タグ ‘ 航空会社

ジェットアジアでバンコクへ…

こんにちは、竜子です。

バンコクから戻りました。
買い物にランチにディナー、デザート、マッサージにスパ! 観光らしきものは一切ナシ。
全日自由気侭に時間を使えるとあって、女だらけのフリーの旅は、とかくパワフルだよ!!
ジェットアジア・エアウェイズというので行ってきました。
いまアツい、LCCってやつです。おまけにLCCデビューです。

なんでこうなったかというと…、年末年始に大々的にやっていたHISの初夢フェアのCMで見たからです。航空券のみ、成田→バンコク、2,000円! でも、当然こんなのは予約が取れるわけがありません。で、次に狙ったのが、航空券の、成田→バンコク、20,110円。募集開始と同時に、と正月早々スタンバっていましたが案の定サイトはフリーズ状態。結果は「時間の無駄」、初夢も終わった…。

はずだったのですが…、妹がこっそり航空券を年末に予約していた。事情があってどうしても出掛けたい妹が、押さえとしてとってくれていたようです。こちらは3万円くらい…。「ジェット・アジア・エアウェイズ?! どこだろ、それ」ってなことになっても、まぁ、お安いし文句は言えないよね、って感じです。いずれにしても、成田→バンコクが往復3万円くらい(サーチャージ込)なんです。同路線他社の約半額です(Expediaとかでの販売価格ね)。

ジェットアジア・エアウェイズ

馴染みのない「ジェットアジア・エアウェイズ」なので少しだけ紹介します。
ちなみに、「ジェットスター・アジア・エアウェイズ」(JetStar系)とは別の航空会社です。
2009年に設立されたタイの航空会社で、成田→バンコク間はHISがチャーター便として運行し、燃油サーチャージが含まれた価格で、通常エコノミー:36,000円〜/ビジネス:57,000円〜です。座席指定は別途1,500円(5月8日まで)。保有しているのは、ボーイング767-200が4機。

行きも帰りも満席です。自分たちも含め、CM効果というのは凄いもの。
とにかく、選択肢が増えるというのは本当に素晴らしいことだと思う。格安なものからラグジュアリーなものまで選択肢があるから日本は良いんだよね! 選択肢の多さ=豊かさ、なんじゃないかなって思うよ。そのぶん機会があるってことだ。

で…。

もし初めての海外旅行だったら、もっと喜べたはず。
もしジェットアジアしか乗ったことがなかったなら、もっと満足だったはず。
もし私が学生だったら、疲れ知らずだったはず。

だから…。
次はないな。

次は乗らないよ!

もう、2度目はないよっ!!!!!

けして「ジェットアジア・エアウェイズ」が悪いんじゃない。いろんな企業努力をしてるな、って心底思う。
ただ、コストや他のフライトとの差額、それに対する満足度とストレスを天秤にかけたら、私の場合は、もうこのチョイスはナイな、って思った。ってか、LCCで海外とか無理かも。いろんな意味で年取ったのかも。
まぁ、安いとさ。結局は、勉強代としては安いよね!! ってことだ。今はまだ笑えないほど疲れてるけど。

ではね。

ジェットアジア・エアウェイズ

次回は、最終回となる「ヨーロッパ飛行」を。
ながらくお待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

Peach就航、初便搭乗記!

約数か月ぶりに復活した突撃特派員のMattariです! (笑)

人間面白いもので、一時期ハマっていたものでもパッと興味がなくなるものもある。それは初便搭乗などと言ったイベント色の強い飛行機搭乗である。まあここ数年はネット情報で初便情報も得やすくなり如何に早くクリックして予約を取れるかが、勝負といった感もあり、あまりにも早い者勝ちという風潮に好かないのもある。でもさすがに今回は食指が動いた。幸い年休も取れたこともあり、初の本格的日の丸LCC(格安航空会社)であるピーチ・アビエーションに乗れるわけだから。恐らくエアドゥの就航初便以来ではないだろうか。

今回は予約殺到というわけでもなく、予約受付開始の1月5日から既に一週間を過ぎているにもかかわらず、希望する窓側の座席も残っていてあっけなく予約が取れたので、ちょっと拍子抜けした。往復で約24000円程度と大手の片道航空券半値に近くて安い。

かくして、私は3月1日会社発足初の営業便となる関空〜新千歳間のMM/APJ101便の乗客となったわけである。

3月1日早朝5時半過ぎに関西空港ターミナルへ着く。
エアロプラザへ向かう途中で某局のカメラクルーにインタビュ-されコメントを求められる。ただこれはどうもカットされたようだ(笑)。いやはやチェックイン場所のエアロプラザは、こんなに朝早いのに報道陣で埋め尽くされ、短めながらもセレモニーもあったけ。でもあっという間に終わってしまった。

ピーチ就航、初便搭乗
ピーチ就航、初便搭乗

自動チェックイン機を探すと数台あるが、チェックインする乗客を撮りたいマスコミが多いのか、カメラの”砲列”に囲まれて何か落ち着かない(笑)。その中には有名な航空評論家、青木謙知氏の姿もあった。

ピーチ就航、初便搭乗

自動チェックイン機は大手航空会社が使う大型のものではなく、デンソー製のスキャナーにPCモニターと感熱紙プリンターと手作り感があり、LCCならでは工夫はこんなところにも見られる。早めにチェックインしたせいか、私の時はすんなりチェックインが出来た。ただ、その後10分ぐらいでチェックインの出来ない人が続出し、同行者もそのひとりとなった。今回の改善すべき点のひとつと言えよう。あと気になった点としては、バーコードをスキャンしたらすぐ搭乗券が出るのもちょっとセキュリティ面で不安がある。通常なら、支払時に使用したカードを差し込んで本人認証を行う事が多いからだ。

ピーチ就航、初便搭乗

他の航空会社同様に金属探知機のゲートを潜り、格安航空専用ターミナルが出来るまでの仮の待合室があり、最低限ながらもお土産やお菓子、飲み物の売店やトイレがある。プレハブのバスラウンジではピーチのクルーからピーチロゴ入りのエコバッグに入った記念品がもらえた。就航初便とはいえLCCだから何もないと思ったから予想外のプレゼントに嬉しい。中身はピーチロゴ入りのものでスタバ等でお馴染みのタンブラーとハンドタオル、ピーチの特集記事が書かれたKIXマガジン。そのタンブラーは自社で側面の紙を印刷して就航記念品に仕立てているのもLCCなりに涙ぐましさが感じられる。

ピーチ就航、初便搭乗

南海バスのランプバスで空港の中ほどに駐機してある機体まで移動するわけだが空港内の撮影は規制で禁止とアナウンスされるのが何とも不思議。過去何度か成田空港などでバス移動はしているがそのようなアナウンスは聞いたことなく残念。

スポット106番に着くと、社長をはじめピーチ社員一同が出迎える。オープンスポットからタラップに登って搭乗すると不思議と気分も上がって好きである。機首を見ると先日公募で決まった第一号機の証であるPeachDreamの名前が。JA801P機内へ入ると某テレビ特集で見かけた安田さんが出迎えてくれる。機内の様子としては、格安航空お約束のビニールレザーシートでYクラス180席仕様。航空券価格破壊とサービス改革という点で大先輩ともいえる英国ヴァージン・アトランティック航空のプレミアムエコノミーシートの色とよく似たワインカラーがお洒落な印象を高めてくれる。シートピッチは狭いけど極端に酷いわけでなく、追加料金で足元の広い座席も選択出来る点もいい。窓からは二号機と三号機が見えて二号機は福岡行き初便として準備中である。座席ポケット内容はこの写真の通り安全のしおりとピーチデリのメニュー、エチケット袋のみである。

ピーチ就航、初便搭乗
ピーチ就航、初便搭乗
ピーチ就航、初便搭乗

162名の乗客と乗員7名を乗せたこのMM101便は、定刻より18分ほど遅れてスポットアウトし、滑走路06Rから7時30分に無事離陸。離陸した瞬間、就航初便に乗れた喜びからか乗客一同の拍手の嵐に包まれ、その第一便離陸を祝福するがごとく、窓からは朝日に輝く関空を望みながら一路南アルプス越えを目指す。飛行ルートは佐渡島上空を経由して男鹿半島、青森上空を越えて行くようだ。

ピーチ就航、初便搭乗

機内アナウンスも所々関西弁がちりばめられ、機長のアナウンスでも撮影の合図にはチーズならぬピーチとするようにとウィットにとんだ白石機長のセンスはなかなかのものである。取材陣も賑やかで、今まで乗った初便でもここまでマスコミ関係者が乗った便は見たことなく今回私が属する某団体のはっぴを着ていた関係で、取材を受ける回数が増えた。知人の話では大阪某局のニュース映像で出たらしい(笑)。

それにしても残念だったのは、マスコミの取材も原因なのだが、有料の食事類の販売が上手く進まなかった点ではないだろうか。結局カートが使えず、トレーで配るしかないから全体的に注文が行き渡らない。私も何か食べようかと思ったが結局すぐ着陸態勢入った関係で翼周辺の乗客はほとんど諦めざるえなかった。一応ピーチデリのメニューを写真に取ったのでご覧ください。

ピーチ就航、初便搭乗
ピーチ就航、初便搭乗

そのため新千歳到着後すぐ、えびそばの一弦へ直行したのは言うまでもない(笑)。
初めて食べたが、スープまで飲み干せるほど美味かったからお試しあれ!

写真は帰りのMM108便で食べたカップラーメン(笑)えっ?カップラーメンにワザワザ350円、さらにスーパードライに400円も払うなんてドアホだけど、実際に機内で食べると地上で食べるそれよりも美味く感じるんですよ!尚、最終便だと在庫処分なのか弁当やパン類が40%引きで販売され飛ぶように売れていた。ただビールやカップラーメン等は保存が利く関係で割引は一切ないから悪しからず(笑)

ピーチ就航、初便搭乗
ピーチ就航、初便搭乗

往復で最安一万円を切る運賃で札幌へふらっと遊びに行ける気軽さが新鮮。関空着便に関しては難波までの南海線割引切符も販売しているのも珍しく、LCCならではの型破りなサービスもどんどん増えていくに違いない。
今後のピーチの路線展開に期待したい!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

JALに新しいコンセプトの機内食が登場!

こんにちは、竜子です。
8月最後の追い込みで、手が塞がりがちだったけれども、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
私は、2日から、バンコクへ行ってくるよ。でも、2日って…台風直撃なんだよ。メキシコ、エジプトとキャンセルが続いてしまって、まぁ、日にちがズレても行こうとは思っているけれどもどうなることやら…。

タイへ行くならタイ航空に乗ってみたかったけれども、今回は違うんだよね…。今年はおそらくタイへ行ったっきり他の国へ出る予定はないので、もろもろ迷った結果、マイルの都合でJALに決定。さっきWebチェックインを済ませたところですが、そこで気づいたが、JALの機内食が面白そうなことになっているということ。
その中から、国際線エコノミークラスを中心に紹介します。

まずは、ここ最近の日系エコノミーの機内食での経験、「こんな機内食なら、ハンバーガーひとつでいいんだけど?!」っていう、なかば諦めのようなため息。その「ハンバーガーひとつでいい」ってな要望が、本当に実現することなりました。
なんと、機内食にモスバーガーが登場、題して「Airモスバーガー」!!(プレミアムエコノミーとエコノミー/日本発、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、フランクフルト、ロンドン線)。モスといえば、テリヤキバーガーの元祖ということで、JALで給仕されるハンバーガーもテリヤキバーガーです。トマトとレタス、特製ソースは別添えで、みずみずしいレタスの食感が楽しめるのだとか。今のところ予定はないですけれど、私なら他のプレートを頼まずに、コレにすると思います。ちなみに、ポテトや副菜はなさそうですが、寝ることを考えるとこれでちょうど良いと思っています。

他には、ハワイ路線のエコノミーでは、メゾン・カイザーのパンがつきます!
メゾン・カイザー、私は大好きです。バケットならVIRON、クロワッサンならメゾン・カイザー(他には、クロワッサン系菓子パンとクイニーアマンがおススメ!)ですね。ただ、エコノミーでもクロワッサンのチョイスができるかどうかは分かりませんが、カイザーのパンは全体的においしいと思うので、テーブルパン系のものでもこれは嬉しいですね。ちなみに、羽田空港第1ターミナルなどにも入店している食のセレクトショップ・DEAN & DELUCAでも、メゾン・カイザーのパンが食べれますので、興味がある方はDEAN & DELUCAで味見を。
そして同じくハワイ路線に、BABBIのジェラートがつくよ! デパ地下ではかなり目立ってる真っ赤な店舗なんですが、ここのピスタチオがヤバいんです…。またもや何の味がつくのか分からないけど、おいしいので期待値大です…。

次に、ハワイ路線に乗らないよ! って人。エコノミークラスの、欧米・長距離東南アジア・マニラ・中国・台湾路線!
1食目が終わると、デザートとして温かい飲み物と一緒に、ハーゲンダッツのアイスクリームがつくことになったよ!
外資のエアラインだとけっこうあったハーゲンダッツアイスクリームだけれども、JALエコノミーに登場するとは…。

ファーストクラス、エグゼクティブクラスは、ここでは省略しますが、詳細は下記の通り。
お米ひとつにもこだわり、和の心を感じるメニューになっていますよ!
JAL機内食の特設ページへ

そして、そして。「JAL CAFE LINES」のコンセプトで、こだわりのアイスコーヒーが機内に登場です。
国内線では、期間限定のため、9月末で終了となりますが、どのクラスでもこだわりのアイスコーヒー楽しめますよ。
国際線では、ファースト/エグゼクティブ/プレミアムエコノミー・エコノミーとで、搭乗クラスによって使われる豆が異なるのですが、それぞれこだわりのコーヒーが楽しめます。また、ハワイ路線では、マウイ島で栽培されたモカが飲めるなど、路線によっては面白いコーヒーの楽しみ方が出来ます。

それから、スカイタイムの「ゆずジュース」に代わって「シークワサー」味になりました。

な〜〜〜んとなく「新生JAL」を感じられるような内容かな、ってのが第一印象です。
実際にはどうなのでしょうか…。これは、帰国してからですね! 報告を楽しみにしていてくださいね。

ちなみに!
この「JAL CAFE LINES」は、8月25日〜9月7日までの間、「WIRED CAFE NEWS日本橋三井タワー店」で機外で楽しむことが出来ますよ。場所は、マンダリンホテルの入っているビルです。お近くの方、味見してきてくださいね!

http://www.jal.co.jp/inflight/dom/drink/coffee/cafe.html”>「JAL CAFE LINES カフェ」の概要
(掲載終了につき削除:プレスリリース▶JAL CAFE LINES
JAL CAFE LINES(HOT):450円
JAL CAFE LINES Iced (ICE):500円
JAL CAFE LINES EXECUTIVE CLASS(HOT):700円
JAL CAFE LINES FIRST CLASS(HOT):1,200円

では。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

BOSS缶×スターアライアンスキャンペーンが始まった!

どうも!先日の787詣でのお陰で真っ黒に焼けつつある突撃特派員!?Mattariです(笑)。

ダイキャストは高くて集めるのはどうかという方も今回の記事を見たら可愛い容姿にこんな飛行機たちを集めたくなると思いますよ。

会社へ行く途中のコンビニでコーヒーの棚を見る度に復活が気になっていたサントリーBOSSのキャンペーンが遂に始まります! 8月16日からコンビニの店頭に並びますよ。

「BOSS ゼロの頂点」という缶コーヒーのみに付くおまけのようですが、個人的にはブラックにも付くとありがたいですけど、まあでも18機全機集めても2000円代程度なのでありがたい!
私も馴染みのコンビニで箱買いでキープして貰おうかな。他に2缶セットで1機貰えるB787などの飛行機モデルも6種類あります。

1缶買うと貰えるプルバックのモデルは主に日本へ乗り入れるスターアライアンス18社でコードシェア便で乗り入れている航空会社も含めていますね。

サントリーBOSS スターアライアンスキャンペーン

※画像は「2缶セット」のもの。画像をクリックして、さらに拡大すると全種類が見れます

限定もののスターアライアンス塗装のB777?は見つけたら即ゲットもの!

世界的な主力機と化した大型双発機B777はエアカナダやニュージーランド航空、オーストリア航空 、エジプト航空、TAMブラジル航空で登場。特にトルコ航空は新機種B777-300ERらしさが出ていていい感じ。
飛行機を知らない人でも一目見たらわかるほど有名なジャンボ機もラインナップ!
ANAや中国国際航空、アシアナ航空、ルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空で登場。日本の空港でも普通に見れたジャンボ機も徐々に減ってきているけど、こちらでは主役格での扱いに泣けます…。

最近増えてきた欧州系エアバスで登場のSASスカンジナビア航空やUSエアウェイズはエアバスA330。エンジンもそれぞれ塗ってあって珍しく手間ひま掛かっている。個人的にはスイスインターナショナル航空は一番手間が掛かっているように思え、恐らくジャンボの翼パーツを使いつつもしっかり主力機A340に仕立ててあるのが涙ぐましい。南アフリカ航空もA340で登場なのも既に主力機がジャンボ機じゃないことを物語っていて、ジャンボ機好きの私には何とも時代の移り変わりの早さに驚いています。

無理して全部集めなくても、自分の乗った航空会社のみを集めてみたり、羽田乗り入れ機材のみ集めてミニ羽田を作っても面白いかも。

見ていたそこのアナタ! 集めたくなったでしょ? 是非8月16日の朝からコンビニでゲットしてみて下さい。

詳しくは下記のサントリーサイトへどうぞ!
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/zero/index.html
(掲載終了につき削除)

ではまだまだ残暑続きますが、夏バテしないように楽しい夏をお過ごし下さい。
以上、Mattariがお伝えしました。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

B787、ANAによるメディア向けイベント、USTライブ

うわぁー!
間に合わないかと思った(><
ANAによるUSTREAM中継です。

メディア向けイベントで、フォトグラファーであり、航空ジャーナリストである青木謙知さんによる解説です。
ナビゲーターは渋い声でおなじみのクリス・ペプラーさん。
では!


Live TV : Ustream
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ボーイング787初飛来、USTREAM中継!

おはようございます…(><
竜子です。

本日、いよいよB787が飛来します!
羽田に近くの方は、いいのですが…。
行けないよ! って方、今日、明日、ここで中継を流します。
※本日は終了しました

といっても、私が行ってるわけではありません。
ANAによるUSTREAM中継を、こちらで流させてもらうだけです。
重大な日ですが、こんな日に私は行かないことにしました!

本日のスケジュールは、下記の通り。

5:30〜 ボーイング787日本初飛来(羽田空港着陸)の模様を生中継
※着陸予定時刻は6:30です。

なお、明日もANAによるUSTREAM中継がありますが、こちらはB787のメディア向けイベントの様子をそのまま放送、というUSTREAMでしかみれない充実したもの。さらに、明日は解説者に航空評論家の青木謙知がゲストとして参加します! ナビゲーターは声の渋いクリス・ペプラーさん。
USTREAMにしては、番組然としたものになるのでしょうね! 楽しみにしています!
明日は13:50から。お見逃しなく!

では、お楽しみください。
ATC→Live ATC
ANAUSTREAM配信の元ページ→USTREAMで直接観る方はこちら

Live TV by Ustream

中継の途中ですが、本日のANAボーイング787、コーパイさんが女性と思われます。
空撮班もいて、後日空撮がどこかで観れるかもですね!
ただいま、ワクワクして、B787の初上陸を観ています!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ソラシドエア新型737-800!

こんにちは、ニュース特攻隊(?!)のMattariです。

スカイネットアジア航空から発表された新ブランド「ソラシド エア」、その新塗装を身にまとった新造機のボーイング737-800の写真をairliners.netで偶然見つけました。このリンクをご覧下さい。

airliners.net:ソラシド エア

私の記憶では、以前の主力機ボーイング737-400は中古機で揃えていた印象が強いけど、今回はやっと新造機! ソラシド・ピスタチオグリーンと呼ばれる緑色は若々しくて目にまぶしい!
お腹に描かれたソラシドのタイトルも今風な感じで羽田空港の有名撮影地・城南島あたりでは目立って撮れるのでは?

ちなみにソラシドエアのキャッチコピーは「空から笑顔の種をまく」=「SORA+SEED」。音階のソラシドとも相まって、軽快に駆け上っていくイメージを込めたものなのだとか。

この前発表したANA系LCCのピーチといい、このソラシドといい、高級ブランドを漂わせるスターフライヤーなど格安航空会社でもデザイン的に優れたものが増えてきたように感じる。あとは本質ともいえる航空運賃を下げる大きな起爆剤となって欲しいと私は思う。

以上、Mattariがお送りしました!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

マレーシア航空がワンワールドへ加入決定!

こんにちは、ニュース特攻隊(?!)のMattariです。

いやはや!偶然あるサイトを見ていたら、とんでもないニュースが飛び込んでまいりました!

とうとう決まりました!

えっ?何かって?
今や常識と化したアライアンス加盟をしていない大手航空会社は珍しいわけですが、最後のアジアの大物と言われるマレーシア航空が!
何と! JALも加盟しているワンワールドグループに入ることが今日付け6月6日に決まったのであります。

これはシンガポールで開催中の2011年度IATA年次総会の合間に、ワンワールドグループ加盟の各航空会社最高幹部による会議によって全会一致で決定されたとのこと。主だった正式な加盟日時などはまだ不明ではあるが、加盟調印等はすぐに行われる見通し。
下馬評!? ではエールフランスKLMグループのスカイチーム入りが有力だったのですがまさかワンワールド入りとは予想だにしなかったので私も驚きであります・・・。

ワンワールドグループにおいて東南アジア地区のシェアは既にANAをはじめタイ国際航空やシンガポール航空などが加盟するスターアライアンスがとても有利な状況にあった。しかし今回マレーシア航空のワンワールドグループ加入のニュースは、先輩のキャセイパシフィック航空と共に東南アジア地区シェア拡大へ向けた強力な戦力となった。
これは我々一般消費者にとって、よりマイレージが貯めやすくなったり、各提携も進んで、便利なものへ変貌していくのは間違いないようである。マレーシア航空ご自慢のクアラルンプールにあるゴールデンクラブラウンジはスカイトラックス社の賞を貰ったほどのハイレベルなもの。

ではまた何かあればお会いしましょう!
Mattariがお送りしました!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

おでかけ感覚で旅に出よう! ANA系LCC「ピーチ」がデビュー!!

日本初の格安航空会社としてANAと香港の企業で進めているA&F Aviationがブランド名とロゴ、塗装デザインを発表した。
ブランド名は『peach』。

格安航空会社ピーチのロゴ

アジアらしさ漂う桃は若さと長寿、繁栄を意味することからpeach(ピーチ)と命名され、塗装も桃から連想されるピンクとは 程遠いがANA系のブルーと打って変わってパープル系の塗装に決まった。
このデザインを手がけたのは建築家のニール・デナーリ(Neil M. Denari)氏。

格安航空会社ピーチの機体デザイン

機材は親会社のANAから調達するのか既に日韓線や国内線でおなじみのA320になるようである。ブランド名が決定したため会社名もA&F AviationからPeach Aviationへ 変更となった。

来年3月には先に関空発着の国内幹線でデビュー後その2ヶ月後には関空〜ソウル線へ就航を目指して事業認可している。

関空〜ソウル線は航空会社によって違うが、金浦空港と仁川空港から共に発着便が設定され、韓国LCCのチェジュ・エアをはじめ日韓の大手航空会社が火花を散らす激戦区!本家のANAも継続して就航するのかわからないが、だとすれば系列で乗客の取り合いになり何とも凄い事になりそうだ。

ピーチは、客室乗務員の制服を、カジュアルながらもプロの洗練された雰囲気を醸し出すファッションを打ち出した。コンセプトは「Casual Professional」。ロンドンを拠点に活躍するファッションデザイナー、ジェームス・ウィルキー(James Wilkie)氏。日本人にも大人気のあのアバクロ!(Abercrombie & Fitch)のデザイナーといった方が分かりやすいですかね。

格安航空会社ピーチの客室乗務員ユニフォーム

さぁどんな機内サービスを展開し、どこまで下げた運賃で勝負してくるか!
楽しみであります!
「Peach」の新設WEBサイト

以上、Mattariがお届けしました!
ではまた!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

余剰マイルで震災支援!! JAL/ANAマイルを寄付しよう

本日3月17日、15:00よりANAでは一口1,000マイル=1,000円相当に換算して、(東北地方太平洋沖地震による)東日本大震災の支援金に充てる寄付をはじめます。

既に、JALでは14日よりはじまっているマイル寄付ではありますが、JALが一口7.500マイルと単位が大きいのに比べ、ANAのほうは一口1,000マイルと、わりとマイル単位が少ないので参加しやすいのではないかと思っています。マイルを交換する際に余りが出そうなマイル、消えてしまいそうなマイルをお持ちの方は、はぜひともこちらへ宛てていただき、今回被災したみなさんの支援を行っていただきたいなぁ、と切に願う次第です。
どちらで行っていただいても、被災者に何らかのかたちで支援できると思いますので。

ちなみに、これらの寄付は全額が被災者にお金で配布されるものではありません。それぞれの団体の配分委員会のようなものが配分割合を振り分けて自治体に金銭支給したり、見舞金での支給といったことももちろんありますが、救援者の費用(たとえば交通費など)、救援物資の購入費、あるいは事務費も差し引かれます。また、支援団体によってその方法は異なりますが、たとえば、ジャパン・プラットホームの場合は、会計をWebで公開していますので、寄付先での使途が気になる方はご自身でご確認ください。

いずれにしてもジャパン・プラットホームも、社会福祉法人中央募金会も、社会的にも認知度の高い団体ですので、ある程度は安心して寄付して大丈夫だと思います。

ANA義援マイルで震災支援

●期間:2011年3月17日(15:00)〜4月15日(23:59)(終了)
●一口:1,000マイル=1,000円相当(1,000マイル以上、以降1,000マイル単位)
●国際人道支援組織「ジャパン・プラットホーム」を通じ、被災者の救済活動に使用します
●義援マイルの詳細:http://www.ana.co.jp/amc/news/info/gien_1103(終了)

なお、「東日本大震災 被災地域復興支援 ANA義援マイル」では、受付件数:5万2995件、総受付マイル数:3億1351万5000マイル(3億1351万5000円)が国際人道支援組織「ジャパン・プラットフォーム」ならびに社会福祉法人「中央共同募金会」を通じて、東日本大震災復興支援の義援金として寄付をされることになりました(2011年4月20日ANA発表)。

JALマイルで支援金

●期間:2011年3月14日〜4月15日まで(終了)
●一口:7,500マイル=7,500円相当(7,500マイル以上、以降7,500マイル単位)
「赤い羽共同募金」でおなじみの「社会福祉法人中央共同募金会」が実施する、被災者の方々への支援活動に使用します
●救難支援マイルの特設ページへ:http://www.jal.co.jp/shien/(終了)

JALの「東日本大震災救難支援マイル」では、受付会員数:1万2875名、総マイル数:1億2261万7500マイル(1億2261万7500円)が「社会福祉法人中央共同募金」へ寄付されることになりました(2011年4月20日JAL発表)。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

マイルを救援金に変えて寄付しよう!

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)によって災害に遭われた多くのみなさま、不安と共に生活をされているみなさまに、謹んでお見舞い申し上げます。
また、連日現場で救助作業にあたられているみなさま、夜を徹して今後の対策を練られているいるみなさまに心より感謝しております。まだ余震が続いているなかですが、二次被害に遭われることのないよう心より祈っております。

今日はみなさんにご案内を。

日本航空と全日空は、このたびの地震を受けて貯めたマイルを寄付できるようになりました。どちらも換算では1マイル=1円で寄付金に変えることが出来ますが、各社で一口の金額と寄付先が異なるので、下記にまとめます。

ANA義援マイルで震災支援

●期間:2011年3月17日(15:00)〜4月15日(23:59)(終了)
●一口:1,000マイル=1,000円相当(1,000マイル以上、以降1,000マイル単位)
●国際人道支援組織「ジャパン・プラットホーム」を通じ、被災者の救済活動に使用します
●義援マイルの詳細:http://www.ana.co.jp/amc/news/info/gien_1103(終了)

なお、「東日本大震災 被災地域復興支援 ANA義援マイル」では、受付件数:5万2995件、総受付マイル数:3億1351万5000マイル(3億1351万5000円)が国際人道支援組織「ジャパン・プラットフォーム」ならびに社会福祉法人「中央共同募金会」を通じて、東日本大震災復興支援の義援金として寄付をされることになりました(2011年4月20日ANA発表)。

JALマイルで支援金

●期間:2011年3月14日〜4月15日まで(終了)
●一口:7,500マイル=7,500円相当(7,500マイル以上、以降7,500マイル単位)
「赤い羽共同募金」でおなじみの「社会福祉法人中央共同募金会」が実施する、被災者の方々への支援活動に使用します
●救難支援マイルの特設ページへ:http://www.jal.co.jp/shien/(終了)

JALの「東日本大震災救難支援マイル」では、受付会員数:1万2875名、総マイル数:1億2261万7500マイル(1億2261万7500円)が「社会福祉法人中央共同募金」へ寄付されることになりました(2011年4月20日JAL発表)。

追ってマイル義援金へのバナーを貼り、これをもって当ブログが推奨する支援窓口に変えたいと思います。
(ブログで義援金を募ろうかとも思いましたが、不明瞭になりやすいのでこちらにしました)
義援金、寄付に関してはそれぞれ考え方があるものと思いますので、納得のうえどうぞ。
支援団体を通せば結局事務費がかかりますし大きな団体ほどその金額規模も大きくなりますが、それでも振り分けるプラットホームがあるのは良いことだと思います。マイルを余らせるよりは断然良い策だと考えていますし、交換できないマイルがある場合などはぜひぜひ使っていただきたいプログラムだと思います。

さて、今日は震災6日目。数日前から予測のついたこととはいえ、福島原発の炉心溶融の危機にともなう放射線漏れ…。不安が募るばかりですが、東京での不安は東北に比べたらたいしたことではないですね。
まわりでも多少混乱が多くなったような気がしています。私の住む地域ですら、すでに西へ移動する人が出てきました。いくら首都圏は大丈夫だ、といってもこういう対応も仕方のないことだと思っています。

チェーンメールも増えましたね。「ぜひ、親しい人に送ってあげてください」というメールを「チェーンメール」といっていますが、おとといまでは「私の知人の話です」という内容が昨日から「身内の話です」という内容に変わりました。わたしは昔っから、一切のチェーンメールを自分で止めています。が、Twitterはチェーンメール状態が止まない…。これはひどいですね。こういうのって、西の人からみたらちょっとおかしいんですかね?

保安院の職員さんですらも50Km先に退避という中、この冷却作業を行う作業員さんたちはいまも命がけでの作業を行っています。既に何度か水素爆発し、同じことが再び起こるかもしれない中、いくら防護服を着ているからといって、多量の被曝を受けることは必至ですから、その方たちの心情を慮ると多少の被曝で混乱なんてしてられないよね。けれどもそんなことを言いつつも、昨日は家族でとろろ昆布をかじっていたのでした…。

地震後、買い物ができませんがこれも大丈夫です。私の家はなぜか非常食なるものが常備されているので、食事には全く困っていませんし、当面は問題ないですけれども、ささいなもの(私の好物、カフェラッテに必要な牛乳!)を買いにいっても、ずっと品切れ。昨日はスーパーのほとんどのもの(電池やティッシュはもとより、惣菜、肉、魚、冷凍食品からせんべい、スナック菓子に至るまで)が品切れでした。まぁ、こんなときですので、スーパーを回ってもどうせ同じような状況でしょうから(しかも牛乳だし…)諦めました。結局この数日、明治の十勝カマンベールチーズをひとつ買っただけです(笑)。あ、あと、先日スタバには行きましたけど…(さりげなく開店中)。まぁ、輸送ルートが混乱しているだけで、いずれ買えると思います。

昨日、玄米をひきに車で遠出(といっても5〜6km程度)してきました。精米機なんてなかなかないので、精米しにいくのってけっこう大変なんですよ。そしたら故障中…。以前の記憶を辿りながら精米機を追ってきましたが、ようやくたどり着いた精米機にはなんと、思いのほか人が…。ふだん、精米機に人は誰ひとりいません(笑)。みんなそう思っているのでしょうけれども。きっと計画停電の時刻までに間に合わないだろうというくらい、ガソリンスタンドも長蛇の列。その一方で、犬の散歩をしていたり、ランニングしていたり。
混乱しているようで、やっぱりわりと平穏な日常なのでした。

これからの輪番停電でそれぞれが都内の経済活動を支えなくてはいけません。
経済を止めてしまっては、東北の復興も日本の復興も遠のいてしまう。「停電する予定が停電しなかった」とは、ありがたいことです。今回に限らず東京電力の対応があまりにお粗末すぎるので、記者の方もそれに敏感で、連日の過労で気分が滅入りそうなのも理解できるのですが、記者の方にも冷静になっていただきたいものですねっ。

地震に大津波に原子力発電所、と想定外のことが多すぎますが、こんなときだからこそ気をしっかりもって出来ることをはじめなくちゃと思っています。

ではでは。
救援マイルをよろしくお願いします〜。

エールフランスA380がまもなく日本就航!

エールフランスのA380の就航まであと1週間!
パリ〜成田線で月・木・土の週に3便(パリ発は日・水・金)の予定になります。
11:50の便で出発すると、到着は17:15、さらに10月5日からは毎日就航する予定です!

エールフランスA380のエコノミークラスは、VOYAGEUR(ボヤジャー)クラスといって、だいたい450席ほど。2階建てのうち、翼より前がLA PREMIEREというファーストクラスに割当てられ、翼より最後尾まで、それから2階席の翼より後ろの最後尾までがボヤジャーに割り当てられています。
ちなみに、ビジネスクラスはAAFFAIRESといって、2階の頭からおよそ2/3ほどが割り当てられていて、ラウンジがあります。

1階のエコノミーは、3-4-3の配列なのに対して2階のエコノミーは2-4-2。よく見ると後部シートの方はエコノミーとはいえかなりゆったりスペースになっているのではないでしょうか。

面白いのは、シートに備え付けられたモニター画面では、座席間でチャットが楽しめたり、さらにUSBが備え付けられているので、旅先のガイドやゲームをダウンロードすることができるんですね!
USBは機内でも販売しているということですが、最近は大容量USBメモリでも1000円程度から購入できるので、あらかじめ買って行っても面白いかもしれません(といっても、出力装置となるネットブックやノートパソコンは必須ですが…)。

いまは暑い暑い夏ですが、そのうち木枯らしが吹いて、ツーンと寒い冬になると、パリの素敵なシーズンになります。シャンゼリゼ通りのマロニエの並木はクリスマスのイルミネーションで包まれ、街角のショーウィンドウも華やかに。通りの両脇にはこの時期だけマルシェ・ド・ノエルという雑貨や惣菜、お菓子などを販売する洒落た露天が軒を連ねるようになります。移動式遊園地なんかも出現して、観覧車やメリーゴーランドや…。童話に出てくるような素敵な気配ですよね。
行ってみたいです、パリ。

いま、エールフランスのWEBから予約すると、もれなくキャンペーングッズがもらえるんですって!!
といっても、男性はあまり惹かれないかもしれません…。
バーバラ・リールのトラベルグッズだそうですが、バーバラ・リールってもう女の子が虜になるようなデザインが多いんですよね。日本だと、お洒落な雑貨が多くて私も好きなセレクトショップ「アッシュ・ペー・フランス」で販売していたりします。
こんな感じです。
▶アッシュ・ペー・フランスのページにあるバーバラ・リールのバッグ
http://www.hpfmall.com/fs/hpfmall/bag/gol_1410623(掲載終了につき削除しました)
あ、ちなみにこのバックがもらえるわけではありませんからねっ!!!

これかな…。
トラベルタグ
(これについては、詳細が分かったらまた更新しますね)

「バーバラ・リールのトラベルグッズ」としかみつからなかったので、どんな物かは知りません。
だって…もしバックだったら速攻で予約したいですよね! バッグだけでもけっこうしますからね。オイルチャージは別ですが、12月は7万円以下で往復できちゃいます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

エジプト航空の新機種が成田国際空港へ5月就航

日本路線のアフリカ系航空会社として、既に老舗といえるエジプト航空から待望の新機種就航のニュースが入ってきました。その新機種とは、もはやジャンボ機の後継機種として定着した感のあるボーイング777-300ER(AIRLINES.NET参照)。数年前により洗練された新塗装へ変更され、今年3月に受領したばかりの新造機だ。成田国際空港へ毎日1便就航を目標としているエジプト航空の気合が感じられ、日本線へ対する期待の大きさの表れともいえる。

日本線初就航予定日は3月17日現時点のエジプト航空発表で、5月2日のカイロ発成田国際空港行きのMS964便からとなり、日本発では5月3日の成田国際空港発カイロ行きのMS963便。就航日は成田発が月・水・土の13:10でカイロ着は20:40。カイロ発が日・火・金の18:00で成田着は翌日の11:40。3月末から5月1日までは繁忙期に差し掛かるため、機材が従来のエアバスA340-200からボーイング777-200ERへ変更される予定。ただしこのボーイング777-200ERの座席は新座席装備の機材ではないのでご了承下さい。

成田〜カイロ間は従来のエアバスA340-200なら約14時間45分というエジプト航空でも屈指の超長距離路線であったが、このボーイング777-300ERなら約13時間30分と1時間15分も飛行時間が短縮されている点も大きい。かつての日本線には歴代ボーイング707、767-200ER、747-300コンビなどが就航しマニラ・バンコク経由で約20時間近く掛かっていたことを思うと何とも現在の航空機性能は格段に進歩していると実感させられるものだ。

座席数は全席に個人モニター完備され、ビジネスクラス49席、エコノミークラス297席と従来就航していたエアバスA340-200と比べて約3割も提供座席数が増えている。何と言っても一番の注目すべき点はフルフラット化されたビジネスクラスだろう。既にJALや大韓航空などの大手航空会社で採用実績のあるB/Eエアロスペース社の同系列座席が採用されている。詳しい座席の写真や機内サービスの情報はエジプト航空日本サイトにてご確認下さい。

なおエジプト航空は宗教上の理由によりアルコール類のサービスは一切ない。しかしアルコール類への機内持ち込みは問題ないため、液体持込チェック後の空港内売店などで好みのお酒を買って呑むのも乙なものだ。もちろん氷や水などは機内乗務員から貰えるが、地上よりも酔いやすいので呑みすぎには気をつけましょう。

ここまで来るとダイキャストも既に販売されているのじゃないか?と思われる方も多いと思いますが、今のところ販売されたのは1/400のフェニックスと1/500のホーガンぐらいしかなくそれぞれ、第一号機のシップナンバーであるSU-GDLは一切入っていない状態でリリースされています。というのもリリースされたのも想像図が発表された時期だったので無理もないですが、本物の写真と見比べてもわりと間違いもない状態で出来ているので驚いたものです。上記の2つのモデルは販売店に残っている可能性は少ないですが、朗報として去年3月末に発売を見合わせていた1/400のドラゴンモデルでも、やっと今年4月にエジプト航空ボーイング777-300ERの発売予定が入ったようです。欲しい方は専門店へ問い合わせてみると良いと思います。手に入りやすいという意味ではこのドラゴンモデルが一番ではないかと思われます。

以上Mattariがお伝えしました。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

タイ国際航空にもレトロジェット登場!

話題の復刻塗装に、ニュースが入りましたので、編集後記の予定を繰り下げて、Mattariさんからの記事をお届けします!  編集後記とJAL応援フェア(延期です)の告知は明日日曜日にお届けいたしますね。
では、どーぞ!

最近はモヒカンなど特別塗装機の話題ばかりですが、今年5月で創立50周年を迎えるタイ国際航空でも久々に特別塗装機が登場したようです。その写真はSkylinerのサイトをご覧下さい。シップナンバーはHS-TGPでボーイング747-400です。多分オールドファンならご存知だと思いますが、この塗装は元々SASスカンジナビア航空の旧塗装がベースとなっています。というのもタイ国際航空設立の際にSASスカンジナビア航空が運航機材を提供し会社運営のノウハウを指導したためです。そのため塗装もタイのロゴが入ったのを除けばSASとあまり変わらないものになったわけですが1975年に一番印象深い紫の塗装へ変わるまで長らく、この塗装(AIRLINERS.NET参照)を身にまとったDC-8やフランス製のカラベルといったジェット機が羽田や伊丹へ就航していたわけです。

さて、このジャンボ機の就航路線は世界中になるため、なかなか日本では見れないとは思いますが、このHS-TGPは塗装変更前の1月下旬に成田へ飛来した記録も残っています。そのため見れる可能性があるとすれば、今のところは成田のTG640/641/676/677便がジャンボ就航便になるので、暫くはタイ国際航空のジャンボも見逃せないですね。

以上、Mattariでした!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

ドラえもんジェットのスケジュール発表!

今日はなんと、まったりさんから記事を頂きました。
簡単ですが、紹介しますね!

JALの特別塗装機「JALドラえもんジェット」の評判は老若男女問わず人気上々のようですが、皆様が日ごろから知りたい飛行スケジュールをJALのサイトで調べることが出来るようになりました。詳しくはJALドラえもんジェット専用サイトをご覧下さい。サイトの下に「最新のスケジュールはここでチェック!」の表示があるのでクリックして下さい。なお、飛行スケジュールは前日の18時に更新されますが、機材変更等で飛行スケジュールが変更される場合もありますので、あくまで参考程度にするのが良いかも知れません。

以上、Mattariでした!

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

フィンランド航空MD-11のラストフライト!

本日は予定を変更して、フィンランド航空のMD-11の引退について紹介したいと思います。
Mattariさんから頂きました。さっそくですが、では、どうぞ。

フィンランド航空のプレスリリース発表によると、フィンランド航空の長距離路線主力機であるMD-11がとうとう2月22日付けのAY022便、デリー〜ヘルシンキ間でラストフライトを迎えました。
使用された機材のシップナンバーはOH-LGGという7機目のMD-11。
以前、予約サイトから調べていた時はバンコク〜ヘルシンキ間で12月末という説が強かったんですが、あっけなくデリー線へ復活して航空ファンを驚かせました。
しかし残念ながら、燃料高騰の波には勝てず後進のエアバスA330やA340へバトンタッチされます。

3発エンジンワイドボディ機の最終型ともいえるMD-11という機体は、フィンランド航空の規模にはちょうど良かったらしく前作のDC-10-30の運航実績もあったことから、他社がB777などへ切り替えてもかたくなに飛ばし続けた感があります。

フィンランド航空は世界で一番初めにMD-11を就航させた航空会社です。
そして1990年のヘルシンキ〜ラス・パルマス線への就航を皮切りに、日本線のほか経済成長が著しい中国線やインド線などを切り開いていきました。いわばフィンランド航空のMD-11は路線開拓者だったのです。全部で7機が導入され、合計で約40万飛行時間と5万回以上の離着陸をこなし、約1400万人もの世界のお客様に安全なフライトを提供して来ました。
私もその約1400万人のひとりとしてシンガポール〜バンコク間を飛んだことがありますが、離陸時のハイパワーなエンジンの加速は身体が座席へ引き込まれるように力強くて何ともトライジェットの名に恥じないフライトを楽しませてくれたものです。

同時に長年フィンランド航空の発展を支えたDC-8、DC-9・MD-80シリーズ、DC-10、MD-11といったマクダネル・ダグラス社の航空機運航も終止符を打つことを意味します。
そして同時に、フィンランド航空の機材もここ10年で大半がエアバスやエンブラエル、ボーイングなどの旅客機に主力が移っており、平均機体年齢も約6年と更に若くなるそうです。

これで旅客型MD-11を就航させている航空会社はKLMオランダ航空のみとなりました。現在は主に大西洋路線のカナダ線やカリブ海、中米と言った路線へ就航しています。しかし既に代替機ともいえる、B777-200ER/300ERも就航しているので乗りに行くなら、早いほうが良いかも知れません。

Mattari

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ