タグ ‘ そら

市川市上空の金環日食!

こんにちは、竜子です。
しばらくのご無沙汰、スケジュールがだいぶおしてのブログお引っ越しとなりましたが、3日ほど前にJugemブログからWordpressへと移行が完了しました。デザインは手つかず状態で殺風景。使い勝手にかなり問題がありますが、追々仕上げていく予定です。今回の作業はブログ始まって以来の作業量で、完全に自己満足の世界ですが目標にしていたことの8割は完了できました。画像は復帰していますが音声のほとんどはリンクを外していますので、「コックピットドキュメンタリーシリーズ」を楽しみにいらした方にはご迷惑をおかけしますが、趣味の場ということでご容赦願えればと思います。
今回は報告と、テストを兼ねて金環日食の話題ですみません。

さて、21日の金環日食。
私の住む千葉県市川市も、中心食帯でした。市川市上空では曇りでしたが、その甲斐あってか肉眼でも見ることができました。とはいえ肉眼での観察は、実質は「禁止」されていたようなものなので、ここは自己責任というやつです。もちろん日食グラスをかけて見たのですが、逆に、肉眼で見れるものが、日食グラスをかけたとたんに見えなくなるという感じでした。それに、雲が厚いことの方が多くて、時折、うすい雲が流れてきて光る弧がちょっくら出現する、の繰り返しでした。肉眼でクッキリとした輪郭が見える、ということは…。写真でも撮れたりするのかな? なんて素人考えで急遽カメラを取りに部屋に戻ってみました。写真に撮ろうなんて思ってもいなかったので充電が心配でしたが、数ヶ月放ったらかしの状態でも、ケータイと違って残っているものなんですね!

薄い雲がやってくると、チラッと見えたり…。輪郭がぼやけたりしてこんな感じ。起きてすぐは何も見えなかったから、いつ見えなくなってしまうのか、ちょっと不安でした。
市川市上空の金環日食

もうじき全部重なる! ってタイミングなんですが、雲はこの後どうなるんだか…。
市川市上空の金環日食

おお!
市川市上空の金環日食

弧がつながった!
市川市上空の金環日食

キタ! キタ! キタ!!
市川市上空の金環日食

これが金環…。観察中、飛行機がいくつも上空を通過していった。音は聞こえるけれど機体が見えたり、見えなかったり。機上の人たちはどんなだろうと思ったら、さらに興奮が高まったよ!
市川市上空の金環日食

昔の人は、どうやってこのリングを見たんだろうか!
市川市上空の金環日食

運良く、何度も何度もうす雲がやってきてくれたのでした。
この後まぶしくなり、日食グラス必須のタイミングもありましたが、どっちで見ても感動モノです。
市川市上空の金環日食

ピークのときでも肉眼に優しいタイミングが何度も訪れました。家からだいたい1kmほどの圏内に、私立公立合わせて、5つの学校があります(多いよね!)。このくらいの頃になると、どこの生徒たちか、あるいは同時なのかはわかりませんが、群衆の声が私たちの住宅街にも響き渡りました。「おおおおおおおおおおおおお」とか「わぁぁぁぁぁぁぁぁーーー」とか、時間差で地をはって伝わってくるようなどよめきと歓声。厚い雲が切れるときが一緒だから、私も同じタイミングで「おおおおおおおおおお」とか「わぁぁぁぁぁーー」とかって雄叫びをあげています(もちろん、胸の中で)。
市川市上空の金環日食

完全なリングから、欠け始めるのもあっという間の印象です。雲で見えないときがけっこうあったので、完全な重なりの状態が5分もあったとは思えないほどでした。短いな、って。でも、曇りだったクセに、ちゃんとうす雲がやってきては、しっかりと見せてくれました。お天気さま、ありがとう♪ と思った!
市川市上空の金環日食

興奮冷めやらぬ中、一段落のつもりでゴミを出しにいくと、出勤するお向かいのおじさんと、お隣のおばさんに遭遇しました。絶対におじさんも興奮していたはずです。「おはようございます!」の笑顔が、普段の10倍くらいの満面でした。お隣のおばさんは品のいい、どちらかというと「おばさま」って感じの方で、長く立ち話をするようなタイプではないのですが、日食の話題からだんだん話が止まらなくなって、しまいには「そうそう竜子ちゃん、お土産があるの。待っててくれる?」なんていって、いつものお土産に加えて、お菓子とかを紙袋に詰めて持たせてくれたのでした。金環日食効果、あなどれないよねっ!

ちなみに、いくら曇ってて見えるからといっても、どうやら肉眼で見るのはNGらしいです。でもさ、飛行機が好きで、普段から目に直射日光が入りやすいわけですから、多少はいいよね? なんて心の声にしたがいました。だいいち、夕方の運転の方が目にはキツいくらいです。曇っていて暗いのか、日食で暗いのか? この辺りが曖昧でした。木の葉の陰なんかも見てみたけれど、これといった陰はありませんでした。晴天の元で観察できたらもっと別の楽しみがあったのかもしれませんが、曇り空のおかげで長らく観察できたのかも(しかも肉眼で体感できるなんて!)と思うと、大満足なのでした!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

上を仰ぎ見るとそこには!

こんにちは、竜子です。

こないだから、続きの空の写真を紹介したかったのですが、ご無沙汰となってしまいました。
上から目線というのもなんですが上にはまだ上があって、上空からさらに上をのぞいてみると、そこには大きな弧を描く、光り輝く虹があったのでした。

日暈
(NRT→XMN/2009.08)

さっき「虹」って言いましたが、本当は日暈(ひがさ)っていいます。
珍しい現象という人もいますが、案外、クッキリとした虹を見つけるよりも高確率で地上から見つけられます(個人的な感覚では)。というか、イチイチ説明しなくても飛行機好きのみなさんだったら、ちょくちょく発見しているかもしれませんね! 珍しくないけど、でも見れると嬉しい。

もっとカメラ(というかiPhone)で弧を撮るようにしたかったのだけれど、お日様の照り返しでうまく虹色をとらえたものがなかったのが残念。

それに、機窓の下のほうに顔をひしゃげて、円形を見たかったのだけれど、見れなかった。
あーーー! 飛行機のボディがスケルトンだったら良いのに!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

空港日和ですね!

こんにちは、竜子です。

今日はお知らせ。
このブログでもおなじみのMattariさんが、ブログを開設しました〜。パチパチ〜。

Mattariなフライトログ→http://mattarix.jugem.jp/

記事は1件、「ピーチ長崎線就航初便搭乗記」がアップされています。

できたてほやほやのブログですが、Mattariさんはこのブログはもちろん、SNSのほうでもディープな視点で搭乗記を書かれているので、今後の記事にかなり期待しています。
ぜひぜひ。

ところで、昨日は雨と風が強かったけれど今日は少し穏やかに、風も気持がいいです。こんな日はデッキでサンドウィッチでもつまみたい気分。
今はかすんでしまっていますが、今朝は晴れたり曇ったり、雲のコントラストが濃くて、なかなか好きな空でした。
頭上にゴローゴローと飛行機のエンジン音は聞こえるので、iPhoneで撮ってみた。
でも、飛行機が映らない…。今日は高度が高めなのかな? なんでだろ。
市川市上空

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ぐいぐい上から目線

こんにちは、竜子です。

飛行機に乗ってると、上から目線になりがちです。っていうか、上から目線にならざるを得ない環境とでもいいましょうか。物理的に上に行ってるのだからあたりまえです。

でもちょっと不思議な感じです。人や車は粒となり、せっせせっせと耕しているはずの畑も景色の一つとなる。そして私たちが上空へ行くほど、人や車はまるで見えなくなり、小さな畑ほど消えて見えなくなってしまう。やがて道路が毛細血管になって海岸線がハッキリと分かる頃、目に映るのは空と海と陸の、「自然」っていう単位。
とにかく、人はおろか、人の営みさえもやたら小さくなちゃって。

機窓の風景(東シナ海上空)

(XMN→NRT/2009.08)

上空から、日なたと日陰の境目を見つけたとき。こんなとき私はかなり上から目線で、かなりヤなヤツです。「うわ、あそこ! いま曇ってるじゃん!」とか「あの島、全曇りだ!」とかって、ヤーイ、ヤーイ! ってな感覚でいます。曇ってるっていっても、ただの日陰。ホントそんなのどうだって良いじゃん、ってことなんですが、でもなぜかそう思っちゃいます。

機窓の風景(東シナ海上空)

(XMN→NRT/2009.08)

写真はアモイ空港(香港の上、台湾の脇です)から成田へ帰る途中の、東シナ海上空。

機窓の風景(東シナ海上空)

(XMN→NRT/2009.08)

上の写真でわかりましたか?(←上から目線で)
あそこの一帯に雨が降って虹がかかっているのを、上から目線で発見してしまいました!
ほら!

機窓の風景(東シナ海上空)

(XMN→NRT/2009.08)

ともかく。

「何さま?」っていうニュアンスを「上から目線」なんて言いますが、絶妙な表現だなぁと思う今日この頃です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

飛行機って心身に作用する気が…。

こんにちは、竜子です。

やっぱり、飛行機っていいですよね〜。テンションがあがったり、心が穏やかになったり。
どういうわけだか知りませんが、うまい具合に心身に作用するときがあるようです。

たとえば、夜のフライトで日本着が朝だって場合。「今寝とけば、明日から楽だぞー!」ってときに、どうしても寝れないとする。すると、だんだん「寝れない、寝れない」ってイライラし始めちゃう。
けど、それほどまで睡眠に執着してたはずなのに、寝るのがバカバカしくなるときがあるんだよ。

たとえば、こんな景色を見たとき。

機窓からの眺め

(BKK→NRT/2012)

見逃すのがもったいないような、夜と朝の境目に見入ってしまいます。
そしてこんなときは、「飛行機って最高だな」とか思うことすらどっかにふっ飛んでいて。
で、おてんとさまがどうやって出てくるのか、わけもなく見守ったりして。

機窓からの眺め

(BKK→NRT/2012)

「太陽ビーーーーーム!!」  ドゥデ・デ・デ・デ・デ・デ・デ・デ!(攻撃音)
「やられたぁ〜〜〜」(←竜子)
ってのは、やり過ぎだけど、でも太陽が目に突き刺さる。
機窓からの眺め

(BKK→NRT/2012)

「うお、誰よりも早い朝を迎えたんだ!」とか、心の中でガッツポーズしたり。

機窓からの眺め

(BKK→NRT/2012)

で、帰ってきた頃には「寝れない、寝れない、寝れないっ!!!」ってイラついていた時間すら笑い話になる。
気分サッパリ、元気イッパツ。飛行機って、滋養強壮の一種ですか?!
それともヤバいクスリかなにかですか?

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

飛行機好きだな、って思うとき!

こんにちは、竜子です。

やっぱり、飛行機っていいですよね〜。なんで好きなのか、いろいろ理屈をこねるときがあるけれど、こればっかりはもう感覚的なものなのかもしれません。

たとえばね、リラックスするために機内に持ち込んだ本のはずなのに、本を開くのもイヤ! ってほどけっこうクタクタに疲れていたとするでしょ。「あぁ、しんど〜〜〜」ってな具合に完全に気力が失われてる状態。
でも、そんなうっとうしい気分から放たれて、ハッとするときがあるんだよ。

こんな景色を見たときとか。

機窓の風景

(NRT→BKK/2012.03)

こんなのを見つけたとき!!

機窓の風景

(NRT→BKK/2012.03)

写真はきれいじゃないけど、「うわ、飛行機って最高!」って思う。
でもって、飛行機から見る飛行機雲は、骨抜きモノだよ。

つぅーーーーーーーーーーーーーーっと。

機窓の風景

(BKK→NRT/2011.09)

クラッっとね。

機窓の風景

(BKK→NRT/2011.09)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

うららかな羽田空港

羽田空港第1ターミナル

こんにちは。
竜子です(ただいまアイドリング中)。

今日はあたたかで、春めいた風が吹いていましたね。
いつもなら、1月の終わりには梅の花が咲いていましたが、今年は遅い! 今日みたいにぽかぽかした陽気の日が来たら、ついつい梅を差し置いて、桜の花が咲くのを期待してしまいます。
こんな日には、リニューアルされた第1ターミナルのウッドデッキでひなたぼっこするののが心地が良さそうですよね。

写真は、先週の羽田空港。
帰り際、ツーーーーーーっと伸びる飛行機雲を発見。
もうにじみかけていますが、この日もうららかで気持いい空でした。

羽田空港の飛行機雲
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

昨日の飛行機雲!

こんにちは!

昨日の空はそれはもう凄かった! 運転中からクッキリした飛行機雲が1本、グワッと弧を描いた雲が!!
ずっと気になっていたのですが、その場で写真撮るわけにもいかないし、なにより広い空がない!

で、家の近所の駐車場の空が広いのを思い出して大急ぎで帰宅。
その頃にはさっきまでの飛行機雲は滲んじゃってたけど、そのかわりもう1本の飛行機雲が登場。
iPhoneなんですが、写真にすると、なんだか小さい感じになっちゃいますね。本当はもっと大きくって、「ああああ!」っていうほど圧倒的なスケールだったのに!

飛行機雲

むこうにある飛行機雲をみていたら、頭上のほうからも飛行機の音が。
見上げて、なんだか、天地がひっくり返ったような不思議な気分になりました。
この写真、飛行機はすっごく小さいですが、なんとなく宇宙から目線の飛行機に見えませんか?
青い空が地球のような…。

飛行機雲

追いかけていたはずの飛行機雲は、散り散りに。まっすぐ伸びていたはずの飛行機雲は少しねじれたり。
本当にアッという間に消えてしまいますね…。入道雲も、これからの季節はあまり見えなくなるのかもしれませんね。見納めなのかなぁと思ったら、しみじみしまいました。

あと数日でお彼岸をむかえ、これから雨が降って、いよいよ秋の空になるんでしょうね。
「女心と秋の空」なんて言いますが、面白いですよね、秋の空は!

飛行機雲

今日はこれから、甲府へ行ってきます。
飛行機雲見えたらいいけど…。
でも、凄いんだろうなぁ…渋滞!!

では。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

伊豆の飛行機雲

土肥温泉で飛行機雲

先日、野暮用で静岡の土肥へ行ってきた。土肥は天正時代以来、金山で賑わった街でその掘り出し作業でみつかった温泉でちょっとした観光スポットになっているという。

これといった観光はしていないのだけれども、少し時間があったので天正金鉱へ出かけた。天正金鉱はこじんまりとしていてちょっと寂れた金山だったけれども、杖をついたおじいさんが私一人の客にマンツーマンでガイドをしてくれた。

「龕付天正金鉱」(がんつきてんしょうきんこう)といって、「ガンをかけるの」龕なんだけれど、つまり金脈に沿って掘られた突き当たりに神様を掘ってまつっているという、日本で唯一の金山。これ以上掘り進めないようにと封じたものらしい。コウモリが何匹も飛び交う夕暮れ時の坑道は、距離は短いもののけっこうスリリング。

「そこにしゃがんでください」とガイドのおじさん。「もうちょっと右」「もうちょっと前」などといって、私の何度も座る位置を指示してくれます。いわれるがままにちょいちょい修正しながら、おじさんのいうタイミングで顔を見上げると、それが「龕」。女性の神様なのだという(どういうものかは想像してください…)。ガイドのおじさんは、もう何年も何十年もこの仕事やっているので、なってことは無いと思いますが、行き当たりばったりに一人で入ったアドベンチャーな空間で、おじさんと私の間になんともトホホな間が流れた。

約束までまだ時間があったので、ホテルへの帰り道は、海岸線に沿ってのんびり歩いてみた。
海に繋がる空ってのは広いなぁ、としみじみしていたら飛行機が雲をひきながら頭上をかすめて行ったのでした。
砂浜でこんなものを見たら、なんだか飛行機を追いかけて走りたくなっちゃいますよねっ。
といいつつ…トボトボ歩いていましたけど。

飛行機雲を見ると、最初は「おっ!」っと嬉しくなるんですけど、たまに一瞬心が静寂になっちゃったりして、なんだかなぁ〜…。ふと、しょうもないことを考えたりしちゃいます。

みなさんは、なにか思ったりしますか??

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

高度一万メートル、バーチャル飛行

「ご搭乗のみなさま、こんにちわ。本日もAirJapon、日本国航空にご搭乗いただき、誠にありがとうございます。
この飛行機は、特別チャーター便、日の出フライトでございます。飛行時間は12時間のところ、1分でのご案内を予定しております。
機長は、彦木大輔。わたくし、チーフパーサーのかわりに研修中の竜子でございます。どなたさまもお座席のベルトを腰の位置でしっかりとお締めください」

…FD機長にならって、スッチーになりきってみました。
なにぶん新人の、バカでドジでのろまな亀!(風間杜夫の口調で)…、ご不快な点は、お許しください。
というわけで、みなさまをお正月の、日の出フライトへご招待いたします。

「まもなく離陸となります。みなさまには特別にジャンプシートにお座りいただきますので、どうぞ足下にお気をつけてお坐りください。また、ただいま滑走路へと走行中のため、スタッフ一同着席にてご案内させていただきます。どうかご自身にて、いま一度、シートベルトの確認をお願いいたします」

それでは、いってらっしゃい〜。
日の出フライト:コックピット

そらの向こうに太陽の気配がやってきました。
日の出フライト:明けた空

あ、でました! 日の出。
ここは、アラスカ上空です。
日の出フライト:日がさす空

あっという間に、陽の光が「太陽」らしくなってきましたね。
日の出フライト:おてんとさま

もうちょっと高度を上げてみましょう!
日の出フライト:KLM

地球の弧がうっすらと見えるような気がしてきますね。
シベリア上空にまいりました。
日の出フライト:空へ

なんだか幻想的。
日の出フライト:幻想的な空

というわけで、あらためまして。
明けましておめでとうございます!
次の更新分より、本年の定期記事、事始めになります!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

みなさんにとっていい年になりますようにっ!!
やるっきゃない!(スチュワーデス物語の春やす子の口調で)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ