スワンナプーム国際空港(タイ) 建物編

突然ですが、久々に世界の空港コレクションを。
内容はたいしたことないのですが、写真が多いので、建物編、探検編、撮影スポット編、高架鉄道編の計4回です。

スワンナプーム空港・バンコク

スワンナプーム国際空港(タイ バーンプリー郡:バンコク中心部より東に30km)
IATA:BKK
ICAO:VTBS
標高:2m
滑走路1:01R/19L(4,000×60m)
滑走路2:01L/19R(3,700×60m)

バンコクの国際空港といえば、バンコク東部にあるドンムアン空港が主流だったものの、2006年9月28日に開港したこのスワンナプーム国際空港によって、国際線のほとんどがスワンナプームへと引き継がれました。ドンムアン空港時代も、シンガポールのチャンギ空港と並べて語られるほど、アジアの主要ハブ空港として大活躍していました。現在のスワンナプームでは、タイ国際航空、バンコク・エアウェイズ、タイ・エアアジア、オリエント・タイ航空などがハブ空港として拠点を置いていますし、アジアのみならず、アフリカ、中近東、ヨーロッパ、アメリカからも定期便が乗り入れし、国際貨物の拠点空港として活躍している24時間稼働の空港です。
「スワンナプーム」の命名はタイ国王であるプミポン国王。「黄金の土地」を意味するのだそう。

スワンナプーム空港・バンコク

ターミナルの設計はドイツ人建築家のヘルムート・ヤーン氏。ベルリンのポツダム広場にあるソニーセンターの建築家というと、「あっ」と思う方もいるかもしれませんね。日本でも、東京駅にある大丸が入っているガラス張りのビルを手がけたのがヘルムート・ヤーン氏です。

スワンナプーム空港・バンコク

窓ガラスが大きくて天井も高いので、開放的な印象です。

スワンナプーム空港・バンコク
スワンナプーム空港・バンコク

エスカレーターが日本でいう階段式ではなく、動く歩道がそのままエスカレーターになっています。なだらかで距離が長く、一見するとコ洒落た感じもしますが、下りエスカレーターで荷物を持っている時はこれは大変かもって思いました。特に4輪スーツケースの時は。実際に、踏ん張っているご婦人をみかけました。機転を利かせて横に倒しちゃえば手っ取り早いのですが、焦るとそうもいかないようです。

スワンナプーム空港・バンコク
スワンナプーム空港・バンコク

2006年9月に開港ということで、今時期は開港5周年のお花が飾られています。
タイといえばラン。世界でも最大の生産国です。デンファレやバンダ? 名前はよくわかりませんが、これだけ熱帯性のランの花が並ぶと、色も鮮やかできれいですよね(写真は汚いが)。

スワンナプーム空港・バンコク

この管制塔の高さはなんと132メートル! 管制塔としては世界一の高さを誇ります。

スワンナプーム空港・バンコク

遠くからでもこの大きさでそびえ立っています。130mのビルといえば、「超高層ビル」に匹敵する高さで、例えば帝国ホテルのインペリアル・タワーよりも3m高いのです。

スワンナプーム空港・バンコク

ターミナルへのコンコースは、外から見ると3層構造になっています。

スワンナプーム空港・バンコク

ターミナルビルを出てすぐは吹き抜けの状態、ピロティになっています。

スワンナプーム空港・バンコク

吹き抜けの先は車の通行用です。

スワンナプーム空港・バンコク

タイ王国の国王は、ラーマ9世(プミポン国王)。陛下は御歳83才ですが、この若さ! ちょっと驚きです。この国王は、国民みんなに愛されている雰囲気で、街のどこでも国王の肖像が掲げられていました。右から2番目の写真はキヤノンのカメラのようです。わが国・秋篠宮殿下もタイ王室とは親しくって有名ですよね!

スワンナプーム空港・バンコク

暗い時間には、こんな風に青くライトアップされています。

スワンナプーム空港・バンコク

旅客ターミナルビルの総床面積は563,000㎡と世界最大の広さを誇っていますが、空港周辺にはまだ空港拡張用に土地が沢山あるらしく、まだまだ大きくできるみたい。ただし、空港運営会社と政局の折り合いがつかないらしく、拡張出来ないでいるのだとか…。

建物編、以上ですー!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. 竜子さんお帰りなさい!
    スワンナプーム空港、カッコいいですね〜。
    日本にも、世界に誇れる国際空港が欲しいですね。

    • Mattari
    • 2011年 9月16日 6:43pm

    四年半前に行ったけど当時節電中だったから
    ターミナルは暗いイメージがあるね(汗)
    JALなどスタアラでない航空会社のスポットは
    ターミナルの中心から離れていると聞いたから
    歩くの大変だったのでは?
    シンガポール航空に乗った時は結構近いスポットでしたから
    スタアラ系は優遇されているのかも。
    そういえば何バーツ紙幣か忘れたけど
    紙幣の裏側にはその写真と同じなのか国王がその愛用のキヤノンと
    一緒に写っているんですよ。

  2. こんばんは。お帰りなさい。
    スワンナプーム、昨年プーケットに行った際にトランジットで利用しました。
    でも往復とも夜間で1〜2時間ほどの滞在だったので全容は把握出来ませんでした。
    これからの記事であんなとこやこんなとこ(どんなとこ?爆)が色々と出てくるのを楽しみにしています。(^^

    • 竜子
    • 2011年 9月16日 11:43pm

    ■トメさん
    どうもです! ありがとうございます!
    本当に、日本の”顔”が欲しいですよねぇ…(><
    でも、なんとなーく、頑張ればスワンナプームぐらいは行けるぞ!って思いました(←何様って感じですが
    ■Mattariさん
    暗いのはきっと相変わらずですが、でも自然光が気持いいですよ。この時は大雨が降ってしまって、ほとんど灰色の雲に覆われてしまっています。入国時も出国時もスポットまでは遠かったですが、そのおかげで楽しかったですよ!
    よほど国王はキヤノンファンなんですね。20バーツ紙幣1枚を残して使い切ってしまいましたのでこれしか確認できませんが20バーツではないようです!
    ■haruhikonさん
    こんばんは! 私が見たところも偏りがあるとは思いますが、建物も管制塔も立派で、なにより24時間運営なのが羨ましいです。それから、エンターテインメント性のない空港かな、という印象です。「アジアの要衝」としてハード面重視の空港なのかなと…。
    マニラのように無茶なことしなかったので、細かく回数分けしてしまったものの、実は、あんまり出てきません(笑

  1. トラックバック 0