投稿者別アーカイブ

マニラ・リベンジ作戦 最終回(本編の前にご覧ください)

こんにちは、竜子です。
またもやお前の登場か! って感じですが、「マニラ・リベンジ作戦」は今回も竜子の独断でアクセス制限付でお届けいたします。
とはいえ、今回は直接的な性的描写は含まれませんが、これまでのエピソードを「楽しく読んでいただいた方に向けて」、続きをお届けしたいと思っておりますので、よろしく。

今回は、「続きを読みます」って言ってください。もちろん、声に出してじゃないですからね(^^;
パスワードキーを要求されたら、「tudukiwoyomimasu」って入れてください。スペルが長いので繰り返しますね。

→ tuduki wo yomi masu
(実際にはスペースを除いてください)

さて、今回はいよいよ最終回です。

フィリピンは、300年以上に渡るスペインの植民地時代、その後のアメリカの植民地時代を経て1946年に独立した国。
ちなみに、こないだ出てきたリサール公園は、ちょうどマニラホテルのはす向かいに位置してますが(目と鼻の先というような距離ではないですが)、ここに掲げられているのがホセ・リサール像。ホセ・リサールはフィリピン独立の英雄で、語学の天才とも称されています。曾祖父の代に日本人移民の血が少し混ざっていて、日本との交流もあったようですが、独立運動の駆け引きの中、この現在のリサール公園の地でスペイン軍によって銃殺処刑されました。

そしてマニラホテルといえば、フィリピンきっての名門ホテル。アメリカ植民地時代にアメリカによって築かれました。GHQの最高司令官・マッカーサー一家が、居住していたことでよく知られています。マッカーサーといえば太平洋戦争のイメージが強かったのですが、それ以前、将来のフィリピンの独立を約束したルーズベルト大統領の指揮でマッカーサーはフィリピン軍の元帥になっていたようです。いまもマッカーサー元帥が使用していたスイートルーム(ワンフロアの規模!)が残っています。
フィリピンは革命が頻繁に起こっているわりに、生活が一向に安定しない残念な国です。マニラホテルもまた様々な歴史の中で、欧米諸国や日本、独裁者に翻弄されたはずなのですが、そんなことすら目くらましになる豪華なつくりのホテル。

マニラの一般庶民の現実とはかけ離れた場所を舞台に、どんなハチャメチャな物語が繰り広げられるのでしょうか…。
続きをお楽しみに。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

行ってみたいパリ航空ショー

こんにちは。竜子です。

こないだ、大韓航空のA380が成田に就航しましたね。日本に就航しているのは、大韓航空がエアバスに発注したA380の第1号機で、2階フロアは全て2-2-2配列、94席のビジネスクラス。大韓航空社員の呼びかけで、東日本大震災の被災地へとミネラルウォーターを搭載してやってきました。

ところで、ほぼ同じタイミングで6月20日からパリ国際航空ショーが行われていました。
パリ航空ショーは、イギリス・ファーンボロー国際航空ショー、ドイツ・ベルリン国際航空宇宙ショーと並んで、世界的に有名な航空ショー。なんだか、カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭、ベルリン国際映画祭、って感じで、文化や商業の素地の整っている地でのショーのなんと華やかなことか(想像だけw)。映画祭にしても、航空ショーにしても、世界的規模だと街中が活気だっていいですよね! 羨ましい限りです。

会場となっている、ル・ブルジェ空港はパリの郊外に位置し、フランスで最初に開港した空港(1919年)でもあります。
ご存知の方も多いことと思いますが、世界初となる大西洋無着陸横断飛行でリンドバーグが目指したのが、このル・ブルジェ空港(1927年)。そしてこちらも世界記録、ロンドンを目指した朝日新聞の「神風号」が立ち寄ったのもこのル・ブルジェ空港。神風号がル・ブルジェ空港に到着したときには、たくさんのパリ市民が出迎えてくれたそうです。

ル・ブルジェ空港の脇には、ル・ブルジェ航空宇宙博物館があって、コンコルドが展示されていたり、サントス・デュモンのとんぼ号や、アンリ・ファルマンが1km周回飛行に成功したヴォアザン機、あの英仏(ドーバー)海峡横断に成功したブレリオXI機が展示されているそうです。さすがに歴史のある地はすごい、のひと言です。いつか行ってみたいですね。

さて。航空ショーといえば、デモ飛行が見どころのひとつですが、エアバスが行う予定だったA380のデモフライト、実は開催を目の前に控え、飛行用の機体が会場の構造物と接触。ウィングレットが破損してしまったので、デモ飛行を中止すると発表することになってしまいました…。
しかし、ここにきて名乗りを上げたのが大韓航空A380。デモ飛行に急遽かり出されることに。このデモフライトを行った大韓航空A380は2号納入予定機で、当然、成田就航のものではありません。大韓航空に引き渡される予定のA380がちょうど航空ショーに展示中だったので、急遽、ってことのようです。

そんなエアバスも今回のパリ航空ショーでの受注は好調。ボーイングの93億ドルを上回って、144億ドルの受注となった模様。今回の人気の核となったのは、燃費が15%向上した「A320 neo」。ネオでいいのか!? って感じですが、航空ショー初日でスカンジナビア航空などから計90機、77億ドルを獲得しました。

パリ航空ショーで発表されたもののうち、これから期待したいのは、EADSの「ZEHST」。バイオ燃料で成層圏をマッハ4で飛行する、いわば最新型のコンコルドのようなもの。スピードはコンコルドの2倍、東京〜パリを2時間半で結ぶという…なんとも夢のようなコンセプト。こちらは2050年以降の実用化を目指すんだとか。これ、生きてる間に乗れないじゃん…。

さて。
今日はブログ集中の日です。またもや一気に溜め込んでしまいましたが、本日は途中野暮用を挟みながら、ちょいちょい更新していきますのでよろしく。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

B787のパイロットチーム、トレーニング修了

こんにちは、竜子です!

今日はこれから御宿(おんじゅく)へ出発です。御宿といえば御宿VOR。コックピットドキュメンタリーでおなじみですね。飛行機がよく見えるスポットがありますが、この天気では音だけが聞こえる、って感じになりそう。千葉県の地図から産まれたチーバくんのお尻のあたりにあるのが御宿です。明るくなる前に出発して海でも見学したかったのだけれども、なんやかんやと準備しているうちに…この時間。無理かな…。
チーバくん

で、ボーイング787のテスト機の飛来情報が発表されましたね。
ボーディングブリッジとの接合などの確認をするためだそうで、国内では伊丹、関西、岡山、広島と羽田に寄るそうです。
これで問題なければ、今年の9月末までに晴れて導入。最終的には2012年度までに55機がANAで運行開始となる予定です。
ちなみに、B787の最初のパイロットチームもトレーニングも修了。第1期生は10名だそうです。

運行スケジュールについて、ANAではB787の特設ページを開設してますので、こちらもご参照のこと。
ANA ボーイング787特設サイト
ANA ボーイング787飛行スケジュール

さて。今週中にキネマ航空の映画レビューを掲載したかったけれども、結局間に合わずに、ごめんなさいしてしまってごめんなさい。帰ってきたら更新に励むつもりですが、もし今晩の帰りがあんまり遅くなりそうだったら、勝浦に寄って寝てこようと思います。あのあたりって、高速道路までがやたら遠くって、山越えをしなくちゃいけないので。そうなると、更新は日曜日かなぁ〜。今週やるといって残っているのはキネマ航空と、羽田空港情報です。

曇り空ですが、みなさま良い週末を!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

飛行機ファンへと、ミッション開始!

こんにちは、竜子です!

先日、羽田空港に行ってまいりました。
実は今月に入ってから、2回行ってきました。1回は野暮用、もう1回はあるミッションのため。

ミッションについての話はさておき、第1ターミナルのデッキは改装中のため、ほんの一部しか開放されていません。昨年の第2ターミナルの改装とデッキの改装を見れば、第1ターミナルの改装がかなり大規模改装になることは、羽田空港に行かれている方ならある程度想像できるのではないかと思いますが、もともと第1ターミナルのデッキは、第2デッキに比べるとなんだか古めかしい雰囲気で、デートで行くなら迷わず第2デッキを選びそうなものだったけれど、それが改装後にはどんな姿になるのかと思うとかなりワクワクしています!

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

上の写真は第1ターミナルの南ウィング方向のデッキから。対面の国際線ターミナル側にANA CARGOが駐機しています。
国際線ターミナルのリニューアルに伴い、第1ターミナルデッキからの眺めは、これまでとガラリと変わるのではないでしょうか。ビフォー・アフター、ぜひTV番組で紹介して欲しいところですよね。
そんな改装中の第1ターミナルのデッキですが、それでも見学者向けに開放していることにサービス精神を感じます。
がんばれ、改装工事!

さて、ミッションとは、構想1年半、予定スケール10年の計画でございます。
その第一歩となる日を、私は待ち望んでいました! でもって、突然その日が訪れたのです!
夜遅くに帰宅すると、なにやら家の中が騒々しい。普段なら早々に寝ている父が起きていて、超ゴキゲンなんです。
はい。
「泊まりであずかって欲しい」、そんな妹からの依頼を受けて、甥っ子が泊まりにきていたのです。そうなれば私もゴキゲンで、ギュゥゥっと抱きしめ、アレやコレやと翌日のスケジュールを考えます。1日目はわたしも帰宅が遅かったので遊べずじまいでしたが、迎えた2日目、私は「3時間ばかりアッキを空港に連れて行ってくる!」と言ったのでした。
甥っ子・アッキは、1歳1ヶ月。ちょうど1歳の誕生日を迎えた頃にひとりで歩くようになっていました。妹夫婦は、隣町の葛飾・柴又に住んでいるものですから、ちょくちょく遊びに来ていて、私にもだいぶなついてくれてます。最近は外に出掛けるのが気に入り、「散歩に連れて行け」の合図を覚えたようで、家の中を歩き回っては、「アッ!」と玄関を指さし、その場を離れない。最近、そうした意思表示が明確になってきたのと、それになんだかそろそろ思考しているような表情をするようになったので、竜子としては「ミッション・スタート!」の時期をいまかいまかと見計らっていたのです。
そうです、甥っ子をいっぱしの飛行機ファンにする作戦、です!

「空港に連れてくよ!」の私の言葉に、「そんな人ごみはダメ」と却下されるかと思いきや、「いいわね! 私もいく!」となぜかしゃかりきの母。逆に「本当に大丈夫なのか?!」とこっちが心配したけれども、まぁ、なんしか歩く子なので大丈夫だろうってことで、アッキと母と私と3人で、いよいよ空港デビューとなったわけです(デビューとはいっても実際には乳幼児のときに飛行機に乗っているのですが…)。本当はアッキと竜子のふたりだけの世界を想定していたのですけど、ね。
写真を載せるのがいいのか悪いのかよくわかりませんが、ちょっと今日は竜子の幼い頃と瓜二つと言われているアッキを紹介します。

着陸してくる飛行機の音、動き出す飛行機に興味津々。
しばらくかじりつきです。

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

なんだかとても楽しそうで、わたしも嬉しかった。
そしてこの目線の先にあるのは…。

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

わくわくの島、ハワイ!!
いつか行けますよーに!

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

カメラを構える人たちを指差してずっと眺めてたっけ。

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

金網にしがみつき、終始飛行機を観察していました。こんな表情を見ていると、会話は成り立たないけれども、意外と本人はコミュニケーションをとっている気になっていて、周りを観察しているかもしれないなぁ、と私は思うのです。私が初めて海外デビューした2歳の頃の記憶を思うと、案外、脳にちゃんと飛行機が刻まれるのではないかと…。

羽田空港第1ターミナル、改装中の展望デッキから

子供は疲れ知らずのようで、外は外で飛行機にかじりつき、ベビーカーに乗ったときには高い天井を見上げながら大興奮。
まだまだ喋れる言葉は、「アッ!!」=発見、「まー」=ママ、「あぁー」=パパ、「ばぁー」=おばあちゃん、「じーじぃ」=じいちゃん程度。まだ私の呼び名は「あー」と適当な感じですが、私の顔を見るとほぼ毎回、手を口に当てて合図を送ってきます。これは前に、アッキに女の子笑いを教えているうちに、私が教え方をミスってしまって、こんなことになってしまったのですが、なんともトホホなミスリード。こんなことでちゃんと飛行機ファンになるかどうか怪しいものですが、あくまでさりげなく、おしつけることなく、楽しい飛行機の世界を体感してもらえるようにしたいなぁ〜と思っています。

その後のアッキは、ヘリが通るたびに空を見上げて「アッ!」と指差しているそうです。
というわけで、ミッション初回は大成功!
えがった、えがった。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

マニラ・リベンジ作戦 その3(読む前にご覧ください)

「ハチャメチャ乗務員の飛行日誌」はどうした?! 「マニラリベンジ」の続きはどうした?!
風天マンさんの記事をお楽しみにしてくださったみなさま、たびたびすみません、竜子です!

ええと…ですね。

実は今回の「マニラ・リベンジ作戦」その3は、竜子の個人的な規制により、未成年者のアクセス禁止とさせていただきます!!
そして、あらかじめお断りしておきますが、シモネタが苦手な方、女性の方、こちらも閲覧はご自身で判断いただくようお願い申し上げます!
内容はこれまでのエピソードで少々想像できるかもしれませんが、性的な描写が含まれています(もしかしたら、想像以上かもしれませんが…)。

なので、今回は制限をかけさせていただき、「20歳以上」でなおかつ「読みたい!」という方だけにオープンにすることにいたしました。先に進むも、ココでやめるもあなた次第。閲覧して「気分が悪くなった」とか、そういうのは自己責任でお願いしますね。

「おめ〜みたいなてきと〜なヤツがエラそうに!」との失笑はごもっとも。
でも…、まぁ、大人のみなさんにはこんな竜子のR-20指定もギャグの感覚で受け止めていただければ幸いですっ。

下のリンクからアクセスすると、パスワードキーが要求されるようになっています。
ここで、20歳以上のアダルトな皆さんは、大きな声で「私はハタチ以上です」と叫んで宣言してください。

ってのは嘘です。

「私はハタチ以上」と、ローマ字で宣言してください。
スペルは「watashihahatachiijou」。
半角で20文字と長いので、繰り返してスペルを表記しますが、実際にはスペースは取ってくださいね!
→ watashi ha hatachi ijou

このパスを入力していただくことで、年齢確認と性的な描写が含まれる内容に同意いただいたものとさせていただきます。

入り口はこちらです。

▶「マニラ・リベンジ その3」を読む方はこちらから
(未成年者は閲覧禁止です。さらに性的描写が含まれるため、同意いただいた方のみこの先に進んでください)

し〜っかし、風天マンさんは勇気あるなぁ…。
続く回も、アクセス制限とさせていただきます、風天マンさんの威厳と威信と名誉(?!)に関わるというか、私はハラハラしちゃいます。でも、これもまたハチャメチャ乗務員っぷりがよくわかるエピソード。

なお、次回は性的描写はありませんが、「マニラ・リベンジ作戦」に関しては引き続きアクセス制限をかけさせていただきます。
あしからずご了承ください。

というわけで。
では、よろしく〜!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ソラシドエア新型737-800!

こんにちは、ニュース特攻隊(?!)のMattariです。

スカイネットアジア航空から発表された新ブランド「ソラシド エア」、その新塗装を身にまとった新造機のボーイング737-800の写真をairliners.netで偶然見つけました。このリンクをご覧下さい。

airliners.net:ソラシド エア

私の記憶では、以前の主力機ボーイング737-400は中古機で揃えていた印象が強いけど、今回はやっと新造機! ソラシド・ピスタチオグリーンと呼ばれる緑色は若々しくて目にまぶしい!
お腹に描かれたソラシドのタイトルも今風な感じで羽田空港の有名撮影地・城南島あたりでは目立って撮れるのでは?

ちなみにソラシドエアのキャッチコピーは「空から笑顔の種をまく」=「SORA+SEED」。音階のソラシドとも相まって、軽快に駆け上っていくイメージを込めたものなのだとか。

この前発表したANA系LCCのピーチといい、このソラシドといい、高級ブランドを漂わせるスターフライヤーなど格安航空会社でもデザイン的に優れたものが増えてきたように感じる。あとは本質ともいえる航空運賃を下げる大きな起爆剤となって欲しいと私は思う。

以上、Mattariがお送りしました!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ごぶさたです!

いやぁ〜〜。ご無沙汰しちゃった竜子です! こんにちは。

とにかく忙しかった! 今週もわからないので、今日のうちに更新できる分だけ更新しておきたいと思います。日々計画的に、ってのが出来ればベストなんですが…、まま、ご勘弁を。
準備できてるものもあれば、全く手つかずのものもあったりと、ちょっと作業に時間がかかるかもなので、夕食などを挟みながら順次出来次第、って感じですが、予定では、チェックしておきたいニュース、お待たせしているマニラリベンジ続編(アクセス制限付)、できればキネマエアライン、そしてさらにできれば羽田空港情報(順番は気分次第で)、と続けたいと思います!

「そんなに溜め込むなよ!」って感じですが、読んでくださるみなさんも、各自適当に振り分けて読んでくだされば幸いです。ちなみに、最後は日付が変わっちゃうと思いますので、明日以降にまたお会いしましょう〜。
なお、「ヨーロッパ飛行」はまだまだ先となる予定です。

ではでは、これからの時間、よろしくお願いしますー!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

シークレットコード 『YOOXGIFT』 でさらに10%オフ&送料無料!12/16まで

マレーシア航空がワンワールドへ加入決定!

こんにちは、ニュース特攻隊(?!)のMattariです。

いやはや!偶然あるサイトを見ていたら、とんでもないニュースが飛び込んでまいりました!

とうとう決まりました!

えっ?何かって?
今や常識と化したアライアンス加盟をしていない大手航空会社は珍しいわけですが、最後のアジアの大物と言われるマレーシア航空が!
何と! JALも加盟しているワンワールドグループに入ることが今日付け6月6日に決まったのであります。

これはシンガポールで開催中の2011年度IATA年次総会の合間に、ワンワールドグループ加盟の各航空会社最高幹部による会議によって全会一致で決定されたとのこと。主だった正式な加盟日時などはまだ不明ではあるが、加盟調印等はすぐに行われる見通し。
下馬評!? ではエールフランスKLMグループのスカイチーム入りが有力だったのですがまさかワンワールド入りとは予想だにしなかったので私も驚きであります・・・。

ワンワールドグループにおいて東南アジア地区のシェアは既にANAをはじめタイ国際航空やシンガポール航空などが加盟するスターアライアンスがとても有利な状況にあった。しかし今回マレーシア航空のワンワールドグループ加入のニュースは、先輩のキャセイパシフィック航空と共に東南アジア地区シェア拡大へ向けた強力な戦力となった。
これは我々一般消費者にとって、よりマイレージが貯めやすくなったり、各提携も進んで、便利なものへ変貌していくのは間違いないようである。マレーシア航空ご自慢のクアラルンプールにあるゴールデンクラブラウンジはスカイトラックス社の賞を貰ったほどのハイレベルなもの。

ではまた何かあればお会いしましょう!
Mattariがお送りしました!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ANA、新ピカチュウ塗装「ピース☆ジェット」就航!

こんにちは、ニュース特攻隊(?!)のMattariです。

羽田空港の名物のひとつであるポケモンジェットといえばピカチュウジャンボとお花ジャンボの2機であるが、久々に
新バージョンの登場となりました!

その名はピース☆ジェット!

祝日である7月18日に初お目見えです!
名前のとおりポケモンキャラクター全員がピースしていてなかなか賑やかな塗装。
歴代の使用機材では初めて大型双発機であるB777-300が使用されており、過去のポケモンジェットで中型のB767-300が数機使用されたことを除けば珍しい。
まあ近々B747-400Dも引退が迫っている事を思えば、当然の機材選択といえる。

ピース☆ジェットの就航スケジュールは下記のとおり。
祝日である7月18日から羽田〜新千歳間のANA65便、68便、77便、82便へ就航予定で
7月19日〜30日は羽田〜新千歳間のANA53便、56便、65便、68便、77便、82便へ就航予定。

更にピカチュウジャンボとお花ジャンボの就航スケジュールも発表されている。
ただそれぞれ運航上変更が生じる事もあるので、その点はご了承下さい。

▶就航日時はポケモンの専用サイトを参照 http://www.ana.co.jp/dom/promotion/pokemon/

ピカチュウジャンボかお花ジャンボでの運航便
7月19日〜8月9日の羽田〜新千歳間のANA51便、54便、63便、66便、73便、76便へ就航予定。

8月19日〜9月4日の羽田〜那覇間のANA125便、124便、135便、136便へ就航予定。

私は初代と2代目のポケモンジェットは殆ど乗ったのですが、これらのポケモンジェットはいまだ乗っていないので久々に乗ってみたいなと思います。

そろそろ夏休みの家族旅行を検討されているのなら、こんなポケモンジェットで札幌や沖縄へ
飛べたらどんなに楽しいだろう。家族の欲求を満たす両都市へ旅してみては如何でしょうか。

以上、Mattariでした。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

久々の羽田!

こんにちわっ、竜子です。

今日は溜池→新宿→有明、というスケジュール。
有明…といったら…やっぱり羽田に行っちゃいますよねっ!

というわけで、久々に羽田空港に行ってこようと思います!
節電モードの最中で、先月はだいぶ暗かったけれども、なにかいいものあったら紹介しますねー。

有明から羽田空港の道路って、なかなか素敵なんですよ。
青果市場や工場地帯、コンテナ地帯のある埋め立て地を通って。
大きなトラックに囲まれながらトンネルを抜けるたびに、飛行機が大きくなっていくんです。
無骨な道路で、チープな車のせいか、ときおりガッタガッタと揺れますが。

あぁ〜、良い本出てないかなぁ。
楽しみだな!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ