る時もな」と教えてくれたのでした。

だったら、遅れて来ないで早目に来て乗ればいいじゃないか、何もそのために先に乗ってる我々全員を降ろす必要はないじゃないか、それにコチラは挨拶をしたのに、挨拶も返さずに失礼だと思ったのでした。しかし、仕事前に文句を言って、感情を害されると操縦にも影響が出るとマズイので、そのままにしたのです。
機内での打ち合わせの際も、傲慢な言動が気になっていました。食事の時も、彼の肉の焼き方が悪いから、お客さん用の肉を焼き直して来いとか我がまま放題で、操縦席を担当したスチュワーデスも愚痴っていました。

私と同様、初めてT機長と会ったスチュワーデスは「噂には聞いていたけど、本当に偉そうで、嫌な性格ね!」と口を揃えて非難していました。

そして、極めつけは、成田に到着してお客さんが全員降りた後に、我々は客室で忘れ物チエックをしていた時に、副操縦士の「お疲れさん、我々コックピットは先に降ります」との機内アナウンスがあったので、後部客室の乗務員を代表して私が「お疲れ様でした、ありがとうございました」と機内アナウンスをした直後、パーサーから「全員前に集まるように」との連絡があったのです。
降りる準備作業の途中だったのですが、急ぎ前方に行くと、くだんのT機長が「何故、私に直接挨拶をしないのか!」と文句をつけたのです。
パーサーが代表して謝ったのですが、私は「この野郎!」と喉まで出かかった言葉を飲み込んだのでした。
飛行機を降りるまでは、機長が最高責任者であり、指揮系列も上位なので、ここで彼ともめるのはマズイし、パーサーにも迷惑がかかると判断したからです。

そこで、T機長が会社から出るところ、つまり送迎のハイヤーを待つ配車室で彼を待つことにしました。
ほどなく彼が現れたので、「今日はお疲れ様でした」と声を掛けたのです。
彼は「ああ」と相変わらず無愛想な表情でした。
「すみませんが、ちょっとお話があるのですが」
「何だ?」
私は彼の耳元に近づき、「いいから、ちょっとこっちに来いよ!」と彼の腕を取って、エレベータに強制的に連れ込み、誰もいない屋上に誘ったのです。

そこで、いきがる彼をさんざん脅しつけ、お腹に軽く突きを食らわしたのです。虚勢を張る人間ほど、自分のぶざまな醜態は恥になるので、口外しないものです。仮に、この事実が公になっても、彼はパイロットの仲間内でもひんしゅくを買っており、我々同僚の間では悪名高い機長だったので、左程私の処分は重くはならないだろうと踏んでいたのです。
結果的に、このケースに関し、その後何も会社からのお咎めはありませんでした。
噂では、T機長の言動が大人しくなったということでしたが、その後彼と再会することはありませんでした。

風天マン

実録「ハチャメチャ乗務員の飛行日誌」
© 風天マン
【著作について】実録「ハチャメチャ乗務員の飛行日誌」のすべては風天マンが著作権を保有しています。一般的な「引用」の範囲を超える紹介を除き、商用、非商用に関わらず無断転載、複製の一切を禁止いたします。詳細については当ブログ info@airjapon.com(管理人:竜子)までお問い合わせください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
[ad_futenman]

    • saa
    • 2011年 3月5日 11:25pm

    それはちょっとやり過ぎだとは思いませんか。若気の至りとでも言うんでしょうか?脅してELに連れ込み屋上で暴力をふるい暴言も。もっと他にやり方はなかったのですか?貴方は自分だけ英雄気取りで(他の乗員も、他の乗員もと書いておられる)他人様の気持ちを考えない方でもあるとお見受けしました。この記事は書かない方が良かったですね。

    • 風天マン
    • 2011年 3月6日 12:56am

    saaさん、コメントありがとうございました。
    確かに若気の至りとも言えると思います。
    他に方法はあったことと思います。ただ、当時の私はそんな方法しか思いつかなかったのです。
    英雄気取りのかっこつけだったとは思ってません。
    他人に迷惑をかける人を許せなかっただけです。そのことを
    ただ、ありのままを書いただけです。私の空手の師匠である
    極真会の大山増達先生の「正義のない力は暴力、力のない正義は無力」を実践しただけのことだと思っています。

    • SP
    • 2011年 3月6日 1:34am

    手を出すことは、もちろんダメです。でもそうしないとダメな時もあります。それを「暴力」「暴言」と表現するのは如何でしょうか。私は良い薬を処方されたと思います。

    • 竜子
    • 2011年 3月6日 5:17am

    風天マンさんのエッセイは経験とキャラクターに基づいた、人間臭いものですから、どの回も読み手によって賛否両論あると思います。いつかこんな(賛否のピ)コメントが入るのではないかと思っていました。
    手を出されちゃうと、頭で学習するのではなくって体が覚えてしまうだけなので暴力は嫌いです。私も拳を受けたり、逆に自分が手を挙げたこともあるしで、そのどちらもいまだに傷と後悔しか残っていません。このエピソードがSPさんのいうところの「手を出さないとダメ」なケースだったのかは分かりません。
    ただ、「この記事は書かない方が良かった」に関しては言い過ぎです(><
    エッセイというのは個人的な観点や視点、経験などをまとめたものですから、書き手の個性が如実に現れますよね。それに対しては好き嫌いが別れるし、いろんな考えがあるのは当然だと思います。「やりすぎだ」と思う人がいる一方で、「良い薬」と思う人もいる。
    風天マンさんのエッセイは、「ハチャメチャ」とタイトルにあるように人間っぷりが伺えて、読者にそういう両極端な意見を言わせる、それもまた一興なのです。
    掲載する/しない、に関しては管理人である私の責任です。

    • saa
    • 2011年 3月6日 9:35am

    『お腹に軽く突きを食らわしたのです』『私の空手の師匠である』 これでアウトですよね。武術経験者が素人に手を出したのですよ。軽くですか。経験者の軽くはいかほどの物なのでしょうね?風天マンさん、貴方のした事はどんな理由でさえ許されない事です。初回の記事に空手の記載をしなかったのも後ろめたい気持ちがあったからではないですか?私は貴方の人柄には好感を持っています。他の記事はとても面白く読ませて頂きました。ただ、やはりこの記事だけは頂けませんね。   竜子さん、荒らしちゃってごめんなさい。

    • 竜子
    • 2011年 3月6日 6:58pm

    ■saaさん
    コメント、再度ありがとうございました。
    荒れたとは思っていないですよ。荒らしの時は、コメント主さんが戻ってきませんからねっ!
    ともかく、この作品は掲載した私に責任があるということ、ご理解いただければと思いますっ。
    それと、風天マンさんは、サービス精神が旺盛だということも。
    明日、このエピソードの続きである「I機長のケース」を更新しますね。
    この件はこれにて終了!

  1. トラックバック 0