タグ ‘ 空港

坂のある空港で

ルクラ空港(テンジン・ヒラリー空港)
エベレスト

ネパールの山奥にある小さい空港ながら、この空港の知名度は危険空港として世界に名をとどろかせるほど。
ヒマラヤ山脈の谷間にあるこの空港の滑走路の長さは460m。滑走路の末端の一方は行き止まり、もう一方は深さ600mの断崖絶壁。その上、この空港の標高は2,800mと高所にあるため、乱気流に巻き込まれやすく、また空気が薄いためエンジン出力が落ちるという。運行できる機材もヘリコプターやDHC-6、ドルニエ 228など、短距離離着陸機に限られています。
ルクラ空港は、2008年1月に「テジン・ヒラリー空港」と改名しました。その由来は下の寄稿をご覧頂くとして、この空港はエベレスト登頂の際のネパール側の登山口になっているので、人気も高くカトマンズ・トリプバン空港間は毎日運行しています。

下に取り上げる寄稿はフィリックスさんから頂いたもの。フィリックスさんが映像から起こした画像もご覧ください。

坂のある空港で

まったりさんご専門領域の話題をひとつ。

カトマンズからエベレストに入るにはルクラという村まで飛行機の便があります。徒歩で行くと4,5日かかるのですが飛行機だと40分ぐらいで着きます。標高2804メートルにあるルクラは眼下にスルキア渓谷が深く切れ落ち、頭上にはタムセルク(6608メートル)の山々が屏風のようにそびえ立つ山奥の村です。その山の傾斜と谷の境目にぶら下がるように砂利を敷いた滑走路があるのです。瓦葺きの屋根と思ってもらえれば分かりやすいのですが飛行機は谷側からアプローチして屋根のように傾斜のあるランウエイに着地すると一気に屋根を登るように坂を駆け上がりスピードを殺すのです。傾斜の上には猫の額ほどの平地の駐機場があってそこに登りついて機を停止させます(注:最近砂利ランウエイは舗装されたそうです)。

離陸するときは猫の額からフルパワーで飛び出すと坂道で加速し航空母艦のカタパルトから海へ飛び出すように谷に向かって離陸します。見ていると滑走路から砂煙が上がり、まるで飛行機が谷底に身を投げるようにさえ思えてくるのです。そして一端、視界から消えた機影が谷の気流を捕まえて渓谷に沿って上昇していくのが見えます。その姿にほっと胸をなで下ろすのです。

この常識外の空港開設はエベレスト登頂の歴史に無関係ではないそうです。国をあげてエベレストの登頂を目指した英国はカトマンズからエベレスト山麓までの長く険しい道の途中にどうしても空輸のために飛行機を着陸させる場所が欲しかったのでしょう。1934年にモーリス・ウイルソンという人が飛行機をエベレストの山腹に不時着させて登頂を狙ったが失敗。その20年後、エドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジンがエベレスト初登頂をした際に英国人パイロットがルグラの急斜面に単発機を降ろしたということです。それがきっかけでルクラの急斜面は、けもの道が人による踏み分け道に変わるように次第に滑走路になり、やがて登山客や観光客を乗せた双発機が離発着する空港へ変化していったのだといいます。

テンジン・ヒラリー空港
テンジン・ヒラリー空港
テンジン・ヒラリー空港

最初のひとりのパイロットの決死的な「仕事」が空港へ変化した例は他にもありますね。

まったりさんが好きな旧香港空港、カイタク空港もそうですよね。1925年九龍半島の絶壁のそばにあった簡単な埋め立て地の上に中国軍の飛行機が海から進入して着陸するようになって滑走路が出来たといいますが、たぶん、あんな絶壁の下を選んだのは飛行機の港を意識したからでしょうね。当時、英国航空やパンナムの飛行艇が海の上で離発着して埋め立て地の波止場で乗客を降ろしていたに違いありません。パンナムのM130チャイナクリッパーが白鳥が舞うがごとく優雅にビクトリア湾の美しい風景の中を滑降している様を想像するとまったりさんならずとも胸がわくわくしますね。

ところがある日、その空き地に陸側から絶壁の谷間を縫って着陸したパイロットがいるわけですよ。ホンコン・カーブの始まりですね。ヒマラヤのルクラの空港と同じで最初に着陸したパイロットはすごい度胸があったのでしょう。それが「ふみわけ道が人道になる」ように最後はジェット旅客機が着陸するようになった。まったりさん。人間の力って凄いと思いませんか。やる意志と少しの情熱を持ち続ければ大抵のことはやれるんですよ。必要なのはあきらめないしぶとい闘志のみ。そんなことを僕はルクラの空港で飛行機を見ながら感じていました。

フィリックス

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

羽田からパリ直行便

2010年10月、羽田空港の拡張工事が終わる予定。そしたら羽田からパリへの定期直行便が出るのらしい。1日1往復。1978年の成田空港の開港によりほとんどの国際便が羽田から成田空港に移ったわけだけど、30余りの年を経て、羽田へ。

それって便利。だって、台湾へ行くとき便利だったもの。羽田なら移動時間も少なくて済むから気軽に行けるしね。ましてや台湾なんて飛行機に乗ってる時間なんて…機内ミール頂くのも申し訳ないくらいの距離でしょ。沖縄にちょっと毛の生えた程度のものだもの、宮古島や石垣島に行く感覚と一緒。そんな近場に行くのにさ、たいていの人にとって、京成電鉄のスカイライナーやJRの成田エクスプレスでわざわざ成田に行くのなんかより、羽田の方が便利。車でも羽田の方が断然便利だよ。30分? 1時間くらい短縮出来るよね。

成田なんてさ、電車下りてすぐにパスポートの確認だの、身分証の確認だのやんや面倒くさいシステムあるし、車で行ったって高速下りたらすぐに検問があるし、トランク確認されるし、しかもそれが自動改札制じゃなくって、すべて警察官(の航空機動隊?)の手作業だしさ。テロの警戒とかいってプラスアルファの時間がかかるよね。でもさ、成田空港のあの検問システムって昔の方が断然、警備体制が厳しかった気がするんだけど? 最近さ、トランクの確認とか厳重にやってないよね? 昔は、「出発」でも「出迎え」でも、具体的な便の確認があったよね? そこまで厳重に聞かれないのは竜子の人相がよっぽどいいから?(笑) いやいや、家族で行ったって、明らかに対応が変わってる気がするんだけど? 最近、ゆるくない? テロの脅威なんて、20年や25年前より今の方がてんで高いのに。

あ! ってことは羽田からジャンジャン国際線が出るようになれば、羽田も同じシステムになるのかしらね? 国内線・国際線も同じことやるわけ?? テロ警戒とかいって。うわ、めんどくさっ!!!
とか言っちゃったけど、成田のあの検問はテロのためってより過激派対策の理由のほうが強いからだと思うけど、羽田の国際線が増えてさ、成田のアレと同じことをやらないとか、あり得るんだろうか。「テロ対策」するんだよね? 羽田はやらない、とかそういう特例? えーズルい東京!(by千葉県民)。

いま羽田空港の拡張工事してて、ほぼ毎週その脇を通ってるけれど、すごい平和だよー。
わたしが子供の頃は、成田でなんか燃えてるのがニュースでやってた。生まれる前なんか、それこそなんだか良くわかんないけど、色んなものが燃えたり破壊されてたりさ。最近だって、革命軍を名乗る人たちにへんな爆発物が三里塚に投げ込まれたりしてるのに…、羽田って平和だよなぁ〜。拡張工事現場の方なんか普通に入れるし、「断固反対!」みたいな看板もないし(あるのかもしれないけど、見かけないし)、むしろ「オープン!」なんつって、「乞うご期待!」的な看板がすがすがしく掛かってるし、パリ直行便みたいにもう就航予定とか発表されるし、成田と違ってなんだかそよ風が吹いてる感じ。これって、東京のスタイリッシュさ? いいなぁ、東京(by千葉県民)

でもさぁ、千葉県も頑張ってるんだよね。そもそも一坪地主だって個人的にはおかしな話だと思うけれど、民主主義の世の中なんだからそういう主張も仕方ないわけで、長いこと空港建設を阻んだ熱田派の「横堀墓地」っていう成田空港反対運動の象徴になってた土地も、2006年に入った頃に売却を表明するまでに至ったし、国際的によく比較されてしまう成田からターミナル駅へアクセスだって、少しでも早くするよう特急を増やしたり、いまは別の新しいルートを開発したり、なが〜い年月は経ってるけれど、ほんの少しずつ進展はさせてるのだもの。

空港使用時間だって制限がある成田空港だし、滑走路も中途半端な長さで微妙な離発着しか出来ないのかもしんないけどさ。利便性問われたら、絶対羽田の方が良いに決まってるんだよね。千葉県・市川市民の竜子ですら、羽田の方が断然便利だからさ。でもさ、こんな考え方はどうだろ?

「家を出たときからが旅の始まり」(笑)

まるで小学生の遠足の標語のようだけど、どうせ成田から何時間と飛行機に乗るわけだし、国内線と違ってチェックインだって1時間前には済まさなきゃいけないんだから。アクセスの数十分の違いも旅にしちゃう! ってことで。ときめく時間も長くなるじゃないですか! そもそも海外へ行くときくらい、非日常なのだからアクセス時間くらいケチらない!

あ〜あ。どうなっちゃうんだろう、国際線。

やばい、長くなちゃった。
今日は飛行機ズキよりも千葉県民の嫉妬のお話! チャオ♪

成田空港のほうも応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

羽田空港おすすめ手土産[和菓子編]

「羽田空港のおすすめ手土産」の続き、和菓子編です。

実は、さほど和菓子好きでもない竜子ですが、それでも美味しく食べれてしまう「きみしぐれ」を紹介します。

■おとし文(清月堂本店)
■5つ入りで580円程度だった記憶…
■羽田空港第1ターミナル2F
 マーケットプレイス 特選和菓子館(6:00〜20:00)
■羽田空港第2ターミナル2F
 食賓館(5:45〜20:30)
http://www.seigetsudo-honten.co.jp/
■銀座7丁目の清月堂本店他、首都圏のデパートで購入可能。詳細は店舗サイトで

黄身餡を丁寧にこした餡で包んだ「おとし文」。名前こそ聞きなれないけれど、俗に言う「きみしぐれ」です。ひとつの大きさは小さい…和栗くらいの大きさなんだけど、和菓子がさほど好きじゃない竜子にとってもこのサイズが程よくって、とてもお気に入りです。和菓子の何が苦手って…あの、餡子や求肥(このお菓子は求肥は使っていないですが)の甘さなんですけれど、この「おとし文」は和三盆の控えめな甘さがなんともいえない美味しさです。

おいしさの決め手は、なんといってもこの餡。口の中に含むと、あずきに白いんげんの餡が、ほっくりとくずれるのです。それから黄身餡!! 「きみしぐれ」とは名ばかりで、黄身の味がまるで消されてしまったものも多い中、「おとし文」はマイルドでコックリとした黄身餡がなんともいえない美味しさなのです。ちゃんと黄身の味が鼻を抜けるんですね。ん〜奥ゆかしい…。

和菓子に疎い竜子のおススメじゃ説得力ないかもしれないので、おいしさをお伝えするために。10歳年下の私の妹は、年老いた両親で育ったせいか、大の和菓子好き。家族の誰よりも美味しい和菓子に詳しく、「きみしぐれ」はもちろん、「ねりきり」「和三盆」ツゥーです。そんな彼女も認めた黄身時雨です(アレッ、説得力増さなかった…?)。ま、なんしか、末っ子のおススメはほとんどが美味しいという、家族内の評判でしかないですが。

蒸気で蒸した上生菓子なので、日持ちは14日間。案外持つので、移動中も神経質になることもなく、訪問先で「誰それにお渡しくださいね」なんてことも可能。もちろん防腐剤などの添加物は一切使用していません。

おまけに、コストパフォーマンス高し! いまどきひとつ110円程度でこんなにおいしいきみしぐれは売ってないもんです。美味しくって高い、けど高いなら美味しくって当然ですよね。おいしくって安い、これは手土産でなくとも嬉しい逸品。

第1、第2ターミナルのどちらでも入手可能です。

次回の羽田空港グルメは「機内で食べる」編にでもしましょっか…。
いつかは不明、ということで…。

じゃ!

↓お役にたちましたら、ぜひ一票♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

羽田空港おすすめ手土産[洋菓子編]

どれを買って良いかわからないくらい、東京土産であふれかえる羽田空港。ましてや東京土産とは言い難い、たとえば京都土産の定番「よーじや」だとか、うっかり買い忘れた用にあるのか全国のお土産物まで。だけどもなぜか名古屋の離発着がないのに存在する坂角総本舖のゆかりせんべい…。

地方から東京へ、あるいは東京から地方へ、みなさんいろんな用事で羽田空港を利用していることと思いますが、東京のお土産になにを持ってっていますか? 高年層に大人気の鳩サブレに舟和の芋ようかんやあんこ玉。パステルのなめらかプリンにOGGIのチョコレート。東京とはいっても、今じゃ全国どこででも手に入るようなものばかり。意気込んで「東京土産です!」って持っていったと思いきや、「あらぁ、近所のデパートに入ったわよねぇ〜」なんて言われてしまう、なんて恥はかきたくない。

それに「東京土産」だの「羽田空港限定」だのいっても美味しくないものってとっても多い。お店とラッピングだけは立派な「KEITH MANHATTAN」(キースマンハッタン)なんか、第1と第2ターミナルの両方にあって、なぜっ?! ってくらい人が多いけれど、そんなにチョコレートの味もよろしくない上、ボソボソしていて、もっとおいしいブラウニーはどこにでもあるもんです。見かけ倒しに残念。ちょくちょく大行列を作っている、「東京バナ奈」シリーズの香料の強さといったら…、お土産どころか普通に体にいれたくないって思っちゃう。

和菓子、洋菓子、本当におすすめ出来るのは僅かですが、せっかく東京に来たのなら、せっかくどこかへ持ってくなら、満足いくものを持っていきたいもの。というわけで偉そうですが、今日現在で地方のデパートでは手に入らない東京のもの、という観点で羽田空港グルメをピックアップします。

■南麻布ロール(PAPER MOON)
■1,260円
■羽田空港第1ターミナル2F
 マーケットプレイス 特選洋菓子館(06:00〜20:00)
http://www.papermoon.cc/
■写真がないのでホームページを参照。空港で売っているものはカットサイズが違います。
■南青山ペーパームーン、もしくは港区・渋谷区・目黒区・中央区・千代田区・世田谷区でデリバリー可能

ティラミス味もあったけれど、まだ食べていない。このお店のイチオシの羽田空港限定のミルクレープは、普通バージョン、チョコレートバージョンともに、普通に美味しい。

この「南麻布ロール」って名前がちょっとうさん臭いっていうか、無理やり名物に仕立てようとする意気込みを感じさせますが、シンプルなロールケーキは、そんな名前とは関係なく美味しい。なにせしっとりふわふわの生地もさることながら、クリームがとっても美味しい。植物性のなんちゃって生クリームじゃなしに、動物性の純度の高い生クリームが、さっぱりとしたコクがあって美味しい! 少し前に流行り、全国のデパ地下の目玉になった大阪の「堂島ロール」をご存知の方なら話が早いのですが、それと同じような感じで、生地と生クリームだけ。っていうか、クリームを生地で包んだ、というか。堂島ロールもおいしいけれど、南麻布ロールのほうが、ふんわりながらも、しっかりめの生地で、クリームの甘みも少ない。勝者です。防腐剤や香料などの添加物を使わない手作りの生菓子なので、日持ちはしませんが…。

後で気づきましたがこのお店(南麻布の実店舗)、多分行ったことあります。シフォンケーキがしっとりしててかなりおいしかったお店です。イチオシ!

明日は和菓子編を。

じゃ!

↓お役にたちましたら、ぜひ一票♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

「第一回萩・石見空港マラソン全国大会」

まだよくわかんないけど、凄い面白そうなイベントがコメントに投稿されたので紹介します。

「第一回萩・石見空港マラソン全国大会」が来る平成20年10月19日に開催されます。スタートが空港の滑走路現運用空港での滑走路を使用してのマラソン大会は全国初です。日本陸連公認なので、マラソン好きな方にも喜んでいただけるものと確信します。
日頃は入ることの出来ない領域にランナーとして滑走路を快走できるとあって、いつもとは違う気分になれること間違いなしです。飛行機好きな方にも最高の大会だと思います。(滑走路に入れるのですよ!)<RUNNNERさんより>

コースは、ハーフマラソン/10km/5km/3km/2km/ファミリーの部、で、すべての種目に滑走路がコースに含まれているようです。各種目ともエプロンからスタートして、折り返しとなり、2kmの部は約1000m、3km・10km・ハーフマラソンの部は約2000km、5kmの部は約4000mを走るのだそう。
マラソンには全く興味のない…もとい、大の苦手で、学校のマラソン大会では最後に拍手で迎えられた記憶しかない竜子が走るとすれば、10kmの部とハーフマラソンは論外。最短の2kmを選びたいところだけど、滑走路を走る割合でお得感を優先させるなら3kmコースだ(滑走路の割合は2kmの部:50%/3kmの部:67%)。ただし5kmの部ってのは、コースの80%が滑走路、とめちゃくちゃお得感が高い。
でもね、でもね…。5kmも景色と気分を楽しんで走れるのかっていうと、厳しい。ってゆーか、無理。やはりせいぜい2kmかなぁ…。でも2kmもぜったいに辛い!! つらいかな? つらいよぉ…でも滑走路は走ってみたい! しかも地方空港って、とっても行きたい!!
そのうえちゃんとANAのパッケージがある! 東京と大阪の便だと、萩・石見空港着で、空港が会場。代休を取って行くか? いや、どうだろう。これはちょっと悩むぞ。

参加費がちょっと高くってもいいので(ちなみに、この参加費は大人3,000円です)、「ひとりで滑走路の端から端を直線で走れるコース」ってのがあると、即決だ!

あっ!! 今見たら…、2kmの部は小学校の部のみだった!!!!!

くわしくはこちらで!
萩・石見空港マラソン全国大会
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

空港へのアクセスは「空港西」で

空港へのアクセスは、湾岸「空港中央」よりも「空港西」がオススメ。
千葉方面の人はもちろん、そうでない人も「空港中央」を使ってる人が多いと思うけど、気分のアガり方が「空港西」の方がだんぜんよいっ!

竜子の休日出勤の日は、外苑〜芝公園を抜けて芝浦ジャンクション、昭和島ジャンクション〜「空港西」で下ります。1号羽田線ルートです。
たまに、家に帰るつもりが急に思い立ってしまうこともあるので、環状線を余分に走ってから、やっぱりルート変更なんてこともあるけど、めったに「空港中央」は利用しません。両親をピックアップするとかの理由なら別ですが。

深夜帯に仕事を終えた時は、平和島で睡眠をとってから行きます。いつなんどきどこの空港にでも行けるように、綿毛布を車に積んでます(笑)
ただ、すぐ目の前に対向車線の料金所があるもので、トラックの行き交う音がちょっとしたホームレス感覚にさせます。
成田空港は警備があるので夜中は近づけませんし羽田の方が近いし。仕方ないです(あたりまえですが夜は「ちょっと見学に」とか「ドライブで」とか入れてくれません。夜中にさくら公園とかあり得ないほど怖いし!ましてや何も見えない…)。
最初は、夜中に車を停めて寝ること自体、怖かったのだけど、不思議なことに慣れました。ただパーキングエリア以外は無理だけど。

でもって、「空港西」で下りると、昼間なら機体倉庫のドアがオープンになっていて、新聞社の機体なんかが見えます。ちょうど頭上をモノレールが走ってるので、あのモノレールから見える整備場〜天空橋の景色を地から眺める感じですね。なぜかモノレールから見るよりスケールが大きく感じられます。それから…モノレールなら地下に入っちゃうので、車じゃないと見れない景色が広がってきます。たまに自転車の人や徒歩なんて人も見かけるけど、関係者の人かツーリングでしょうね…。
でもって拡張工事中の間を抜ける道路を東京湾を臨みながら通ってくと、離陸したばかりの機体がわんさか目の前を過ぎてゆきます。

渋滞することもないので気に入ってます。
羽田空港ルート

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ