あらためて被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます(状況報告)

まず。
今回の地震で被災に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

被害の詳細はまだ分かりませんが、地震による直接的な被害はもとより、津波や火災、土砂崩れ、あるいは放射能漏れの心配など、二次災害はまだまだ予断の許さない状況ですが、どうかみなさまご無事であるよう、心よりお祈り申し上げます。

また、今回は震源地が1ヶ所ではなく、東北、関東、北陸と群発しており、国内観測史上最大の規模ということで、予測不能なことが続くと思います。まだ、地震の震災の渦中とあって、読者の皆さんの健康をお祈りしております。

そして、こちらの状況をお伝えしておきます。
飛行機の話題ではないこと、ご理解くださいね。

まず、昨日アップしました風天マンさんの記事を作成、後もう少しで「更新」ボタンをポチッというときに、本が倒れてくるほどの揺れを感じました。地震の多い関東とはいえど、これまでに感じたことのない揺れで、これは凄く大変なことになるぞ、と思いました。風天マンさんの記事を更新する前に、なにか書かなくちゃ、といてもたっても居られず、ボルテージが上がって第1報をお伝えしてしまいました。
私のところでは震度5強だったそうです。

その後、第2震が起きましたが、ほどなく東北地方が大津波に見舞われ、NHKの空撮の映像をみながら、仙台空港が浸水しているのをみました。
「あれっ?」とおもったのが、飛行機が1機もないんですね。間に合ったものは先に飛べたのでしょうか? ですが、ニューヨークタイムズに掲載されている、共同通信とロイター通信の写真をみた限りでは、仙台空港の小型飛行機たちは駐車場の車などと一緒に流されているようでした。
ニューヨークタイムズの、震災写真

私の家は千葉県の北西部、静かな住宅街で目立った被害はありません。家の中は、食器棚のガラスコップがなだれて割れたり、鏡が割れたり、お手洗いのタンクに置物が落ちて割れたり、本棚の本はかなり倒れているものの、逆にいうと、その程度です。
夜も深夜も、ひっきりなしに飛行機やヘリの音が聞こえています。

「帰宅難民」というのでしょうかね。今現在は都内に住む親戚・知人が数十km先から(千葉駅からこの家まで30kmとか?)徒歩で家までやってきています。地下鉄の一部は復旧していますが、千葉から上り方向の私鉄やJRの当日復旧がなかったためです。地震直後から早々に判断し歩きはじめて22時や、深夜に到着しました。地震の直後に職場の耐震強度が保証されない、ということで、臨時帰宅を申し渡されたそうです。千葉駅近くから歩いてきた人は、千葉の美浜で始まった液状化現象のことも知らずに、でも、念のため津波を避けるように内陸部を目指して歩いたそうです。
国道や幹線道路はほとんど麻痺状態で、途中のコンビニはお菓子以外のパン・惣菜は品切れだそうです。歩けば歩くほど、年中無休のファミレスなんかも次第に閉店していったということでした。一方、渋谷に勤める叔母は、動かずに職場待機をし、落ち着いたら帰ってくるようです。

連絡網は、固定電話・携帯共にシャットアウト状態だった一方、電気やガス、水道は、不自由なく使えています。昨晩もゆったりとお湯につかれました。自然災害に弱いといわれる首都圏でも被害のほどは交通のことがほとんどで、思いのほか悠長なものです。凄いことですね。
なので23区近辺の首都圏は交通に難はあるものの、大丈夫そうです。

福島や仙台に住む親戚とは、いまだ連絡が取れません。
また、延焼の激しい気仙沼に知人が居ます。

ご心配いただき、連絡をくださったみなさん、どうもありがとうございました。
こちらは大丈夫です。

来客中と、今週で終わるはずだったドタバタ中の仕事も手つかず(連絡つかず)で、また、なんとなく飛行機の記事を更新する気分にもなれず、更新がぽつらぽつらと滞るかもしれません。

最後、繰り返しになりますが、まだ地震の最中。
首都圏でも今も余震が続いており、深夜から明け方にかけその回数も増えているように思います。広域に渡って比較的大きな規模の地震が、震源地を変えながら続いておりますので、これからもなにとぞお気をつけ下さい。
また、津波や火災はもとより、原発などの不安が続いております。
さきほども、福島第一原発で通常量よりも多い放射性物質が検出され、すでに放射能が漏れている可能性があると発表があったばかりです。

被災されたみなさまに心よりお見舞いを申し上げ、今後のみなさんのご無事を謹んでお祈りしております。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. 竜子さん、
    ご無事で何よりです。
    私も昨夜は会社泊まりを覚悟しましたが、
    23時少し前に東急線の運転再開の情報を得て、
    何とか電車で帰宅することが出来ました。
    本当に大変なことがおこりましたね。
    亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
    被災された方にお見舞い申し上げたいと思います。

    • 竜子
    • 2011年 3月12日 5:38pm

    ■Airmanさん、大変でしたね。
    私の地域では朝から節電モードの呼びかけ、いつ電気が停まっても良いように食事の支度を多めにしています。
    どの地域の方も、まだまだ気が抜けないことと思います。
    千葉県の一部では停電が始まったようです。ブログの方でも何か出来ないか考えておりましたが、もしかしたらもうすぐ停電が始まるかもしれません。
    ベトナム旅行中の叔母から連絡がつき、茨城の家族と連絡がつかないとの報告がありました。その渦中の茨城の親戚は、12時間かけて自転車で自宅に戻ったとのことでした。
    また、福島の親戚とも連絡がつきましたが、車で避難し、車中で過ごしているとのことでした。福島第一原発の爆発が気になるところですね。
    念のため窓ガラスや扉を閉じていますが、報道にもバラツキがあり、冷静に情報をみないといけませんね。

    • 風天マン
    • 2011年 3月12日 10:49pm

    亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
    被災された人達にお見舞い申し上げたいと思います。
    私自身が阪神淡路の震災を体験して、空手の弟子達とボランテイアをした体験がありますが、今回の震災は規模も桁違いで、且つ津波の襲来で被災した方々の心痛は想像を絶するものだと思います。
    加えて、原子力発電の危険性がチェリノボイルの事故当時、モスクワに滞在してその被害を聞いていたので、とても心配です。
    「危機管理」の観点から、関係者の皆さんには「万が一」という危険性を前提に速やかな避難と自己防衛の手段を取ってもらいたいと思います。
    このような事態には政官財が一致して、被災者への支援をやってもらいたいと。
    我々は「助け愛、支え愛」の気持ちを持って、出来る範囲で
    ボランテイアや毛布、水、食料といったライフラインに関する支援をしたいと思います。
    明日仲間と3人で、JR久留米駅で募金活動をすることにしました。

    • 竜子
    • 2011年 3月13日 2:45am

    ■風天マンさん
    コメントありがとうございます。
    被災された方々を思えば、私が感じる情報不足など、不安のひとつにもならないのかと思います。
    しかしながら、原発への不安は枝野官房長官の記者会見では拭えるものではありません。眠れないでおります。
    不安をあおるつもりは毛頭ないのですが、おっしゃる通り、それぞれが「万が一」に備えるに越したことはありません。
    明日にも募金活動とは早い対応ですね。なかなか出来ることではありません。
    私も微力ながら何かしたいとは思いますが、3日目を迎えようとしている今も、「何か」を見つけられずにおります。

    • hiro
    • 2011年 3月17日 9:08pm

    被災地(?)から
    津波による大きな被害をうけた県に住んでいますが、内陸部のため被害はそれほどでも有りませんでした。
    地震翌日から、朝から晩まで空港を離発着する自衛隊機や、防災ヘリであろう航空機の音がひっきりなしに聞こえます。本当に頭が下がります。
    自分もできる範囲で被災地の為に出来ることをコツコツやっています。
    P.S
    こんな時だからこそ?いつも通りのコンテンツ更新も楽しみにしております。
    計画停電などで大変かとは思いますが…楽しみにされている方も多いと思いますので。

    • 竜子
    • 2011年 3月18日 4:05am

    ■hiroさん
    こんにちは。コメントどうもありがとうございます!
    被災されたようで、お見舞いもうしあげます…。
    昨日の輪番停電のときにラジオを聴いていたのですが、流れてきた音楽に心打たれてしまって、なんというか…感動してしまいました。
    こういうときにこそエンターテイメントが大切だということも、「不適切と自粛することを自粛」する動きがあることは知ってはいるのですが、何事もなかったように通常のような更新をするのが、気分的にまだ…。
    けっして更新を自粛しているとか、謹んでいるわけではないのですが…。
    うーーん。気分転換が必要ですね^^;
    というか、マイル義援の案内も、私にとっては通常更新なのです。
    楽しみにされている方、ごめんなさい。

  1. トラックバック 0