カテゴリー ‘ 飛行機を楽しむスポット

調布飛行場のプロペラカフェ!

昨日に引き続き、調布飛行場です。
私が到着したときは、陽も傾きはじめた頃。久々に会った大学時代からの友人と一緒で「無目的ドライブでもしよっか」などと車を走らせていて、ふと思い立ったのが調布飛行場。
目指すはプロペラカフェ。滑走路に面した立地で、飛行機の格納庫に併設された(ガラス張り!)という、飛行機好きにはたまらない、噂のカフェなのです。

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ

ちなみに、調布飛行場の滑走路は1本、17/35の800m×30mです。
昭和16年の4月に開港し、太平洋戦争中は陸軍が使用し、敗戦まもない1945(昭和20)年の9月はアメリカに接収され、全面変換されたのが1972(昭和48)年。
有視界飛行方式の空港で、飛行時間は8:30〜17:00(夏期18:00)までと取り決められていますので、ここから飛び立つ飛行機を見たいのであれば、昼過ぎから16:00までくらいがベストだと思います。
空港施設の近隣には、公園があり、航空写真の会社なんかが点在し、遠くには東京スタジアム(現味の素スタジアム)が見えたりして、地方の空港に行ったようなのどかな風景が広がります。

わたしたちは車をターミナルの駐車場に入れて、散歩をしながら、歩いてプロペラカフェへ向かいました。
ターミナルからプロペラカフェまでは、少しだけ歩きます。5分か10分か…そこら中に駐機されている飛行機や、名前だけは知っている、というような会社をのぞきながら歩いたので、よく覚えていません。ちなみに、このターミナル前の駐車場のお値段はビックリするほどの安さでした。記憶が曖昧ですが、たしか終日200円/1時間だったかな?? プロペラカフェに直行したいという方は、「日本エアロテック」を目指してください。ターミナルビルを正面に見ると、管制塔の向こうにあります。わたしは使用しなかったのですが、駐車サービスがあったような気がします。詳細については、お店に問い合わせてみてくださいね。

プロペラカフェ

そして、こちらがプロペラカフェ
入り口を入ると、正面に飛行場が広がっています。一面ガラス張りで、「うわーーーーっ」とかけ寄りたくなります。雰囲気は、モッズ風の店内です。都内のカフェと違って、広々としていました。
お隣には、ここのフライトクラブ「マリブクラブ」が所有する格納庫が、こちらもガラス張りになっていて、店内から眺められるのです。普段は、「マリブクラブ」のスタッフが常駐していて、かんたんなところだと伊豆諸島への旅行の案内から、小型機の共同所有権の案内など、相談に乗ってくれるそうです。
さらに、店内には模型の数々に、航空関係の本、そして…なんと、シミュレーターがあるのです!
「FS21」って書いてありました。これはフル・フライトシミュレーター。重さ1,5トンの本格派。

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ

わたしたちはお夕飯は焼き鳥屋さんに行くと決めていたので、ここではケーキセットを注文しました。
友人はシフォンケーキと紅茶。わたしはニューヨークチーズケーキと紅茶。それからフライドポテト。メニューはゴルフ倶楽部のような感じでした。そいえば、店内にはロッカーがあって、共同所有権があったりと、なんだかゴルフ文化にも似ている気がしますね。フライトとフライトの間際に、ここプロペラカフェで昼食をとり仲間とおしゃべりしながらまた飛び立っていく…、そう思うと、飛行機を操縦して楽しむ、というのはちょっとお高いかもしれませんが、そんなに高尚な趣味でもないような気もしてきました。いまの自分には、高いですが。っていうか、その前に、ゴルフって下火ですけれどね^^;

一面ガラス張りの、エアポートビューを眺めていたら、なんだかゆったりした気分になって、ほのぼの。どうでもいいことを思い出しました。前述しましたが、一緒に行ったのは大学時代の友人。彼女は、私よりも2つ年下で、近所のアルバイト先で知り合ったのだけれども、意気投合して、ある日私の住むマンションの真下に引っ越してきたのでした。私が床を棒でたたけば、床下からトントンと反応がある、けっこうな時間を一緒に過ごしました。彼女とは同じ大学だったのですが、彼女が当時付き合っていた彼は大阪の料理学校の学生さんで、同じ大学にしかコミュニティがなかった私は、とても新鮮でした。

ある私の誕生日。彼女とその彼が訪ねてきました。彼がチーズケーキのバースデーケーキを作ってきてくれたのです。
開けてみてビックリ。ホールケーキの真ん中にはタモリさんの似顔絵と私の名前が…。
ふと、そのときのチーズケーキの味がよみがえりました。
特別チーズケーキ好きってわけではないんですけれど、なんでこの日チーズケーキを頼んだんでしょうかね。
もう日没間際とあって、お客さんはいなかったのだけれど、カフェに差し込む西陽は心地よかったです。

調布空港:調布飛行場

アクセスは、
JR中央線の武蔵境駅からバスで25分
京王線の調布駅北口からバスで20分
車なら、中央フリーウェイ!調布ICから5分
です。ちなみに、地図上では西武多摩川線の、多磨駅が一番近くに見えるのですが、ターミナルとの間に滑走路を挟むので、徒歩30分位はかかるようですので、アクセスとしては不向きです。

一角が販売スペースになっていますが、見るだけでも楽しいオブジェクト。
ケータイ撮影でごめんなさい!

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ

オープン風のキッチンで作られるメニュー(実際には火のあるところは隠れています)。
おすすめはボリューム満点のプロペラバーガーかな?

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ

格納庫は、決められた範囲であれば立ち入ることができます。
また、ここで保有している飛行機に乗って、写真を撮れるサービスもあります!(1回1000円)

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ

飛行機を型どったクッキー。白いのがレモン、真ん中が紅茶、そしてショコラ。

調布空港:調布飛行場 プロペラカフェ
調布空港:調布飛行場
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

調布飛行場

本日、こちら関東地方は雨です。
こんな天気の悪い日は些細なことで気分が塞ぎがちですが、なぜか元気な竜子です。こんにちわ!
ところで「おっと、いまちょっと弱ってない?」って自問するときはありませんか? でもって「お前、そんなことしてると目が腐るぞ!」「魂抜けちゃうよ!」と背筋を正して、シャッキリする。私の場合はちょこちょこあります。

で、そんなときにお役に立つのはなんといっても空港です。
デトックス効果というのかな。体内のもやもやがスーーーッと流れ出て、わずかに体重が軽くなった気も?! 踏む込む一歩が軽くなったりするのです。
ふだん行き慣れている空港、私にとっては羽田空港がカジュアル空港。そこで毒抜きしているわけですが、でも、たまに行き慣れていない空港に行くのも楽しいものです。というわけで、近場だけれども、ぜんぜん行かない調布空港の紹介です。

調布空港:調布飛行場

私の住む市川市近隣は羽田空港、次に成田空港。そしておそらく成田空港と同じくらいの距離にあるのが調布飛行場。「調布空港」なんて愛称で呼ばれたりしていますが、一応「空港」と呼ばれるには定義があって、「飛行場」の中でも特に政令で定められた施設を「空港」と言っています。ちなみに「飛行場」というのは、航空機が離着陸できる施設であればなんでも「飛行場」ということができます。

さらに、「航空機」というのは、空を飛べる機械ならなんでも航空機といいます。
だから、飛行船や気球を飛ばしたりする場所も「飛行場」と名乗れるわけですね(いくら飛べるもの、といってもミサイルのように「航空」(=空中を飛行すること」)目的じゃないとダメです!)。

脱線しましたが、よく使いがちな言葉なのにいろいろと定義があるわけで…、調布飛行場がほんとうは飛行場なのに、「調布空港」と呼ばれるのは、小さい規模ながらも定期便が飛んでいるから「空港」と認識されていわれているのではないでしょうか?
そんなのべつに、意味が伝わればいいじゃん! という風に私は思いますけれど、ね♪

調布空港の管制塔です。

調布空港:調布飛行場 管制塔

さて。そんな調布空港!ですが、常々乗りに行きたいな、と思っているのです。なにせ、飛行機に乗ってゆけるお手軽な観光スポットがあるのです。小型機なので繁忙期には、コーパイシートまで解放されるという伝説があるのですが…。
調布空港からは新中央航空によって伊豆諸島の3島(大島・新島・神津島)と結ばれています。大島(おおしま)、新島(にいじま)、神津島(こうづしま)に加え、三宅島(みやけじま)、利島(としま)、御蔵島(みくらじま)、八丈島(はちじょうじま)の7島で、「伊豆七島」といわれ、伊豆、といえば静岡県なのですが、東京都の村になります。

私は高校生時代、都内の女子校に通っていたのですが、都内の女子校名物といえば「夏の伊豆七島」でした。夏間際になると、町のあちこちで「伊豆七島」特集が。
もうかれこれ20年近く前の話なので、当時アルバイトは禁止。どうやって友達同士で伊豆七島に旅行へ行くための費用を捻出するか? 親を説得する? 親を騙す? せっせと貯金する?…etc、それぞれが知恵を絞り、みんな揃っていけるように予算とスケジュールを練りあうわけです。
もちろん、娘親は黙って許すわけにはいきません、よね? もしかしたら、破廉恥なことをするんじゃないか? 一緒にいく友達は誰なのか? 派手な水着を買ったりしないか?? 本当に大丈夫なんだろうか? いろいろ不安がつきまといます。頑に反対する父親には、もしかしたら過去のバカンスでの出来事が、より疑心暗鬼にさせるのかもしれません…。本当に大丈夫なんだろうか? 本当に大丈夫なんだろうか?? 本当に大丈夫なんだろうか???
でも、「まさかうちの子が親を裏切るわけがない!」と、最終的には「あなた信用しているから」なんて言葉と一緒にGOサインが出ちゃうものなんです。
不安になったお父さん読者の方、すみません。でも大丈夫ですよ。案外、信用して大丈夫かと…。ま、何をもって「裏切る」というのか、その定義は定かじゃないですが!!(笑)。

ともかくそんなこんなを経て、友達同士の旅行というのはようやく実現し、デビューを飾るのですが、これがちょっとした冒険なんですよね。
新中央航空の場合は、調布から毎日3〜4往復が飛んでいます。使用機材はフェアチャイルド・ドルニエDo228-212とブリテンノーマン・アイランダーBN-2B。ドルニエで時速410km、アイランダーで250km。料金は、
調布→大島(所要時間30分/往復17.800円)
調布→大島(所要時間35分/往復25.000円)
調布→神津島(所要時間40分/往復27,000円)
といった感じです。
これは、大人が観光目的で使うのにいいかもしれませんね。なにせ、片道30分やそこらで行ける、近場のトコ夏アイランド!

しか〜し、知恵を絞って捻出したお金で高校生が出かけるには、これじゃぜんぜん近場ではないのです。
私が行ったのは東海汽船の、忘れもしない「かめりあ丸」。夜に出発して、朝に到着するというフェリーなんですが、東京の竹芝桟橋を出て、大島、利島、新島、式根島(伊豆七島には含まれていませんが、伊豆諸島の一つ)、そして目的地の神津島へ。神津島が終点で、22:00頃出た船が神津島に到着するのは、なんと10:00。12時間の船旅です。そこからサイクリングに出かけて、民宿でわずかな海の幸をごちそうになり、明くる日に海へ行って、またまたサイクリングへ出かけ、民宿でトランプして、なぜか(海の幸ではなく)揚げ物定食を食べる。翌日の朝にはフェリー乗り場へ戻って東京へと戻る…、国内旅行(しかも近場!)なのに全行程2泊4日、体力と若さがなければできない旅行ですが、そのハラハラ・ドキドキ・ワクワクは、なにものにも代えられないものなのかもしれません。

いま、調布空港から神津島へ行ったら、どんな気分で過ごすことになるのでしょうか?
近い将来、試してみたいと思います!

都内でドルニエを見るなら、ここでしょう! 手が届きそうなほど、近い場所にあります。

調布空港:調布飛行場 ドルニエ

携帯電話の画像です、すみません!

調布空港:調布飛行場
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

東北発、日航スクープ!

ブックレビューが続いたことだし、別のものをと思っています。
最後の調整中なのですが、もう少しお時間頂くかいっそのこと明日にしようか考え中です。
で。
その間、過去の記事で人気の高かったものをチョイスして、再掲載しますね。

2008.09.19(Fri)より

っちゅーわけで、今回は東北旅行でゲットしたホットニュースを。
ななな、なんと! 日航、っていってもJAS(ジャパン・エア・サロンの略称のようです)、「日本空航」のサービス満点スポットを発見。東北きっての歓楽街・仙台は国分町でいただきました。

まさか、東北の歓楽街で地上サービスをしているとは!! ビックリしました! 看板にはジャンボにまたがるスチュワーデス。「スチワーデス」と愛嬌のあるなまりが微笑ましいですね…。
国分町にある日航(日本空航)1

ムッチリとした肉体のキャビンアテンダントがジャンボにまたがって、笑顔で手を振ってくれている。
国分町にある日航(日本空航)2

レトロな佇まいが年月を感じさせるが何年前からあったのだろう? もしや鶴丸に「JAS」のロゴは、当時から併合を暗示していたのか…。
国分町にある日航(日本空航)3

VISA、アメックス、UC、DC、JCB…とカード加盟店だったので、期待したのだが、残念…JALカードの提携はないようです。マイルサービスは受けられない模様。まさか、JALグループではないのか?!
国分町にある日航(日本空航)4

一緒に行った人いわく「どんな “ばばぁ” が出てくると思う?」と、下品な薄笑いを浮かべていたけれど、竜子はぜっったい!に本物のきれいなスチュワーデスのおねいさんがサービスしてくれるんだと思った!
国分町にある日航(日本空航)5

じゃ。

↓「きっと本物スッチーが出てくるに違いない!」に愛の1票を♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

「第一回萩・石見空港マラソン全国大会」

まだよくわかんないけど、凄い面白そうなイベントがコメントに投稿されたので紹介します。

「第一回萩・石見空港マラソン全国大会」が来る平成20年10月19日に開催されます。スタートが空港の滑走路現運用空港での滑走路を使用してのマラソン大会は全国初です。日本陸連公認なので、マラソン好きな方にも喜んでいただけるものと確信します。
日頃は入ることの出来ない領域にランナーとして滑走路を快走できるとあって、いつもとは違う気分になれること間違いなしです。飛行機好きな方にも最高の大会だと思います。(滑走路に入れるのですよ!)<RUNNNERさんより>

コースは、ハーフマラソン/10km/5km/3km/2km/ファミリーの部、で、すべての種目に滑走路がコースに含まれているようです。各種目ともエプロンからスタートして、折り返しとなり、2kmの部は約1000m、3km・10km・ハーフマラソンの部は約2000km、5kmの部は約4000mを走るのだそう。
マラソンには全く興味のない…もとい、大の苦手で、学校のマラソン大会では最後に拍手で迎えられた記憶しかない竜子が走るとすれば、10kmの部とハーフマラソンは論外。最短の2kmを選びたいところだけど、滑走路を走る割合でお得感を優先させるなら3kmコースだ(滑走路の割合は2kmの部:50%/3kmの部:67%)。ただし5kmの部ってのは、コースの80%が滑走路、とめちゃくちゃお得感が高い。
でもね、でもね…。5kmも景色と気分を楽しんで走れるのかっていうと、厳しい。ってゆーか、無理。やはりせいぜい2kmかなぁ…。でも2kmもぜったいに辛い!! つらいかな? つらいよぉ…でも滑走路は走ってみたい! しかも地方空港って、とっても行きたい!!
そのうえちゃんとANAのパッケージがある! 東京と大阪の便だと、萩・石見空港着で、空港が会場。代休を取って行くか? いや、どうだろう。これはちょっと悩むぞ。

参加費がちょっと高くってもいいので(ちなみに、この参加費は大人3,000円です)、「ひとりで滑走路の端から端を直線で走れるコース」ってのがあると、即決だ!

あっ!! 今見たら…、2kmの部は小学校の部のみだった!!!!!

くわしくはこちらで!
萩・石見空港マラソン全国大会
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ