乗客に日本人はいませんでした

子供の頃からの疑問のほとんどが解決しないまま、竜子は大学生になりました。ずっと解決しなかったのは、ひとえに勉強をしなかったこと、これに尽きると思います。
たとえば、高校生のときは自主選択科目は得意な方を優先したし、よりラクな科目で進級し、より科目の少ない入試を踏んでより楽しい毎日を選んできた、そんな具合です。時代はちょうど女子高生ブーム。繁華街を歩けばなんかしらタダで楽しめたので、完全に調子に乗ってました。

だって、お菓子を食べに行くと3000円もらえるとか(女子高生には大金です)、アンケートに答えると映画のチケットもらえるとか、女子高生モニターがあっちこっちであって、喉が渇けばココ、お腹がすいたらココ、アイスが食べたきゃココ、髪を切りたければココ、雑貨が欲しければココ(もちろんすべて無料)、やれこっちはテレカだ、あっちは現金だ、と都内のあちこちに何ヶ所もそういうスポットがあって、何をするにも事欠かない楽しい日々だった。←まるでバブル世代の人が、バブル時代の狂乱と華やかさを良き思い出として語るときのように、目をキラキラさせて書いちゃいました(笑)。

若気を思いっきり謳歌した甲斐あって(?!)、「なんでだろう?」って感覚が生まれても、そのまま胸の中だけに留まっていて、「みんな不思議に思わないのかなぁ? もしや私だけ?」みたいな、ふつふつとした感情だけが頭にある、くらいの感じでした。

だから大学に入って、「竜子君の疑問を30個書きなさい」という演習授業で、盛りだくさんの疑問を書き連ねた私に、先生は図書館にお住まいのハイデッガーさんとカントさんという人を紹介してくれた。このふたりは、長年晴れなかったありとあらゆる感覚を、超〜見事に言語に置き換えていて、「おいおい、私の疑問のほとんどが100番煎じ並みに淘汰されてるじゃん」って知ったときはガッカリした反面、感激で満たされ、ずいぶん身が軽くなったように感じた。
きっと幼いうちは、学校のクラスメイトと親と私だけで、世界がすごく狭くって「私だけかもしれない」というのは身に重く、けっこう深刻にとらえがちなんだと思う。こういう学問があるのをもっと早く知ってれば、良かったなとも思いました。

思春期病や青春の病から来るたくさんの疑問も、「な〜んだ、私だけじゃないのか!」と一気に晴れたのも、大学時代です。都内の女子高生から、地方の大学生になって、生まれも育ちも価値観も環境もまるで異なる生徒がごったがえしてた学校だからだとは思うけど、マニアックな人、ミーハーな人、普通の人、変わり者…、いろんな友達や仲間が出来て、「えっ?」が「へぇ〜」に、「へぇ〜」が「なるほどー」になったりした貴重な時間だった。

さて。当時の大阪の深夜は、一通りテレビ番組が終わると、売り出し中のバンドとかのPVがしばらく流れてから、今日の放送終了、というのが常でした。その後は砂嵐か朝イチの番組が始まるまで中之島辺りの街角固定カメラの映像に切り替わるという感じ。当然のように毎日明け方まで起きていたから、点けっぱなしのテレビから流れてくる音楽を無意識のうちに繰り返し聴いていたわけだ。そんなあるとき、THE YELLOW MONKEYというバンドの「JAM」って曲がずっーっと流れてて、あるワンフレーズで「あ、私だけじゃないんだ」って感覚になった。そのフレーズがこれ。


外国で飛行機が墜ちました。ニュースキャスターは嬉しそうに
『乗客に日本人はいませんでした』
いませんでした。いませんでした。
僕は何を思えばいいんだろう 僕は何て言えばいいんだろう

「ニュースキャスターは嬉しそうに」言ってるとこは見たことないし、実際には、シリアスな顔つきで言ってるよね。まぁ、これは置いとくとして。ただ「乗客に日本人はいませんでした」の真意が、昔はずっーとよくわからなかったから、「あ、同じこと思う人っていっぱいいるんだな」って思ってね。
でも今は、同邦の安否を知りたい人に向けた気遣いだってことがわかる。飛行機が事故を起こしたことと、別次元の情報であることも。在外邦人を関係者に持つ人はその一言(情報)があるのとないのとでは、ニュースの受け止め方がまるで違う。逆に、犠牲者に日本人がいたときには、これもきっと受け止め方が変わる。だから、真っ当な情報なんだと思うにいたる。
でも、小さい頃や若い頃ってのは、そういう感覚ってのがまだ養われていないから、
「事故があった。=乗客に日本人はいませんでした=良かったね(朗報)」
というイコール結びをして、違和感を持っていたんだと思う。
「事故があった。→(ちなみに)乗客に日本人はいませんでした。」
付随情報としてとらえるかどうかの話なのかな。
でもね、飛行機に限らず、海外で事故があると、この歌のフレーズを聞いた年頃の感覚が、毎度よみがえるんだよ。どっちが正しいとか、どっちが大人とか、そういうんじゃなくって、きっとどっちも正直な感覚なんだよね?

冒頭はおちゃらけているけれども、飛行機が好きなだけに、事故で犠牲者が出たことにただ心が痛むんです。
今日は、サンフランシスコ空港で亡くなった若い犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方々に心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
  1. ども。Mattariです。今ちょうど、その渦中にある国から帰国するとこです。まあ小生も同じようなネタを某SNSで書いたけど、確かに未だ引っかかし、報道の難しさを感じるよ。

      • 竜子
      • 2013年 7月10日 12:08am

      まったりさん、こんにちは!
      アメリカですか、いいですね〜。
      日本人の安否は言って当然だし、それが報道の役割だと今は普通に思いますー。
      それに実際、日本人の安否気になるし…。
      「知り合いが今日あたり行ってるはずなんだけど…」とか駐在員さんの家族とか、知りたい人いっぱいいるしね!
      ところで、まったりさんと同じネタ? ごめんね、気づかなかった(><

    • Mattari
    • 2013年 7月10日 8:16pm

    いえいえ(^_^;)アメリカはESTAが面倒臭いから韓国ですよ(^_^;)いつも食べる参鶏湯が目当てです(^^)

      • 竜子
      • 2013年 7月11日 12:30am

      贅沢な旅行だなぁ〜。
      よく讃岐うどんを食べるために香川まで飛行機で、なんて話を聞くけど、参鶏湯食べに韓国かぁ〜。
      私も今度そういう言い方してみようかな。

    • Mattari
    • 2013年 7月11日 9:28pm

    いえいえ、いつものオンドル旅館でぼぉ〜としてるだけ。NHKのBSがあるからあまちゃんの朝ドラ見ながら無料のパン朝食を食べて、サウナに行こうか、悩みながら宿で頼める、昼の定食出前までボケぇ〜としてるよ(笑)

      • 竜子
      • 2013年 7月14日 12:52pm

      10月になったらどこかに行ってみよーっと。

    • まきちゃん
    • 2013年 7月12日 5:18pm

    ブログ再開嬉しいなぁ!
    飛行機や飛行機のニュースを見聞きするたび、竜子さんを想っていますよ‼

      • 竜子
      • 2013年 7月14日 1:06pm

      まきちゃーーーん!
      久しぶり〜
      私は妄想が広がって「はっ」とするたび、まきちゃんのこと想っていますよ!!
      まきちゃん元気かな。しばらく会ってないね(><)

    • ひこうきだんご
    • 2013年 8月29日 4:55pm

    女子高生ってすごかったんですね。知らなかったです・・・
    3000円とか羨ましいですね。。。
    私も若いとき、内容は全然違いますが、
    初詣出で人がたくさんいるところで、

    この人にはこの人の人生がある。その人にも違う生き方。あの人にもお父さんがいる。あの犬は・・・

    とかずっと考えながら歩いて どうなってんだぁっっ ってクラクラになってやばかった時期がありました。
    今思えばなんのことやらわかりません(笑
    多感だったなと今は思っていますが、その多感なその頃の自分が羨ましかったりします。

      • 竜子
      • 2013年 9月20日 12:45am

      飛行機だんごさん、すっかりお返事がおそくなりまして。
      多感って、年齢によるものなんでしょうかね。
      周期的に訪れるものなんでしょうかね。

    • IQ descent
    • 2013年 9月10日 4:29am

    はじめまして。
    武田一男氏を検索していてたどりつきました。訃報も知りました。
    武田氏の作品を公開しておられるようですが、プレイヤー?が見えないのは公開を終わられたのでしょうか。

    ところで竜子さんの混乱は落ち着かれましたか?

    私もずっと「日本人は…」に違和感を持ち続けています。かなり早い時期に母に竜子さんの結論と同じように教えられたのですが、それでも納得が行っていません。
    JAL123 の事故の時に誰やら(政府か警察関係者?)が「特に警護の対象となるような搭乗者は居なかった」という表現をして後々問題になったことがあります。それと「日本人は…」にはほとんど違いが無いように感じるのです。一方がありで他方が無しという線引きにいまだに納得できておりません…。女子高生の時代のエピソードを見ると私は竜子さんよりン年ほど年上らしいのですが、まだ理解が子供です。

      • 竜子
      • 2013年 9月20日 12:58am

      IQ descentさん

      はじめまして。
      武田さんの作品の件ですが、今日まで多忙を極め(自分で言う言葉かどうかは微妙なところですが)、管理できずにおりましたので、その間、音源自体は下げさせていただいております。
      今後順次復帰させていく予定ですので、しばしお時間を頂戴できればと思います。

      線引きっていうのは、いつも難しいですよね。
      大人になって子供的な見地で意見を言うのは、いさましくもあって良いと思います。
      わたしは大人ヅラしてるだけなので。

  1. トラックバック 0