投稿者別アーカイブ

うららかな羽田空港

羽田空港第1ターミナル

こんにちは。
竜子です(ただいまアイドリング中)。

今日はあたたかで、春めいた風が吹いていましたね。
いつもなら、1月の終わりには梅の花が咲いていましたが、今年は遅い! 今日みたいにぽかぽかした陽気の日が来たら、ついつい梅を差し置いて、桜の花が咲くのを期待してしまいます。
こんな日には、リニューアルされた第1ターミナルのウッドデッキでひなたぼっこするののが心地が良さそうですよね。

写真は、先週の羽田空港。
帰り際、ツーーーーーーっと伸びる飛行機雲を発見。
もうにじみかけていますが、この日もうららかで気持いい空でした。

羽田空港の飛行機雲
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

成田空港のひな祭り

こんにちは。
この間、成田空港へ行ったらおひなさまが飾ってありました。
成田空港のものは、七段飾り。
家で見ると、和室が埋め尽くされてしまいそうな勢いで、窮屈そうにしていますが、
空港でみると、「ちっさっ!」ってな具合です。
成田空港の、心ばかりのおもてなしですね。

おひなさま、七段飾り

まずは、1段目。
おだいりさーまと、おひなさまー♪

2段目は、三人官女。

3段目は、五人囃子のふえだいこー♪

4段目は、左大臣と、赤いお顔の右大臣ー!

5段目は、怖いおじさん、困ったおじさん、ゆかいなおじさん。

6段目は、タンスとか、鏡台とか、火鉢とか、針箱とか、お茶道具とか。

7段目は、籠と重箱と御所車と。

今日はたのしい ひなまつり〜♪

ちなみに、5段目のヘンなおじさん3人トリオは、三人上戸(三人仕丁とも)という、怒り上戸・泣き上戸・笑い上戸らしいです。

ってことで、うちは3人姉妹なので、これからひな祭りパーティーです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

長らくお休みしてしまって…

まだ終わってない連載があるのに、長らくお休みをしてしまい、すみませんでした。
なんとなくプツッと糸が切れてしまって、長引いてしまいました。

以前ほどのペースで更新はしませんが、ぼちぼち再開して行きますね。

では、また、後日。

フードローダー、機内食の搭載所がすごい!

おはようございます、竜子です!

だいぶ日にちが空いてしまって、こんなに空くとちょっと照れくさくって何を更新したらいいか分からない、ということで。サクッっと出がけに写真を1枚。
ケータリング会社では老舗とも言うべきTFK社の回収&配送システム(搭載所?!)を。

TFK搭載所

ここまで密集してしかも機能的だとは思わなかったので、間近に見るとほんとうに驚きです。
番号が振られているところにトラックが乗り入れて、1階部分から食事後の機内食を回収し、配膳準備済の新しい機内食は、フードローダーの荷台を高く上げて2階部分から搬入するという…噂の場所です。TFKには、到着機からおろした食器洗浄業務を中心とした芝山工場があるのですが、こちら(TFK本社工場)は地上2階、地下2階構造になっています。

写真に映っているのは、22番〜28番ですが、これがズラっと並んでいるんですよ。いやはや、こんなに密集してるとは…まるで駐車場(駐車場にはかわりないのですが…)!! 高速道路の大型車専用の駐車場スペースよりも狭いですよね!

成田空港のターミナル近く、管制塔の真向かいの通り沿いにあります。
はたらく車・フードローダー編にも写真を追記しておきました。

ずっと栃木への通いが続いていて更新もままなりませんが、どこかのタイミングでグワっとお会いしましょう…。
では、いってきます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

B747コックピット「ヨーロッパ飛行」第12回

[title_europe]
ヨーロッパ飛行画像(haruhikon提供)

「カストラップ空港へ進入 コペンハーゲンアプローチ」

—————————————-
★「ヨーロッパ飛行」挿入12

※「▶」の再生ボタンをクリックすると航空サウンドが流れます

—————————————-

412便は下降を続けている。岸田副操縦士が「ワンタウザント」とコールした。指示高度7000フィートまで、残り1000フィート。まもなくすると、7000フィートに達したブザーがコックピットに響いた。
「ジャパンエア412 リクエスト ヘディング」(日本航空412便へ。現在、どの方位で飛行していますか)
「ヘディング 030 (ジャパンエア)412」(030度の方位です)
「ターン レフト ヘディング 015…」(機種を015度の方位にして下さい)
「ラジャ ジャパンエア412 レフト ヘディング 015 ウィ ア メンテニング 70」(了解しました。機首を015度に向けます。高度は7000フィートです)
CODANを通過し、機首を15度に左旋回し7000フィートで水平飛行している。右手にスカンジナビア半島、左手にデンマーク最大の島シェラン島、その間にオアーソン海峡があり、JAL412便はオアーソン海峡の中央を北に向かって、飛行している。
「(コペンハーゲン)アプローチ スターリング281 グッドアフタヌーン フライトレベル145 パッシング300」(コペンハーゲン・アプローチ管制へ。スターリング281便です。現在3万フィートを通過し、1万4500フィートに下降中です。)
北から空港に進入してくる航空機の交信が入ってきた
「スターリング281 レーダー コンタクト ラディアル160 フォア ベース 22レフト ブラボー インフォメーション」(スターリング航空281便へ。貴機をレーダーで捕捉しています。機首を160度の方位で飛行して下さい。滑走路は22レフトです。空港情報Bを入手して下さい)
「160 スターリング281 フォア ベース 22レフト ブラボー インフォメーション」(機首を160度で飛行します。滑走路は22レフト。空港情報Bを入手します)
コペンハーゲン空港をハブとしてヨーロッパに路線を展開しているアイスランドスターリング航空である。現在は破産している。
管制官は降下高度の指示を出した。空港へのアプローチが始まった。
「ジャパンエア412 クリア トゥ 2500フィート 1019ミリバール」 (日本航空412便へ。2500フィートまで降下して下さい。気圧は1019ミリバールです)
「ジャパンエア412 クリア 2500フィート 1019」(2500フィートまで降下します。1019ミリバール)
「じゃあ、そちらはILS…」
副操縦士にカストラップ空港のILSの電波を受信する操作を指示した。いよいよ、空港への進入(アプローチ)が始まった。進入に際しての計器チェックであるアプローチ・チェックリストを始めた。

JL412ランディングデータ

「アプローチ・チェック」
「ブリーフィング フォア ランディング…コンプリーデッド」
「ランディング データ…セット アンド クロス チェック」
「オート ブレーキ…ミディアム」
「エバケーション コマンド スイッチ…アーム」
「キャビン サイン…オン」
「レディオ INS スイッチーズ…レディオ」
「レディオ アルティメーター…200 セット」
「アルティメーター…セット 1019…セット アンド クロス チェック」
「サーキット ブレイカーズ…チェック」
「フュエル…セット フォア ランディング」
「プレイシャラゼーション…セット」
「アナンセーター パネル…チェック」
「フライト ナビ インストゥルメント…セット アンド クロス チェック」
「アプローチ チェックリスト コンプリートです」
「ラジャ」
パイロット達は、計器が正しく作動していることを確認した。副操縦士は、すぐさまILSの周波数をセットしたことを機長に報告した。
「マイサイド ILS ID オーケーです」
「ジャパンエア412…」
管制官から交信が入った。声が篭り、聴き取り難い。
「ハウ マッチ ファイナル ウッド ユウ ライク?」
「ハウ マッチ…何ですか?」
「セイ アゲイン プリーズ」(もう一度、お願いします)
「ハウ ロング ディス イズ ソウ ウッド ユウ ライク オン ファイナル」(最終進入地点まで、あと何マイルですか)
「えーっと…」
「スタンバイ ワン」(待って下さい)
「5マイル」
「(ジャパンエア)412  5マイル  オン ファイナル」(5マイルです)
管制官はすかさず、スターリング281便に指示を出す。
「スターリング281 スピード 220 ランディング」(スターリング281便へ。スピードを220ノットにして下さい)
「リデュース 220 ランディング スターリング281 アンド 70 トゥ 50」(220ノットにします。現在7000フィートを通過し、5000フィートに降下中です)
「ジャパンエア412 クリア トゥ  1500フィート レフト ヘディング 350」(日本航空412便へ。1500フィートまで降下し、機首を350度に左旋回して下さい)
「ラジャ ジャパンエア412 クリア トゥ 1500 レフト ヘディング 350」(1500フィートまで降下し、350度の方向に左旋回して下さい)
管制官は空港に進入してくるJAL412便とスターリング航空281便の進入調整を終えた。

機長はフラップを5度の位置まで下げるように指示した。
「フラップ5」
副操縦士は自席左にある翼の形をしたレバーを上に引き上げながら、5度の位置にセットした。
「ジャパンエア412 フライ トゥ レフト ヘディング310」(日本航空412便へ。機首を310度の方向へ左旋回して下さい)
「ジャパンエア412 ヘディング 310」と復唱した。
「スターリング281 クリア トゥ 2500フィート 1019」(スターリング航空281便へ。2500フィートまで降下して下さい。気圧は1019ミリバールです)
「2500フィート スターリング281 1019 アンド スピード ナウ 240 リービング」(2500フィートまで降下します。気圧は1019ミリバール。現在のスピードは240ノットで降下中です)
「(フラップ)10」
更に、10度にするよう指示した。コックピットは緊迫した雰囲気に変わった。
「ヘディング 310 です」
「ワン タウザント」
指示高度である1500フィートまで、残り1000フィートを切った。
「ジャパンエア412 レフト ヘディング 250 クリア ILS」(日本航空412便へ。機首を250度の方向に左旋回し、ILSの電波に乗って下さい)
「ジャパンエア412 レフト ヘディング 250 クリア ILS 22レフト」(250度の方向に左旋回し、ILSの電波に乗って滑走路22レフトに向かいます)
「スターリング281 ターン トゥ ヘディング 260 クリア ILS 22レフト」
(スターリング航空218便へ。機首を260度の方向に右旋回し、ILSの電波に乗って滑走路22レフトに向かって下さい)
「ライト 260 クリア ILS 22レフト スターリング281」(右に260度に旋回し、ILSの電波に乗って滑走路22レフトに向かいます)
管制官はスターリング281便に、JAL412便の後ろに入り進入せよとの指示を出した。
目の前にカストラップ空港の滑走路が見え、副操縦士は「ランウェイ インサイト」(滑走路、視認しました)と、コールした。
「レーダー スタンバイ しておきます」
「グライド スロープ ムービング」
副操縦士は、着陸誘導の電波を受信して計器に表示されていることをコールした。412便はまもなく着陸する。

桃田素晶

「ヨーロッパ飛行」は次回が最終回です。

「B747Cockpit ヨーロッパ飛行」
解説:桃田素晶/録音:武田一男 ©Director’s House

【著作について】「B747Cockpit ヨーロッパ飛行」で収録している音声、音源等は武田一男、及びディレクターズハウスが著作権を保有しています。商用、非商用に関わらず無断転載、複製の一切を禁止いたします。また、解説は桃田素晶、表紙写真はharuhikonに著作があります。詳細については当ブログ管理人までお問い合わせください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
[ad_europe]

空の日フェスティバルに行ってきたよ

こんにちは、竜子です!

成田空港の空の日フェスティバル行ってきましたよ!
初めて行きました…。
この日は丸1日、成田空港で過ごすことを考えていたので、ちょっと早めに家を出て、P3の上限金額のある駐車場に車を入れる予定でいたのですが、なんと! 空の日フェスティバルに参加する人は、あらかじめ駐車スペースが用意されていて、駐車場代が無料なのでした! これはちょっと驚きです。どこにもそんな案内書いてないし…。知ってる人だけの情報って感じなのでしょうか。成田空港へ出掛けるっていうのは、羽田空港に行くのと違って、竜子にしてみりゃ小旅行気分。なのに、高速代も祝日は半額で、電車代程度(往復2500円位)で遊びにいけちゃったのは、かなり嬉しかったです。普段なら7000円コースですよね!(どんぶり勘定ですが)

開会式に間に合っちゃった。

成田空港・空の日フェスティバル2011

そして、そこにいたのは、いつの間にかおなじみになりつつあるクウタン! ゴーグルが印象的な成田空港のマスコット・キャラクターです。左にいるマスコットは分かります? 見たことあるようで、ないような…。羽が生えてるのがヒントなんですが、これは「くにまる」です。空の日の9月20日、「920」でくにまるです。空の日のマスコット。

成田空港・空の日フェスティバル2011

千葉県で活躍中の「ASAKA DANCE CITY」のみなさんによるダンスショーもありました。こんなに小さくっても光る子とか、応援したくなる子っているもんですよねぇ…。

成田空港・空の日フェスティバル2011

おさかなくんも踊っています。…というのは嘘で、「ホワイトボードの絵はなんのお魚でしょうか?」というクイズです。おさかなくんは、どこでみてもおさかなくんですね。とりあえず竜子は心の中で「フグ」だと答えました。

成田空港・空の日フェスティバル2011

ハイ! ハイ! ハイ! って子どもたちが凄い元気!
「フグだよ〜ん!」って、竜子は思っているのですが、子供の回答によって「ボラ」だということ分かりました。ボラなんて想像もしませんでしたし、そんなボキャブラリーもありませんでした。そういえば、そんな名前きいたことある…みたいな。子どもの方が賢いです。

成田空港・空の日フェスティバル2011

この日は、千葉県警の交通機動隊? も出動。白バイに乗って記念撮影ができます。

成田空港・空の日フェスティバル2011

バルーン状のトランポリンって言うんですかね、こんなのもあって子どもたちに大人気です。

成田空港・空の日フェスティバル2011

というわけでして。
この日は他にも、スパリゾートハワイアンズのフラガール・ショーや、千葉ロッテマリーンズのショー、海賊戦隊ゴーカイダー・ショーなどが開かれていたようです。
もうお気づきのはずですが、この日は家族連れ以外が行っても、飛行機ファンが楽しめそうなものはあんまりありませんでした。「空の日」って空や飛行機の啓蒙のためのイベントだと勘違いしてました。9月10日、11日であれば、航空ジャンク市が開かれていたようなので、来年はそっちに期待ですねっ。

なので、私は産地お野菜を買って帰ることにしました。

成田空港・空の日フェスティバル2011

大人の目当ては、「お楽しみ抽選会」かな。ハワイ旅行をはじめ、旅行券やホテルギフト券、成田空港の商品券やエアライングッズなどが当たる抽選会です。抽選券は1枚200円で、10枚綴り(2000円)を買うと、成田空港の500円商品券がもれなくついてくるというのも魅力で、これには大行列が出来ていましたよ。

ちなみに、この日はお目当てにしていた続きがあるのですが、ご無沙汰している「ヨーロッパ飛行」やキネマ航空のコンテンツなどを挟みながら、追って紹介します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

成田空港で空の日フェスティバル開催中です!

こんにちは、竜子です。

ええと…。過ぎてしまいましたが、9月20日は「空の日」でした。
昭和15年に制定された「航空日」がそもそものはじまりですが、親しみやすい名称を、と「空の日」になりました。なんでだろう…。とおもって、国土交通省のホームページに「なんで9月20日なんだろう?」というページがあったので見てみましたが、イマイチ良く分からず! ま、とにかく何かの記念日というわけでもなさそうで…、啓蒙のためにそういう日を作ってみた、という感じなのかな、と竜子は理解しました。

でも、第1回の航空日は、華やかそうです。昭和15年の第1回航空日は9月28日に決定され(この年のみで、以降は9月20日です)、航空大会やグライダー大会、航空功労者表彰式や講演会、展覧会に演劇、演奏会と、いろんな行事が催されたようです。飛行機ファンであっても、なんだか「空の日」なんて忘れてしまいそうな今とは大違いですよね(←そうでもない?)。それにその当時なら、熱心な航空少年も多かっただろうと想像するし、ドイツも日本も元気で航空業界も活況だっただろうな、と。

航空日でのイベントは昭和19年まで開催されましたが、太平洋戦争と、その後の航空活動の禁止令によってしばらく休止となりましたが、昭和28年になってようやく復活が決定しました。そして「航空日」が「空の日」になったのは平成4年のことです。

さて。今日、明日、あさってまでの間、空の日フェスティバルで、成田空港ではとても楽しいイベントが開催される予定です。毎年、この時期になるとテレビのニュースで見かけるのが、飛行機の綱引き大会。これも成田空港で行われるイベントで、今晩はきっとこの綱引き大会の模様がオンエアされることと思います。でもって、第2ターミナルの中央広場会場では、海賊戦隊ゴーカイジャーショーや、おさかなくんのトークショーが開かれたりします。

空の日フェスティバルの詳細

皆さんは、いかがお過ごしですか〜?
私は、う〜ん…。
晴れるといいね!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

羽田空港国際線ターミナルでタイフェア開催!

こんにちは、竜子です。

ええと…。久々の羽田空港情報ですが。
またタイの話題で恐縮です(BTSとかの話題は、急ぐ必要もなさそうなので、いずれということにして、今日でタイの話題を終わりにします)。

タイへ行ったときに、2泊3日でバンコクの旅行に来た日本人の若者にお会いしました。
行き6時間、帰り7時間なので、チェックインの時間なども考えると半日潰れちゃうので、凄いビックリ。おまけに帰った日からお仕事とのこと。けれど、話を聞いていて「これはイケる!!」と納得したのですが…。羽田空港から深夜の便で来て、スワンナプームは夜に出て、羽田には朝着。睡眠は少ないけれども機内でとればOKということで、3日間、まるまる観光できちゃうのです! もちろん、ハードなのは確実ですが、なかなかまとまった休みが取れないという方には、もう、それでも十分かと。羽田の便って凄いなぁ〜って、本当に感心しました。深夜早朝の枠が使えるというのは、旅のスタイルを変えますね。

で。そんなバンコク直行便の就航している羽田空港の国際線ターミナルで、タイフェアが開催されます。タイ舞踊、ムエタイの演武をステージで。タイ古式マッサージなども体験できますよ(無料)。

場所
羽田空港国際線ターミナルビル4階江戸舞台(展望デッキに上る中央エスカレーターのところ)

日時
9月23日(金) 10:00〜18:00
9月24日(土) 10:00〜18:00
10:00〜 ムエタイ
12:00〜 タイ舞踊
13:00〜 ムエタイ
14:00〜 タイ舞踊
16:00〜 タイ舞踊
体験コーナーは、10:00〜、12:00〜、14:00〜、16:00〜 です。

タイ伝統舞踊のステージはこんなかな?

タイ伝統舞踊

↑タイの伝統舞踊のショーを観に行った時の写真です。

これは……違うかっ(笑)。

タイ伝統舞踊

↑こっちの写真は、ニューハーフショーのものなので、羽田でやるショーとは全く関係ありません。
(わざわざお断り入れたりして…)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

昨日の飛行機雲!

こんにちは!

昨日の空はそれはもう凄かった! 運転中からクッキリした飛行機雲が1本、グワッと弧を描いた雲が!!
ずっと気になっていたのですが、その場で写真撮るわけにもいかないし、なにより広い空がない!

で、家の近所の駐車場の空が広いのを思い出して大急ぎで帰宅。
その頃にはさっきまでの飛行機雲は滲んじゃってたけど、そのかわりもう1本の飛行機雲が登場。
iPhoneなんですが、写真にすると、なんだか小さい感じになっちゃいますね。本当はもっと大きくって、「ああああ!」っていうほど圧倒的なスケールだったのに!

飛行機雲

むこうにある飛行機雲をみていたら、頭上のほうからも飛行機の音が。
見上げて、なんだか、天地がひっくり返ったような不思議な気分になりました。
この写真、飛行機はすっごく小さいですが、なんとなく宇宙から目線の飛行機に見えませんか?
青い空が地球のような…。

飛行機雲

追いかけていたはずの飛行機雲は、散り散りに。まっすぐ伸びていたはずの飛行機雲は少しねじれたり。
本当にアッという間に消えてしまいますね…。入道雲も、これからの季節はあまり見えなくなるのかもしれませんね。見納めなのかなぁと思ったら、しみじみしまいました。

あと数日でお彼岸をむかえ、これから雨が降って、いよいよ秋の空になるんでしょうね。
「女心と秋の空」なんて言いますが、面白いですよね、秋の空は!

飛行機雲

今日はこれから、甲府へ行ってきます。
飛行機雲見えたらいいけど…。
でも、凄いんだろうなぁ…渋滞!!

では。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

スワンナプーム国際空港(タイ) 探索編

こんにちは。このじめ〜っとした残暑よろしく、スッカリ日本気分なのですが、空港コレクション、スワンナプーム探索編建物編 の続きです。

さて。スワンナプーム国際空港を運営しているのは、「AOT」です。成田空港における「NAA」(成田空港株式会社)と同じで、スワンナプームの場合は、Airports Of Thailand public Co.Ltd.(タイ空港公社)になります。公社なので当然かもしれませんが、スワンナプームだけでなくドンムアンやチェンマイ、プーケット等タイ国内のすべての空港を運営しています。

スワンナプーム空港AOT

ゴミ箱でもAOTを主張。

スワンナプーム空港AOT

AOTのセキュリティはセグウェイに乗っていて、これだけでもなんだか近未来感が漂っていてカッコいいというもの。どんな発展途上国、といってはタイには失礼だとは思いますが、どんな国でも空港の設備は先進国並に導入してますよね!

スワンナプーム空港

日本でもセグウェイ警備を見かけますが、この最先端な感じは制服萌えならぬセグウェイ萌え。白シャツボスの、いくつかついたトランシーバもトキメキポイントです。

スワンナプーム空港

出発カウンターは、胡蝶蘭っぽい熱帯性のランなどで飾られたお花畑があったり、タイ情緒溢れています。

スワンナプーム空港

こちらはタイ版の魔除けの鬼(ヤック)。こんな鬼がペアでいて、その間が出国のセキュリティゲートとなっています。

スワンナプーム空港

ついでに本家の鬼の写真を。エメラルド寺院(ワット・プラケオ)で同じような鬼を見かけました。多分、空港にある鬼は、これのレプリカなんじゃないかな?!

エメラルド寺院の鬼

ランも、鬼もタイという国を印象づけてくれますが、心臓がビビッとやられたのは、このシーンに出会ったとき。
タイならではでもあり、空港ならでは。この3人のメンズ(?!)にはこれからどんな旅立ちが待っているのでしょうか?! やっぱり、空港はいいですねぇ〜。

スワンナプーム空港

さて。タイ旅行でぜひ知っておきたいのはこのツーリストポリス。空港だけでなく、タイの観光地にこのツーリストポリスが点在しています。これは外国人旅行者向けの交番で、地元警察とのやり取りの間に入ってくれたり、トラブル時に相談できたりします。基本は局番ナシの1155番、英語対応ですが、日本語対応のコールセンターもあります。

スワンナプーム空港

出国の最後の最後までフルーツは食べたくなりますよね。空港にもフルースが食べれるスタンドやレストランが沢山ありました。竜子も果物は大好物です。このときはマンゴがシーズンであちこちで食べ比べましたが何かが物足りない…(同じペリカン型ならフィリピンの方がおいしい!)。マンゴスチンならどれも外れがないよ。でもザボンみたいな剥き身の柑橘はサクサクしておいしかったよ。あと、カスタードアップル(釈迦頭とかチェリモヤとも)おいしいよ。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港では、日本食全開です。中には外国ならでは、「これ…日本食?!」ってのもありますが。

スワンナプーム空港・日本食
スワンナプーム空港・日本食

「サワディーカップ」と言ってるかどうかはわかりませんが、手を合わせて、お聖人をお迎えしています。

スワンナプーム空港

大勢のお聖人が入ってゆく先は…、クルーと車椅子用の優先搭乗口です。お聖人はVIP扱いなんですねっ!

スワンナプーム空港

本屋に立ち寄りました。通路側の面出し書籍のコーナーには、お店一押しの書籍がズラリ。
全部仏教の書籍です。タイではお聖人はヒーローのようなものなのかもしれません。

スワンナプーム空港

仏教の根強いタイであっても、ここは国際空港なので、やっぱり存在するのがこちら。
「吸うな、食べるな、飲むな、喋るな、寝るな、捨てるな」の先にあるのは…。

スワンナプーム空港

ムスリム向けのお祈りのお部屋。赤いハットのエミレーツ航空の職員さんがちょうど通りかかりましたが、スワンナプームでも、エミレーツ航空、カタール航空、エティハド航空、などなど、イスラム教国からの渡航者も多く、結構目立つところにあります。このお祈り部屋は搭乗口の外にあるものですが、出国手続き後にも目立つ場所に用意されています。

スワンナプーム空港

なんか冴えない感じで終わっちゃいますが、タイ式マッサージやスパなどありますが、特別変わったようなところはなかったかな、という印象です。あえて空港だけに遊びにいっても、空港が好きじゃないと難しいかな…。
でもね、やっぱり空港は無条件で楽しかったです!

では。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ