空港はそれぞれの物語があるから面白い!

こんにちわっ、竜子です。

しっかし、いつ赴いても空港って面白いですね!
駅ビル代わりに羽田空港へ行くのもしかり、送迎にいくのもしかり、旅行でつかうのにも!
周りを見渡しては、勝手に想像して楽しんでいます!

先日のカタール航空の話題で、ドーハ空港でのことを思い出しました。
コメントでもSportsKiteさんへのコメントで書きましたが、ドーハ空港では、ひとりはショーン・コネリーで、もひとりがジョージ・クルーニーという超かっこいい紳士2人(商船のキャプテン)に出会いました。トランジットの空き時間はたとえ3時間あったとしても、うち1時間はかけ足見学、そして身支度、そして1時間ほどは搭乗口までの移動と予備時間だったりして、案外すぐに終わってしまうもの。でも、このときは帰りの便を待つドーハ空港だったので、もう少し時間がありました。

2010年当時、大勢の人がいるわりにドーハ空港は思いのほか狭かったように思います。時間をつぶす場所もだいたいは限られていて同じ場所で2回顔を合わせ、ささいなことをきっかけにそのおふたりと時間をつぶすことになったのです。お喋りしてたっていっても、私は英語がペラペラに喋れるわけじゃぁ〜ありませんっ。けれど、不思議なもので、それ以外にコミュニケーション方法がないとなると、人ってのはちゃんと耳がピッと立つもので、なぜだかよく言葉が聞き取れるようになったり、自分でも「あれ?! なんで言えちゃってたんだ?!」みたいな細かいことをスラスラと言えてしまうもののような気がします。なんでかは謎だけど、英語の勉強している時のような長い文章じゃなくっても、瞬時に脳みそが、分かる範囲の短い文章に置き換えてくれるような…。おまけに相手の英語も勉強した英語というのが相まって、分からない言葉があったらお互いが素直に聞き直せることもあって、火事場のバカジカラを発揮するのでしょうねぇ。

また話が逸れだしましたが、空港でのこうした一度限りの人と思わぬ出合いというのもなかなか趣のあるものです。
イランといえば、イラン・イラク戦争。ですが…、カンフーってのは日本のスポーツで日本のイメージもチャイナ服、っていうノリと同じような感じで、サダム・フセインって、イランだっけ? イラクだっけ? いやそれは、湾岸戦争だろ、ってツッコミ入れるみたいな…。ともかくイランとイラクがごちゃ混ぜになって、私なんかの年代だと、どっちがどうだとか意識しないと分からなかったりする場所でもあります。さらに言うと15年とか20年ほど前までは、上野の路上で普通に手に入れることができた「偽造テレフォンカード」を販売していたのは、イラン人だっけ? イラク人だっけ? バングラデシュ人だっけ? はたまたパキスタン人だっけ? みたいな…。バブル景気に沸いていた20年〜25年ほどさかのぼってようやく「不法滞在のイラン人」みたいな悪いイメージで、でもハッキリと「イラン」という国の名前が私の頭に定着した。

小学校高学年の頃になるけど、駅のほうへ近づくにしたがって、数人のイラン人っぽい外国人を見かけるようになった。それまでは外国人=白人くらいの認識しかなかったし、そもそも今は普通に外国人が街を歩いていたり、インド人がカレー屋さんをしたり、コンビニのレジがベトナム人だったりということが日常になったけども(てか、今日本で生活してる外国人っていろんな意味で優秀だよね)、当時では物珍しかったので、一緒に住んでいた父方の祖母は「イラン人に気をつけなさい」といっつも言ってた。確かに、小麦色の皮膚とか、黒い皮膚の人とか、そういう人は誰かまわず(小学生の私にすら)ウィンクを送りながら「チッ、チッ」と舌打ちされたりしたので、おかしな人たちだと思ってたけれども、実際のところはナニジンだかよくわからない。それから、バブルに沸いて、人のやりたがらない3K(危険・汚い・きつい)職を、不法滞在者が従事することで、「本国に戻ると、家が1軒建つ」といったような話を聞くようになって、どんだけ貧しい国なんだろう、というイメージがこびりついた。

でも、多分入国管理局がしっかりと仕事してるのか、雇い入れる側の罰則も強化されたためか、どの人が不法滞在者かなんて分かんないし、最近は国籍も豊富になって不法滞在者=ナニジン、というようなくくりも出来ないようになった(むしろ配偶者ビザの売買が商売として成り立って、それで合法的に、…でも非合法な利益をあげられる仕事ができる方が問題!)。あと、実際にイラン人自体が減ったようです。
でも、そんなこんなで、イランは日本よりも貧しい国、くらいのイメージと、それからアラブとペルシャの対立と、うるおぼえのイランイラク戦争とで、ろくなことのないイメージしかなかったし、観光で行ける国とはこれっぽちも考えたことがなかった。

魔法に恋い焦がれる少女時代、母がたの祖母の家にあった、アラビアンナイトに出てきそうな空とぶ絨毯の上で眠っては、「今晩こそは飛べるかもしれない」と思ったものです。ペタッと薄くって、夏場はひんやりして昼寝にも最高なんですよね。それが「ペルシャ絨毯」といういうことを知って、この際、ペルシャだとかアラブだとかイスラム世界の分類のことはまずはおいといて、遠い異国「ペルシャ」の地に想いを馳せていたのです。
ドーハ空港でイランの話を聞く前にも、旅行者と話す中で、イランのイスファハンが必見、という話は聞いていたのだけれど、やっぱり、空港で聞く話ってのは、3割増どころか、300%増で響いてきてしまいます。ショーン・コネリーとジョージ・クルーニーとお話ししているうちに、頭の中は、もう”空とぶ”ペルシャ絨毯と、”魔法使いが飛び出してくる”寄木細工の箱、のある物語の世界に飛んでいました。

あぁ、こんなどうでもいいことを書いているうちに、結構なボリュームになってしまいました。
今日言いたかったのは、空港という場所は私にとってはやっぱりトキメキの場所で、思いもよらぬエピソードに出会ったりする場所だということ。そして、そのひとつひとつ、みんながそれぞれもっているよね、ってこと。

それから、思わぬエピソードの中には、切ないながらも心温まる話もあるよね、って。
次の更新で、キネマ航空CEOによる「パリ空港の人々」を紹介します。
「パリ空港の人々」は、それぞれの事情で空港で暮らしている(居座っている)人たちを描いたドラマです。
キネマ航空CEOのレビューの中にも触れられていますが、バジリコから刊行された書籍の「ターミナルマン」がモデルということになっています。以前、サラッと紹介しましたが、私もこの本は読んだものの、パッとしないというか、正直いって立ち読みで良かった、という印象だったのですが、この映画は大好きです。ちなみに、モデル、ということであって、「ターミナルマン」は原作ではありません。

私が高校生だった頃、フランス映画のブーム(第2次とかなんでしょうか??)がやってきました。当時はまだシネスイッチ銀座だとか「単館」なんていって「ミニシアター」なんて言いませんでした。先日廃刊となった「ぴあ」もまだ元気でしたし、私も街歩きのバイブルにしてました。そんな折に流行っていた「デリカテッセン」「ポンヌフの恋人」「トリコロール」シリーズだとかに並んで、「髪結いの亭主」は、当時は必見の映画でした。「パリ空港の人々」は、その「髪結いの亭主」でちょっと情けない役を演じたジャン・ロシュフォールが主演です。彼の演じる困った時の顔って、本当に胸がキュッとなります。奥さんの尻にひかれそうな顔です(とかいって、思い当たる方はすみません!)。

さて、本編の方はキネマ航空CEOにお任せするとして、

> 大晦日のどさくさにまぎれてゾラが故郷で夢見ていたセーヌ川の船を見るつかの間のパリ見物のシーンがやるせない。

この映画の面白さは、このシーンだとおもう。
けれども、空港にいる野ウサギを狩って、ジビエ料理に。知恵を出しながらお小遣いを稼いだりと、みんなのたくましさが、元気になる一作です。

キネマ航空フライト601便「パリ空港の人々」をお楽しみください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • SportsKite
    • 2011年 7月29日 9:00pm

    こんばんは。
    確かに空港では色んな事が起こりますね。
    今回はUSでの経験をいくつか。
    一つ目は乗り継ぎ時間が超がつくほど短かった経験です。
    当初の予定から帰国が大きく遅れてしまい、元々のCVG-DTW-NRTではまったく席が確保出来ず、CVG-DTW-SEA-NRTで何とかならないかと当時のNWの親切な日本人女性オペレータに電話で相談する事一時間、どうしても席が取れなかったSEA-NRTの便について、ついにオペレーターさんが「上司にブロックされているシートをオープンにしてもらいます」とのひと言ですべてO.K.となりました。
    さて帰国当日、CVGからの出発が大幅に遅れ、DTWでの乗り継ぎ時間がなんと20分もないのです。これには 焦りました。DTWに到着するや否や一番に飛び出して、走りに走りSEA行きに飛び乗りました。僕が飛行機(DC10)に足を踏み入れるや否や直ちにドアクロウズとなり、席に着く前にはタキシングが始まりました。窓側の席に着席していた紳士が、バグを頭上の荷物収納棚にしまう僕をじろりと見上げ、「あんたが出発遅れの原因か」とさも言いたそうな視線を投げてきました。
    その時は、自分自身が接続便に乗ることだけを考えていましたので、チェックインしたスーツケースの行方なんてまったく頭から飛んでいました。
    今考えても、あの広大なDTW(NW専用ターミナルが完成前)で国内線から国際線までの遠く離れたターミナル間をよくもまああんな短時間で荷物の輸送が出来たものだと関心をしています。
    SEAからの便では、Cクラスは僕の隣の通路側の席が空いているだけで、他はすべて埋まっていました。
    ブロックされていた2席がオープンにされたようですが、結果的に僕が2席を独占してしまったようでした。(笑)
    二つ目は、忘れ物のお話です。
    CVG-MENーOKCへ飛んだ時のことです。MENで乗り継ぎ時間があるので、NWのラウンジのビジネスコーナーでPCをネットにつないで一仕事して、乗り継ぎ便のゲートにむかいました。何だか胸騒ぎがするので、ゲート前で、バッグを開けてみると、命の次に大事なPDAが見当たりません。
    慌ててラウンジに戻り受付の女性に事情を話すと、「これのことですか」とそのPDAを出してくれました。ほっと一安心です。そこへ、エグゼクティブ風の男性が、「あなたが立ち去った後にPDAが残されていて、大事な物だろうから受付に届けておいた」と話しかけて来ました。彼には、心からお礼を言い別れました。
    OKCの便に搭乗し他の乗客の搭乗を待っていると、先ほどのビジネスマンが通路を挟んで僕の隣の席に座ったのです。改めて、お互いに自己紹介をして名刺を交換した次第です。
    USでは人種差別まがいの嫌な思いもしましたが、こんな親切な人に会うと、USもまんざら捨てた物ではないと思った次第です。

    • 竜子
    • 2011年 7月30日 1:28am

    ■SportsKiteさん
    こんにちは!
    さすがに今回は、3レターの空港コードを調べちゃいましたよ!
    最初、CVG(=シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港)っていったいどこ出発だ?! と思いました!!
    私も同じような経験があります。まだできたばかりの関空から、KLMオランダ航空でアムス経由のベルリン行きの便で、北極の冬にうっとりしながら大学の先輩たちとワイワイ行った時のことです。なんとアムス到着が2時間以上も遅れ、到着時には乗り継ぎまでは10分ほど。本当に乗り遅れたかと思って半泣き状態です。機内にいるうちから、何度もチケットを見ては、「どうしよう…」、タキシングのときでも「ちんたら走ってるんじゃない!」とカッカしてました。ただ、機内放送でベルリン行きについての便などの案内をしてくれていたこともあったので「頑張れば間に合う」という望みもあったのでした…。
    そして、飛行機のドアから出るや否や、無線をもったKLMの日本人の職員さんが私たちの名前を呼びながら、待ち構えていてくれて、後ろをついていくだけのある意味、迷いのないストレスフリーな状態で、もう本当に猛ダッシュ。
    こういうトラブル時の日本人って、本当に仏か観音か女神か…って思いますよね!
    ただ、幸い、他の便にも到着遅れがあって、接続待ちをしてくれていたことで、
    > 「あんたが出発遅れの原因か」とさも言いたそうな視線
    には合わないで済んだような気がしています(若かったのでまわりに気がいってなかっただけかも!)。
    ただ、SportsKiteさんのおっしゃるように、本当に自分のトランジットのことで頭がいっぱいでしたが、デトロイトにしても、アムステルダムにしても、あんっなに大きな空港で、あんっなに時間がなかったにもかかわらず、接続便に荷物がきちんと乗っていたことにはただただ驚きです!
    そのとき、卒業して先に東京へ行って社会人になっていた先輩2人と、ベルリンの空港で落ち合う予定でした。
    ふたりは確かルフトハンザで成田発フランクフルト経由ベルリン、というルートだったと記憶してますが、確かロストしちゃってホテルにもってきてもらってたような…(誰のロストだったか記憶が曖昧)。
    MEN〜OKCは、メンフィスからオクラホマシティですか?
    アメリカで、落とし物が帰ってくるって本当に凄いですね!
    それも、命の次に大切なPDAとは、よほどの機密が詰まっているんじゃないでしょうかっ。
    でも、これってもしかしたら、ラウンジならではのエピソードなのかもしれませんね。
    それから、落とし物が戻ってくるのは、きっと日頃の行いが良いからだ、って思います。
    そのビジネスマンと、ちゃんとご挨拶できて良かったですね。

    • SportsKite
    • 2011年 7月30日 5:38pm

    竜子さん、
    CVGはデルタのハブの一つです。広大な空港です。シンシナティのあるオハイオ州の南側の一部とCVGのあるケンタッキー州の北部の一部は、オハイオ川を挟んで同じ経済圏です。それ故、違う州なのに電話のエリアコードが同じだったりします。
    確かにMEN〜OKCは、メンフィスからオクラホマシティです。MENは買ってはNWのハブ空港でしたが、今はどうなっているやら。
    ロスとバゲージの経験は2回あります。
    一度目は、ケベックからモントリール経由でLAXへ移動する際に、二時間の乗り継ぎが一時間になったら、荷物とは生き別れでした。
    24時間後にはホテルまで配達をしてもらえましたが。。
    モントリール空港には米国の移民局が出張オフィスを構えていて、まだカナダにいるのにUSの入国手続きが出来てしまいます。とても奇妙な感じでした。
    二度目は、シドニーからケアンズ経由で成田へ戻る便で、僕は成田、スーツケースは関空という状況になったことがありました。シドニー発の便がケアンズ経由の関空行きで、ケアンズで僕のスーツケースだけ下ろされなかったというお粗末でした。
    先輩の一人は、USからの帰国時にロスとバゲージに遭遇し、追跡したら彼の荷物はブラジルの飛んでいたそうです。壮大なロストバーゲージでした。
    7-8年間にUSでのミーティングに同行したお客様の荷物が行方不明になったことがありましたが、USの航空会社の電話による追跡サービスが秀逸でした。専用番号に電話して必要な情報を電話口で話すと、追跡結果を教えてくれました。
    おかしかったのは、日本人の氏名は日本語でしっかり発音しないと、電話の向こうのコンピュータは認識をしてくれなかったことです。

    • 竜子
    • 2011年 7月31日 8:17am

    ■SportsKiteさん
    あんなに大きな州が集まっているアメリカでも、州を挟んだ経済圏が出来るんですね。
    面白いですね。
    メンフィスといえば、黒人文化の花開いたミシシッピ川と、フェデックスのハブ空港ですね!!
    2回も遭遇してしまうとは、さすがに渡航歴の多いSportsKiteさんですね。
    (でも、初海外でロストする人もいるのだから、逆に運がいいのかな)
    先輩の荷物がブラジルまで飛んでい回ったという話には、思わず吹き出してしまいました。
    ラゲージがまるでちょこまかと生きているよう。
    なんだか自分のキャリーすらもいとおしく思えてきました。
    それにしても、電話での追跡サービスがまさか音声自動認識とは。
    でも、案内ガイダンスは英語なんですよね??

  1. トラックバック 0