飛行機好きだな、って思うとき!

こんにちは、竜子です。

やっぱり、飛行機っていいですよね〜。なんで好きなのか、いろいろ理屈をこねるときがあるけれど、こればっかりはもう感覚的なものなのかもしれません。

たとえばね、リラックスするために機内に持ち込んだ本のはずなのに、本を開くのもイヤ! ってほどけっこうクタクタに疲れていたとするでしょ。「あぁ、しんど〜〜〜」ってな具合に完全に気力が失われてる状態。
でも、そんなうっとうしい気分から放たれて、ハッとするときがあるんだよ。

こんな景色を見たときとか。

機窓の風景

(NRT→BKK/2012.03)

こんなのを見つけたとき!!

機窓の風景

(NRT→BKK/2012.03)

写真はきれいじゃないけど、「うわ、飛行機って最高!」って思う。
でもって、飛行機から見る飛行機雲は、骨抜きモノだよ。

つぅーーーーーーーーーーーーーーっと。

機窓の風景

(BKK→NRT/2011.09)

クラッっとね。

機窓の風景

(BKK→NRT/2011.09)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
    • Mattari
    • 2012年 3月25日 6:24pm

    オイラだと去年乗ったSASで撮れた
    ブロッケンだな。
    MD-82に乗った時に雲にはしっかり
    あの機影が雲に写ってニンマリしました。
    あとは今日乗ったピーチ長崎線初便で
    到着時に消防車の放水アーチを
    体験出来た事だね。
    だから用もなく飛行機に乗っちゃうんだな…これが(笑)

    • Mario
    • 2012年 3月25日 6:50pm

    まったくおっしゃる通りですね。フライトは「非日常体験の詰め合わせ」です。機窓から片時も目が離せません。
    私は上空から空港がキレイに見えたとき、ちょっとうれしいです。いま飛び上がったばかりの成田とか、台北桃園機場が真上から見えたときとかは、もうテンション上がりまくりです。

    • キネマ航空CEO
    • 2012年 3月25日 8:52pm

    飛行機雲 いいですね!
    私の場合は地上から見ているときは口が半開きです。竜子さんはどうですか?
    ところで「飛行機雲」は英語では Contrail 。
    -trail はなんとなく分かるのですが Con- の由来はわかりません。
    このほかには Vaper trail や Condensation trail が
    あるようですが、これらは分かりすぎて「飛行機雲」が呼び起こすセンチメントはおこらないですね。
    やっぱり「コントレール」がいい。意味は分からないけど・・・

    • 竜子
    • 2012年 3月25日 11:18pm

    ■Mattariさん
    私もブロッケン現象、ありますっ!「おっ」ってなりますよね。
    飛行機のやや下あたりで、それこそ首を伸ばして見続けるのがようやくという感じでした。
    写真に撮るの、難しかったのでは?!
    ■Marioさん
    わかります!! コメントを読んでたら、心臓の鼓動が早くなりましたよ。
    悲しいかな、「電子機器のご使用はご遠慮ください」の時間帯ですよね…。
    写真なんか撮るようになったの、ごくごく最近なので、本当に胸にしまっておくしかない景色ですよね!
    ■キネマ航空CEO
    私は十割開きです! でも二重あごになるとまずいので、多分、2割開きくらいだと思います(笑)。
    ところで、「Con – trail」の由来は、CEOが後述された「Condensation Trail」そのものを短くした表現のようです。
    http://www.etymonline.com/index.php?allowed_in_frame=0&search=contrail&searchmode=none
    ザックリと把握できましたが、訳が不安なので、語源をURLで。
    「condensation」←(condense+ation)←(con・dense+ation)
    http://www.etymonline.com/index.php?term=condense&allowed_in_frame=0
    余談ですが、「Con」には海事用語では「舵を取る」というなんて意味もあるそうで、そっちの方向かと思ったのですが、略語という意外な結果に…。
    成り立ちが浅くて最初はビックリしましたが、よくよく考えると飛行機自体の歴史が浅いので当然なのかもしれませんね。

    • キネマ航空CEO
    • 2012年 3月26日 12:12am

    お手数をかけてしまいました。
    なるほど!
    でも聞きたくなかったな〜
    日本語だと「凝結航跡」? 縮めようがないですね。
    con- には接頭辞として with の意があるので (Plane) with trail と思っていたかった。(英語としてはおかしいと思いますが)

  1. おはようございます。
    私も見るのも、乗るのも大好きです>ヒコーキ。
    昼間のフライトではいつも目を皿のようにして(笑)窓の外を眺めています。(窓側に座っていながらシェードを降ろして寝ている人がよくいますが信じられない…爆)
    今年の1月に FUK-HND で CI のジャンボとすれ違った時は思わずニンマリしちゃいました。
    http://nagamatsu.air-nifty.com/oyaji/2012/01/17-94be.html

  2. 飛行機から見る景色、本当に心躍ります。
    見えるのが判っていれば富士山は絶対に探すし、下に見える空港はとりあえず写真に撮っておいて、後からGoogle mapで探しますよね(笑)
    雲の表情も刻々と変わるし、
    海外便だと日の出や日の入りが本当にきれいですよね。
    空の上の景色、いつ見ても楽しいしです。
    あ、飛行機にさえ乗っていれば楽しいのかな?
    だって、プロペラ機で雲の中しか飛んでなくてもなぜか楽しいですから(苦笑)

    • 竜子
    • 2012年 3月26日 9:07pm

    ■キネマ航空CEO
    すみません!!
    今ちょうど英語を勉強し始めたところだったので、ついつい…(^^;
    結露の説明が入ってる言葉なんて…。
    本当に「contrail」がスマートでいい塩梅な表現ですよね。
    ■haruhikonさん
    こんにちは! 素晴らしい写真ですねー!!
    コンデジとは思えないですが、写真でもニンマリが伝わってきます。
    シェードは空けとかないともったいない。
    飛行機に乗ると必ずと言っていいほど目が日焼けで充血しますが、
    空ではUVカットガラスでも漏れてしまうのでしょうね。
    ■かなぴさん
    探しますよね! でもすぐに忘れてしまったりしますが(笑)。
    あと、雲を突き抜ける瞬間も、心の中ではしゃぎまくっています。
    私も飛行機に乗ってるのが楽しいのか、景色が楽しいのか、旅行が楽しいのか分からなくなります。
    いずれにしても「飛行機って凄い!」に着地しちゃいますが。

  1. トラックバック 0