B747コックピット「ヨーロッパ飛行」第13回(最終回)

[title_europe]
ヨーロッパ飛行画像(haruhikon提供)

「コペンハーゲン カストラップ国際空港へ着陸」

—————————————-
★「ヨーロッパ飛行」挿入13

※「▶」の再生ボタンをクリックすると航空サウンドが流れます

—————————————-

機長はフラップ角度を20度にセットするよう指示した。
「フラップ20」
「GS(グライド スロープ) ワン ドット」着陸誘導の電波を捉えているのが、計器パネルに表示されている。
「フラップ20 セット」フラップ角度が20度まで下がったことを確認、コールした。
412便は順調に滑走路に向かって下降している。機長は副操縦士にギア(車輪)を降ろすよう指示した。
「ギア ダウン」
車輪が降りる音と風を切る音が響く。
「ジャパンエア412 カミング アップ ローカライザー ナウ 5マイル」(日本航空412便へ。ローカライザーまで、あと5マイルです)
「ジャパンエア412 インターセプティング」(ローカライザーに向かっています)
「ジャパンエア412 クリアード フォア ILS コンタクト タワー 118.1」(日本航空412便へ。ILSの進入を許可します。以後はタワー管制118.1メガヘルツに交信して下さい)
機長は「ラジャ」と指示を了解した旨を副操縦士に伝え、「(ジャパンエア)412 グッディ」と交信した。
交信がカストラップ・タワー管制へ移管された。
「カストラップ・タワー ジャパンエア412 ILS 22レフト」
(カストラップ・タワー管制へ。日本航空412便です。ILS着陸方式で滑走路は22レフトです)
「ジャパンエア412 クリア トゥ ランド 22レフト 180 8ノット」(日本航空412便へ。滑走路2レフトへの着陸を許可します。風は190度の方向から8ノットです)
着陸許可は発出された。「ラジャ」の力強い声が、緊迫した雰囲気を更に染み渡らせる。
「ジャパンエア412 クリア トゥ ランド 22レフト」(滑走路22レフトに着陸します)
「フラップ30」
フラップを更に下げ、機体は少しずつ速度を落とす。着陸直前の計器チェックが始まった。
「ランディング・チェックリスト」
「イグニッション…フライト スター」
「ランディング ギア…ダウン アンド グリーン」
「スピード ブレーキ…アームド」
「フラップス…30 30 グリーン ライト…エイト グリーン ライト」
「ハイドロリックス…ノーマル」
「ランディング・チェックリストコンプリートです」
「ラジャ」
「クリア トゥ ランド」
目の前に滑走路が迫って来た。副操縦士が「ワン サウザント」と残り1000フィートであることをコールした。機長は、すかさず「ローデータ」、続いて航空機関士が「ノーフラッグ」の確認コールを行なう。
眼下には北海の蒼色に、リアス式海岸と思わせる複雑な入り江が広がっている。そして一隻の大きな帆船が滑走路の延長上を横切っている。4本のマストに純白の帆いっぱいに風を受けて、ゆっくりと北に進み、白波がその航跡を作り出している。JAL412便は速度を落としながら、ゆっくりと滑走路に向かって下降している。
「ちょうど、真上だな」鈴木機長が呟いた。
見事としか言いようがないほど、JAL412便の真下に帆船が重なった。ギアがマストの先端に接触するのではと思えるほどの近さで、遠近を失うような感覚に襲われる。
JAL412便は、滑走路のセンターラインに機体を合わし、降下し続けている。計器の目盛りが滑走路に近付いていることを示している。
「ファイブ ハンドレッド」500フィート切った。長い滑走路が目の前に飛び込んで来た。
「スタビライズ」エンジンの出力、機体のバランスが取れている。揺れは無い。
「アプローチング ミニマム」
「チェック」
着陸決定地点を目指して412便は更に下降を続ける。
「スリー ハンドレット」残り300フィート。
「ハンドレッド」残り100フィート。
滑走路末端を一瞬に通過し車輪の接地まで、あと僅か。「50…30…」航空機関士は残りの高度をコールし続ける。
機長はスラストレバーを手前に引き、エンジン推力を切った。機体は一瞬グライダーのように滑空している。機体中央の車輪が接地した。機長はゆっくりと操縦桿を押し込み、ノーズギアを接地させた。同時にスラストレバーの奥にあるリバーサー(逆噴射)のレバーを手前に引いた。エンジンに逆噴射が掛かり、ガタガタと機体を揺らしながら、急激に減速し出した。
副操縦士は「ブレーキ プレッシャー ノーマル」と、ブレーキ制御装置に異常がないことを確認した。
「ハンドレッド」100ノットまで減速し、続いて「80ノット プレッシャー ノーマル」80ノットまで減速し、ブレーキ制御装置に異常がないことを確認した。
機体はスピードを落とし「60ノット」まで減速した。
「ライトサイド クリア」誘導路に障害物が無いかを確認した。
「ジャパンエア412 ターン ライト アンド ハイスピード フォロー タクシーウエイ 2」(日本航空412便へ。右の高速誘導路に入り、誘導路2に向かって走行して下さい)
「(ジャパンエア)412」
「フラップ アップ」着陸に要したフラップを主翼に格納するように指示した。
「タクシーウエイ ナンバー2」誘導路2を走行することを再度確認コールした。
CAが客室アナウンスを始めた。ホッとした雰囲気が客室を包んでいる。
岸田副操縦士は、滑走路を横断する許可を管制官に要請した。
「ジャパンエア412 リクエスト クロス ランウェイ 12」(日本航空412便です。滑走路12を横断する許可を頂けますか)
「…コンタクト 121.9」(…121.9メガヘルツに交信して下さい)
「ライトサイド クリア」
副操縦士は周波数121.9メガヘルツに合わせて、交信を始めた。
「カストラップ・グランド ジャパンエア412 クロスイング ランウェイ12」(カストラップ・タワー管制へ。日本航空412便です。滑走路12を横断しています)
「ジャパンエア412 グッドアフタヌーン …ゲート34」(日本航空412便へ。こんにちは。貴機の駐機場は34番です)
副操縦士は復唱し、管制官は「ザッツ コレクト」(その通りです)と間違いがないことを確認した。
「スカンジナビア207 コンタクト119.9」(スカンジナビア航空207便へ。以後は119.9メガヘルツに交信して下さい)
航空機関士はチェックリストに書かれている着陸後の計器確認項目(アイテム)のチェックを行なった。
「アフター・ランディング・チェックリスト コンプリートです」
「ライト サイド クリア」
目の前に34番ゲートが見えた。既に地上整備員が待機し、412便を誘導するマーシャラーも視認できる。スピードを落としながら、ゆっくりと停留地点に着いた。
エンジンを切り、乗務員の3名は不必要なスイッチを切り、B747に一時の安息を与えていく。ドアが開き、次々と乗客が降り始めた。次の目的地のアンカレッジ、また日本に帰る乗客は座ったままで背伸びをしている姿が、ちらほらと見える。外では次の飛行に向けて慌しく準備を始めた。

桃田素晶

「B747Cockpit ヨーロッパ飛行」
解説:桃田素晶/録音:武田一男 ©Director’s House

【著作について】「B747Cockpit ヨーロッパ飛行」で収録している音声、音源等は武田一男、及びディレクターズハウスが著作権を保有しています。商用、非商用に関わらず無断転載、複製の一切を禁止いたします。また、解説は桃田素晶、表紙写真はharuhikonに著作があります。詳細については当ブログ管理人までお問い合わせください。

今回で「ヨーロッパ飛行」最終回になります。
この連載を執筆くださった桃田素晶さん、音源を提供くださった故・武田一男さんとご遺族のみなさま。さらに、写真をお貸しくださった「ちょっと昔の飛行機写真館」のharuhikonさん。どうもありがとうございました。

本当のこというと、この連載が終わってしまうの、凄くさびしかったです。
お待ちいただいた読者のみなさま、すみませんでした。心からお詫びします。
桃田さんにいたっては、とても懸命に何度も何度も執筆し直してくださいました。
今回はそんな桃田さんに対して、なにか目に見える形で(「航空」クリックでも、コメントでも、メール(info@airjapon.com)でもなんでもいいので)足跡を残していただければ幸いです。

この企画に携わってくれた方々、読者のみなさん。本当にありがとうございました!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
[ad_europe]

    • Mattari
    • 2012年 3月20日 1:55am

    この作品との出会いは、確か航空趣味を始めたばかりの頃
    だから、恐らく中学か高校生ぐらいだと思う。
    武田氏と初めての接点でもあり、このカセットを何度も繰り返し聴いては
    まだ見ぬ航空ファン垂涎のスポッター天国である
    欧州への憧れを抱いたものだ。
    つまりそれだけ彼の作品の完成度は高いということなのだ。
    一瞬にして片田舎に住む学生を欧州へワープさせるなんて
    大げさだが、彼の持つ音響技術とこだわりがそうさせると
    言っても過言ではない。
    去年私も旅程の関係で約10数年ぶりに
    このヨーロッパ飛行到着の地である
    コペンハーゲン・カストラップ国際空港へ
    SAS機で降り立ったが、案外彼の導きだったのかも知れない。
    というのも偶然だが、このJAL便にしても私が搭乗した
    SAS機も同じ滑走路である22Lに着陸している事を
    先ほど、手元の搭乗記録で確認出来たからである。
    空港の様子はかなり変わっているし、白い帆船も
    居ないけど、そんな時空を超えた旅が出来たと思うと
    彼の作品に感謝したいと思うのだ。

  1. こんばんは&おかえりなさい。(^^
    竜子さん、故武田さん、桃田さんによるこの連載企画にちょっとだけでも参加出来たことを幸せに思います。
    「ちょっと昔の飛行機写真館」もネタ発掘のため時折休みを挟みながら細く長く続けていきますのでよろしくお願いします。

    • 竜子
    • 2012年 3月21日 1:40am

    ■Mattariさん
    コメントありがとうございます!
    これを執筆したのは、桃田さんですよ!!
    桃田さんのこれからの活躍を応援したいですよね!
    ■haruhikonさん
    コメントどうもありがとうございます!
    そして、写真選定の際にはたいへんお世話になりました。
    「細く長く」っていいですね!
    これからも、楽しみにしていますね。

    • Mattari
    • 2012年 3月21日 10:36pm

    おっと!ごめんなさい・・・
    桃田さんへのコメントを入れてなかったm(_~_)m
    さっき手持ちのカセットに入っていた解説を見ていたけど
    実際にはもっとここまで込み入ったものだったとは
    驚きで、いい意味で噛み砕いて分り易くしてある点も
    画期的だと思います。
    恐らく同じことを私にやれと言われても無理だと思います。
    桃田さんのガッツと実行力には適わないと思います。
    ホンマに長い事お疲れ様でした。

  2. 竜子さん、桃田さん、
    連載、お疲れ様でした。
    そして、ありがとうございました。
    この作品は私にとってもとても思い入れの深い作品であり、
    武田氏との出会いでもありました。
    セリフとして覚えてしまうほど、何度も何度も聞いたものです。
    こうして、音源と素敵な文章と懐かしい写真でここでこの作品に再開できたこと、感謝いたします。
    で、つぎは?

    • 桃田素晶
    • 2012年 3月22日 11:22am

    桃田です。
    先ず以って、お付き合い頂きました事を、心よりお礼申し上げます。
    私の原稿の不手際で、皆様にご迷惑をお掛け致しましたこともお詫び申し上げます。
    故 武田一男さんは、本作を最後まで見届けることなく、急逝されたことは誠に悔やまれてなりません。心から哀悼の意を捧げ、安らかならんことを、ただ祈りばかりです。
    武田さんの偉業は云うに及ばず、今でも多くの方が武田作品に親しみを持ち、愛着を持っておられています。ネットでも多くの作品が配信されていますので、航空の魅力・素晴らしさを感じて頂ければ、武田さんも、ご家族も喜ばれるのではないでしょうか。
    本作でコメント頂いた方々に対し、お答え出来ておりませんでしたので、この場でコメントさせて頂く事をお許し頂きたいと思います。
    おいちゃんさん へ
    あなたのコメントは正直、ボディブローでした(笑) しかし、楽しみにされている方が居られると知って、奮起して書いたのを思い出します。でも、再度コメントして頂いたことは、すごく嬉しかったです!素直に「戻ってきてくれた!」と。昔の雑誌に書かれたあったチェックリストもご存知のようで、羨ましい限りです。是非とも大事に持っていて下さいね。ありがとうございますっ!
    オヤジさん へ
    あなたには助けられました。本当に落ち込みましたからね(笑)でも、あなたの一言で奮起しました。武田さんと私の共通点は、「1人でもいいので、楽しんでくれればそれでいい」です。何か青春ドラマみたいですが、これが我々の本音です。これからも宜しくお願いします。ありがとうございました。
    見た目はおじさん へ
    ご指摘に感謝いたします。私の調査不足でした。でも嬉しかったです!キチンと指摘して頂き、私も誠意を持って答えなければならない。その関係がほんの一瞬でも持てたことに感謝いたします。ありがとうございました!
    ニーチェさん へ
    フォローして頂き、ありがとうございました。間違っていなかったと云う嬉しさと勇気を頂きました。ありがとうございました!
    風天マンさん へ
    見た目はおじさんとの、やり取りは最高でした!メチャメチャ嬉しかったです。作品作りってこんなに楽しいものだと教えて頂きました。「一人でやらねば…」と思っていたのですが、所詮1人では出来ないことを教わりました。こういう関係って本当にいいもので、ワクワクします。ありがとうございました。
    hiroさん へ
    本当に細かい部分までの指摘、ありがとうございます!大変勉強になりました。これからも知識を増やしていって下さい。
    ありがとうございました!
    風さん へ
    ご意見、有難く頂戴いたしました。連動システムになっていたとは知りませんでした。これで知識が増えました。ありがとうございました。
    777300ERさん へ
    ご指摘ありがとうございます。私の聞き方が悪かったです。ヘタに知識を持っていると、聞けば聞くほど自分の知識が当然のように思える嫌いがあります。おかしいと思いながらも、そうでしか聞こえないことも多々ありました。ここにリライトの難しさがあります。
    Mattariさん へ
    やはりあなたは只者ではないです。あなたの豊富な知識と教養には脱帽です。私はあなたが書いたドキュメントを読みたいです!編集長も同じ思いではないでしょうかね(笑)あなたなら絶対にワクワクするようなドキュメントを書くことは間違いないと私は断言します!
    Airmanさん へ
    いつもありがとうございます。おいちゃんさん、ニーチャさん、Mattariさん、Airmanさんと、本作に影響された方がおられたことは驚きであり、力強かったです。私も武田さんのジャンボ機の作品の中で本作が一番気に入っています。何度聞いても飽きませんし、聞くと勝手に口ずさんでしまうぐらい、覚えてしまいます。
    竜子さん へ
    本当に色々とお世話になり、ありがとうございました。あなたには手間ばかり掛けさせてしまい、本当にも申し訳ありませんでした。こうやって終えることが出来たのも、あなたのお陰と思い感謝しております。
    これからも焦ることなく、毅然とした態度で望まれ、マイペースにブログを続けて言って下さい。1人のブログファンとして心から願います。ありがとうございました(^O^)/
    武田一男さん へ
    逝かれてから心に穴が開いたようになっています。私は武田さんが書いた朝日ソノラマ社の「機長席」が基本です。そこからブログで初公開したJAS115便の「機長席」、YS11の「雨中航路」、本作「ヨーロッパ飛行」と、私が経験したことの無いコックピット・ドキュメントと云う世界を見せてくれました。「難しいこと考えないでいいですよ。あなたの世界観を

    • 桃田
    • 2012年 3月22日 11:24am

    途中で切れてしまいました。申し訳ありません。
    武田一男さん へ
    逝かれてから心に穴が開いたようになっています。私は武田さんが書いた朝日ソノラマ社の「機長席」が基本です。そこからブログで初公開したJAS115便の「機長席」、YS11の「雨中航路」、本作「ヨーロッパ飛行」と、私が経験したことの無いコックピット・ドキュメントと云う世界を見せてくれました。「難しいこと考えないでいいですよ。あなたの世界観を出せばいい。きっと伝わるから」と口癖のように云われていました。書き上げた時、「よく勉強しましたね。脱帽。僕よりすごい。」と褒めて頂いた事は正直に嬉しかったです。でも後日書いた原稿に、たくさんの赤字で訂正がありました。満足されていなかったのです。「まだまだだよ、もっと読み手のことを考えて書きなさい。」と云われているようでした。
    武田さんが、どうしてもしたかった作品のレコードを頂いた時、私は勝手に原稿を書き始めました。何故書き始めたのか分かりません。しかし「書きたい」という気持ちと「書かねば」と云う気持ちがあったのは確かです。自分の中で武田さんとタッグを組むと思い込んでいたのです。武田さんの考えが固まっていないことを知っていながらもです。今思うと、非常に傲慢でした。プロである武田さんと同等だと思っていた自分が腹立たしく、恥ずかしかったです。それから書くことを止めました。
    今でも書いた原稿を読むことがあり、読むたびに「書く始めるべきか否か」と考え込んでしまいます。いつか書き始める日が来るのでしょうかね。そんな日を待ちたいと思います。
    ありがとうございました。そして感謝いたします。
    みなさん!本当に最後まで、ありがとうございました!

    • 桃田素晶
    • 2012年 3月22日 12:41pm

    度々すみません。
    haruhikonさん へ
    写真をお貸し頂き誠に有難う御座いました。写真の力は、モノ凄いものです。一枚の写真で、雰囲気がリアルになります。本作で使用した写真を見せて頂いた時は、まさにそうでした。写真を引き立たせるような、且つ負けないような原稿を書かねばと思い、原稿を書き直した程です。
    貴重な写真、本当にありがとうございました。

    • 竜子
    • 2012年 3月22日 11:03pm

    ■Mattariさん
    なんか変な雰囲気にさせてしまってすみません。
    温かいコメント、どうもありがとうございました(私がいうのもなんですが)。
    ■Airmanさん
    Airmanさん、コメントありがとうございます!
    そして色々とご協力とご支援くださり、ありがとうございました。
    桃田さんの作品、次も期待しちゃいますよね!
    ■桃田さん
    すごいですね。コメントくださった皆さんの名前が…。いろいろ思い出しました。
    こちらこそ、本当にお世話になりました。
    これからも、どの作品もブログで掲載し続ける予定ですし、続けていれば、そのうち読者もガラッと変わる時が来るかもしれないです。これからブログに訪れる人の多くは、武田さんの名前を知らない人ばかりになると思います。でも、その方達にとっては、この作品は桃田さんのものになっているはずですから、「書く」ことについては、もっと軽やかに考えれば良いと思います。
    ブログ復帰後、「航空」クリックを押してくれた人がこの2日間でいちばん多かったですよ! 何かの指針になればいいのですが…。でもそのうち気分が乗ったら、よろしくお願いします(笑)

    • 見た目はおじさん(敬称不要です)
    • 2012年 3月31日 3:55am

    竜子さん桃田さん本当にお疲れ様でした。
    微力ながら作品作りに協力出来たことを嬉しく思います。
    何かの音源を自分で書き起こしてみたいなぁと思わせる作品でした。

    • 竜子
    • 2012年 3月31日 9:08pm

    ■見た目はおじさん
    こんにちは!
    掲載が遅くなってすみませんでした。
    これで最後になってしまいましたが、思い出深い作品になりました。
    最後までおつき合いくださり、ありがとうございました。
    いつか、もし見た目はおじさんが本当に書いてみたいと思う時が来たら、みんな協力してくれると思いますよ!

    • なかむら
    • 2013年 2月23日 11:49pm

    ヨーロッパ飛行の「航空サウンド」は聞けないのでしょうか。

      • 竜子
      • 2013年 5月26日 7:01am

      ■なかむらさま

      コメントどうもありがとうございます。
      「航空サウンド」は、現在音声のみ下げております。
      私が技術的にクリアできれば、「ヨーロッパ飛行」は再度音声をアップする予定でおります。
      年明けが目安です。よろしくお願い足します。

      コメントへの返信が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

  1. トラックバック 0