飛行機の音を収録する際のノウハウ

 今日は飛行機の音を録音するひとも多いと思いますので、長年の経験から収録ノウハウなどを書いてみます。

 僕は航空機の動画撮影もやりますが、飛行機の場合、撮影より録音の方が苦労が多いのです。撮影は望遠レンズが使えますが録音にはそれがありません。たしかに遠い音を拾う集音マイクはありますがノイズが多いのでレコーディングには普通使えません。ですから録音の場合、録音物にかぎりなく近づくことが最も必要なことになります。飛行機の側まで行ってそれからどのくらい離れるかを収録メーターを見ながら決めるのです。たとえば離陸の音を録音する場合の最高の場所はランウエイのすぐ側です。しかし、なかなかその場所へ入る空港の許諾は降りません。ですからランウエイに最も近い駐機場から録音するのですが、やはり距離があるので「音の芯」がぼやけてきます。その点、ビデオ撮影は楽ですね。駐機場からも望遠レンズで充分な寄りの絵がとれますから。

 以前、マニラで怖い思いをしたことがあります。マニラ空港の広報担当者にランウエイの側まで行きたいと申し出るとひとつ返事で「いいよ、飛行機にぶつからなければどこえでも行って良いよ」と言います。僕はチップという鼻薬が効いたと思い喜び勇んでランウエイの側の草むらに腰を下ろし3時間、いろんな飛行機の離発着音を収録しました。ふと気がつくと空港のスタッフ達は草むらの彼方、タクシーウエイの端に車を止めて待っているのです。録音が終わって草むらを超えタクシーウエイを渡って彼らの所へ戻るとみんなで「何もなかったか?」と心配そうに聞きます。録音がうまくいったお礼を言うと彼らが言います「実はランウエイサイドの草むらには毒蛇がたくさんいるので誰も近づかないんだよ。おまえはラッキーだった」。オランダのスキポール空港ではランウエイサイドの草むらにもぐらと野ウサギがいて彼らと長い時間草むらに座って音をとったこともあります。

 要は離陸着陸音の録音は便数が少ない地方の空港の方がよいのです。僕ら専門家がいい音、わるい音の基準にしているのは、離陸してその残音が長く尾を引くように消えていく録音が出来たかどうかです。めったに録音できませんね、こんな音は。なぜならせっかく離陸まではいい音がとれたのに後のタクシーウエイで別の飛行機の走行音が聞こえ、離陸した飛行機の残音が消される場合が多いので。それからランウエイは風がありますから、僕は風防をつけたコンデンサーマイクを使っています。エンジンスタートの録音は飛行機の側ですから、風防なしでダイナミックマイクが良いと思います。

結構、難しいのは空港アナウンスの録音です。出発ロビーの天井が高いと周辺のがやがやした雑音もいっしょに拾いますので、なかなかクリアーにアナウンスが録音できません。そういう場合は最高の場所は空港のトイレの中です。天井が低く狭いのでアナウンスはクリアーに拾えます。パリ・シャルルドゴール空港などは僕はほとんどトイレで録音します。

 ロビーで録音する場合は手荷物用の手押し車にテープレコーダーとマイクを入れて、その上をシャツで覆い、比較的天井の低い場所に手押し車ごと放っておく、そして僕は少し離れた場所でいつも本を読んでいます。周囲のひとに気づかれずに楽に音が拾えますよ。
トイレの中といえば、客室でスッチーのアナウンスを録音するときもトイレがいちばん。トイレにテープレコーダーとマイクを入れて便器に座って本を読むといいですよ。

 ながくなりました。次回はコックピットの中の録音方法について書きましょう。
では又。

武田一男

【武田一男さんプロフィール】映像ディレクター・音楽ディレクター・航空サウンドディレクター。
著作には「機長席」(朝日ソノラマ)、「台風飛行」(朝日ソノラマ)、「ラストフライト」(愛育社)などの航空ドキュメンタリーの著作をはじめ、雲の写真集「成層圏飛行」などがある。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

国際空港としてにぎわっていた羽田空港

最近竜子のブログがアツイ!と少しでもコメントをチェックしてらっしゃる方がいらしたら嬉しいです。
なんちゃって。

じつは、先日紹介した本の著者さんである、武田一男さんからコメントをいただいたりきました。
武田さんは、航空サウンドの第一人者であり、興味深いお話が生で聞けるなんて、竜子は幸せです。
みなさまにもおすそわけの気持ちを込めて、こちらに掲載しなおします。

 ブログを拝見していると羽田空港がお好きなんですね。僕も羽田にはいろいろな想い出があります。

 古い話をひとつ。たぶん、あなたがお生まれになる前か、幼少の頃と思いますが、その頃の羽田空港国際線ロビーは華やかでした。福岡へ帰る母を送って空港へ行くたびに国際線ロビーに立ち寄ってその華やかさを羨望の想いで眺めていたものです。

 当時は一部の人達だけが海外へ行ける時代で一般人には海外旅行なんてほど遠い存在でしたから、国際線ロビーには美しく着飾った送迎の人並みであふれ、それらの人達が広いロビーにいくつもの輪を作って、その中心に花束を抱いた旅行者がまるで新婚旅行に旅発つ新夫婦のように希望に満ちあふれた満面の笑顔をみせて立っていました。その様子は一流ホテルの結婚披露宴のロビーをそのまま羽田空港に移したかのようでした。

 やがてロビーにチャイムが流れます。「パンアメリカン航空、香港経由、世界一周便にご搭乗のお客様は出国手続きをお済ませの上、5番ゲートにお進み下さい」。それを聴くと周囲から一斉に起こる万歳の声・・・。それを眺めながら、俺もいつかきっと飛行機で外国に行ってやるぞ、とハングリーな気持ちを燃やしたものです。

 国際線ロビーの帰りに屋上の送迎デッキによく立ち寄りました。昔は送迎デッキでは独特のアナウンスがあったのです。ランディングライトを照らしてDC- 8が着陸します。「ただいま日本航空1便がサンフランシスコから到着いたしました。お客様は8番ゲートからお出になります」。そのアナウンスにどんなに旅情を感じたことか・・。その頃僕は学校を卒業してレコード会社に勤め駆け出しの音楽ディレクターをしていたので、ある日、ステラボックス(磁気テープのレコーダー)を国際線ロビーと送迎デッキに持ち込み、それらのアナウンスを録音して時々再生してはハングリー精神を燃やしていました。

 それから10年近く経って、羽田空港が開港50年を迎え、その記念式典の招待客にプレゼントする記念品用のレコードを作ることになり、そのディレクターを担当することになったのです。当初は音楽を中心にする企画でしたが、当時の空港長に10年前に僕が録音したアナウンスを聴いてもらい、レコードの内容を音楽にするより、羽田空港の航空音だけでまとめるプランを進言しました。そしてその案が通り、「羽田インターナショナルエアポート」というレコードが完成したのです。今、それを聴くと構成に稚拙さが残り赤面しますが、唯、作品に「勢い」がありました。演出する僕に思い入れがあったのですね。話は変わりますが、あなたがご指摘されたように僕の著作の中で「ラストフライト」は最も構成が悪い、そう僕も思います。でも、「機長席」や「台風飛行」に比べて勢いがあるとも僕は感じています。「ラストフライト」は他の作品より僕の思い入れが強いからでしょうね。飛行機を録音し始めて40年近くになりますが、その間にはいろんなエピソードがありました。それらをもし差し支えなかったら、今後もとはどき、あなたのブログに寄稿させて下さい。このブログが僕ら飛行機大好きの人間の中で「楽しめるもの」にぜひなって欲しいとおもいますから。

武田一男

【武田一男さんプロフィール】映像ディレクター・音楽ディレクター・航空サウンドディレクター。
著作には「機長席」(朝日ソノラマ)、「台風飛行」(朝日ソノラマ)、「ラストフライト」(愛育社)などの航空ドキュメンタリーの著作をはじめ、雲の写真集「成層圏飛行」などがある。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

「フライトナビ 改訂新版」

そういえばここ数日、航空ニュースが続きましたね。
とはいっても鶴丸の引退くらいだけど(笑)
今日の新聞(6月3日の日刊)にスカイマークが機長不足で10%も便数を減らすって出てた。2人の機長資格者が欠員(ひとりは病気療養、もうひとりは自己都合退社)らしいのだけど、そんなんで10%もの数が欠便って…、色々とあるのだろうけど補充できる人員を確保していないのがすごく不思議です。

さて、アクセスアップの本を読んでみたけど、ブログのタイトルを変えなくちゃいけなかったり、<そもそも>を問われる内容ばかり…。今さら出来ることはといえば、ブログ自体を充実させる、っていう当たり前のことしかなかったので諦めました(はやっ)。

というわけで、新刊ばかり手元に置いていても仕方がないのでちょこちょこ紹介してゆきます。


「フライトナビ 改訂新版」(イカロス・ムック)/イカロス出版

新刊です。というか、竜子の独自調査ではこの3日間の間に本屋に並んだはず。なのに、奥付(本に印刷されてる刊行日)は未来…「2008年6月30日発行」になっとる!

「フライトナビ―国内線ルート&機窓ガイド」の改訂版です。内容は大きく更新されてませんねー。前版を持ってる方は、特に買う必要はないと思いますが、あえてあげるなら2008年4月現在の稼働中の旅客機のリストは持ってても良いかも?ですね。各航空会社別に保有機材と登録番号/型式/座席数/登録年月日がリストになってます。ゆっても付録だし、他の本にも同じものが載っていますが。ま、イカロス出版の本では安いほうなのではないでしょうか?(1,500円)

フライトナビをまだお持ちでない方のために。

■国内線はいつも窓際派だ
■外の景色がどこの上空なのか知りたい
■飛行ルートを知りたい
■全国空港の運用時間、滑走路ナンバー、縮尺図、運行路線を知りたい

こんな人にうってつけ。
滑走路から離陸して何分くらいでこんな景色が見える、ということを教えてくれるガイド本です。ただ、ある程度航空用語を知っていないとつまらないかと思います。写真も少ないのでね。

一部フルカラーページで、95%がモノクロ。
航空ファン向けに作ってくれた本なのでこのままでも当然嬉しい一冊ですが、こんなネタこそもっとポップに、楽しくつくって一般読者を取り込んだら良いのに! 旅行ガイド本の棚にあったら、もっと航空ファンが増えるのに! と願う竜子でした。

あぁ、それからひとつ注文をつけたいのですが、
日本の地図を入れてください!
もちろん、空港の場所や飛行ルートを記してる(トリミングされた)地図はあります。その地図がどうつながるのか、どいう航空路で各VORがどうつながるのかなどが「一目」で分かる地図をこの本には必要。
誌面的に無理だったら、せめて地図に記号や番号を入れてスムーズに次に追うべき地図がどこにあるのかを明確にしてほしい!
機材ガイドとか、シートマップとか、旅客機リストとか。
そういう付録入れるなら、全国地図をいれてほしーーーっ!

なんて偉そうなことを言ってしまいましたが…、好きなガイド本です(笑)
この本はべつに普段読む本ではありませんが、飛行機に乗って役立つ本として紹介しておきますね。

↓「この本に興味がわいた!」あるいは「持ってる!」って人は…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

「旅客機年鑑」


「旅客機年鑑2008-2009」(イカロス・ムック)/イカロス出版

旅客機ファンなら必携の1冊「旅客機年鑑2008-2009」が2月末に刊行されてます。
2年に1回の刊行で年中購入できますが、本の流通の便宜上、もうじき店頭からは消えてしまう可能性もある(Amazonなら欠品するまでいつでもOKだと思う)ので、忘れていた方、興味がある方は早く本屋さんへ行った方が良いですよ〜。思い出したのでご案内まで。

今年は大きなニュースがありますね。表紙はB-787ドリームライナー。
巻頭特集は、この3本。
「国産旅客機の胎動 三菱MRJ」
「A380ついに就航 新巨人機の星」
「ボーイング787の “オール電化”作戦」
前回の「旅客機年鑑2006-2007」では、A380のエミレーツ塗装機でした(エミレーツがローンチカスタマーだったので)。だから2年くらいじゃ内容は大きく変わらないのだけど、この本持ってないことには始まりませんからね(と思っている)。
もし、旅客機に興味を持ちはじめた方でしたら、絶対買い、です。似たような本で「旅客機アルバム」(同じくイカロス出版)がありますが、こちらはまたエアラインの紹介なのでまたちょっと別の趣旨ではあるのですが、国内線と国際線と別ですし(ようは2冊必要)、わたしなら1冊で満足できる年鑑の方を断然お勧めします。

別に全部覚える必要なんてないんですし、わたしも全く覚えてませんが、
■ジェット機
■プロペラ機
■貨物機
■計画機
のカテゴリに分け、国別/メーカー/型式ごとのカタログで、付録としてエンジンメーカーや航空機メーカーのプロファイル、用語辞典もついてるので、字引のように便利に使えます。

前回は三菱MRJの紹介はモノクロページのみだった!(正式提案前だったらしく)のだけど、今回はイッキに巻頭特集に昇格。とはいえ見開き2Pのみ。次回に期待しましょう!2011年目標でしたっけ。あと2号分、でずっぱりだろうな…。

↓「この本に興味がわいた!」あるいは「持ってる!」って人は…

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

「あぽやん」


「あぽやん」(新野剛志/文藝春秋)

「あぽやん」とは「AIRPORT」の「APT」、例えば羽田空港の3レターコードの「HND」成田空港なら「NRT」のようなものからもじった「アポ」に、「やん」をつけてた愛称らしいです。
初めて聞きました「あぽやん」。

少し昔は記者を「ブンヤ(聞屋)」、スクープばかりを追い求める記者を「トップ屋」という時代があったようですが、ふだん読む小説なんかに出てくる「ブンヤ」は、職人気質にみなぎって仕事にプライドをかけた活気があるのですが、いまはどうも違うらしい。数年前に石原慎太郎が毎日新聞の記者とバトルをしたときに、
「ブンヤのくせに」「わたしは新聞記者です」
こんなかんじのやり取りがあったようけど、どうも時を経て「ブンヤ」が蔑まれた響きになってしまったようだ。

「あぽやん」もそうだ。昔なら空港に長けた職人としての敬称だったはずが、実際には、蔑称として使われる「あぽやん」なのだ。主人公は、会社生活(本社)になじめず空港に飛ばされてしまった青年、遠藤。その遠藤が徐々に「あぽやん」に、成長していく過程を「ぼく」の目線から描いています。「ぼく」目線なのでブログでも読んでいるかのようにスラスラとほんわかした気分で軽快に読めてしまいます。
色んな人間ドラマが織りなされているけど、そのどれもがあたたかい。ちょっと息抜きに読んでもらいたい作品です。

「あのひとは昔気質の人だから…」そんな風に人を指したりしたことはないですか? わたしはあります(笑) けれどいつの間にか自分もそんなプロフェッショナル精神に近づこうとしている…。なかなかステキなお話です。
空港で会うあの人があぽやんだったら? そんな想いで新たな楽しみが増えそうです。

新野剛志さんといえば「八月のマルクス」(江戸川乱歩賞受賞作)で有名ですが、実際にご本人が旅行会社に勤めていたこともあって、おそらくはそこで見聞きしたことが織り込まれているのだと思う。
飛行機が好きだけど、近くに関係者がいないという人は是非この本で臨場感を味わってください。正直言って「旅行会社の人」なんて地味なテーマの本はなかなかありませんから!

↓「この本に興味がわいた!」って人は…
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ